住信SBIネット銀行「dayta」とは?メリットやデメリットをご紹介!

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

住信SBIネット銀行の「dayta」とはどういうもの?

決算書不要のオンラインレンディングということですが、いまいち分からないかたも多いかとおもいます。

今回は住信SBI銀行の「dayta」のご紹介と、メリットやデメリットなどを調べてご紹介していきます。

住信SBIネット銀行の口座登録はコチラから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


daytaとは?

口座の利用履歴(データ)に基づいて借入条件を毎月知らせてくれる、レコメンド方のトランザクションレンディングになります。

決算書不要で、借入をしたいその日に借りる事が出来るという事ですね。

わかりやすくいうと法人向けの銀行ローンなんですが、「dayta」は他のローンとはテイストが違います。

その辺をご説明しましょう。

銀行初のレコメンド型トランザクションレンディングを採用

このレコメンド型トランザクションレンディングという仕組みが審査にも融資スピードにも、担保や保証人の有無にも関係してきます。

従来の融資審査では利用していなかった日々の取引データ(トランザクションデータ)をリアルタイムに利用して、スピード感のある審査を行う新しい形の事業性融資サービスなんです。

通常の銀行融資では『決算書」などの資料を中心に審査をするため、当然アーリーステージにあるような創業間もない起業は決算書自体が提出出来ません。

従って本当にお客様の必要なタイミングで資金を融資できるかというジレンマがあるのが現状です。

そのようなジレンマを人工知能などの最先端のテクノロジーで解決したのが、トランザクションレンディングになります。

この融資方法が出てきた1つの背景として、バブルの崩壊やリーマンショックなどがあります。

バブル崩壊後、いわゆる「マル保融資」に代表される保証協会の保証付きの融資が多くなりました。

マル保融資では万一借り手が債務不履行になった場合でも、保証会社から回収できる仕組みであるため、円滑な資金供給に寄与してきた面がある一方で、取り扱い銀行の「目利き力:を磨く場も少なくなった側面がありました。。

そういった銀行員の融資や審査の経験機械の現象や、ノンバンクの減少もあり、特に創業間もない起業の資金調達が困難な状況が続いています。

本来銀行が取り組むべき資金供給の役割を担いつつ、ただ従来通りの方法で融資をしてしまうと高い金利になるので、その部分を人工知能などの最先端のテクノロジーを活用して、新しい審査手法が誕生しました。

トラザクションというのは、一つの取引の記録を表しますが、一例を挙げると「預金口座の動き」などです。

そのお金の動き自体が会社の状態を表すため、決算書がなくても融資を可能としたのが住信SBIネット銀行のdaytaです!

住信SBI値と銀行の法人口座を保有している法人に対して、「毎月借り入れ条件をお知らせ」して「面談不要・書類不要」「最短即日の借入」が出来るサービス。

口座を保有している法人に対して「今なら、金利〇%で最大〇〇万円まで借りられますよ」と毎月知らせが行くシステムになっています。

すでに法人口座を一定期間利用している法人が対象なので、必要書類などが不要で、オンラインで申し込み、即日買い入れが可能というのが大きな特徴ですね。

daytaの商品概要

daytaの商品概要について一覧でご紹介します。

金融機関名 住信SBIネット銀行株式会社
本所所在地(都道府県) 東京都
タイプ 銀行ビジネスローン
下限金利 1.99%
上限金利 7.99%
最大限度額 3000万円
金利タイプ 固定金利
事務手数料 0円
毎月の最低返済額
個人事業主の利用
法人経営者の利用 住信SBIネット銀行の口座を保有し、一定期間利用している法人
融資スピード 最短即日
最長返済期間 12ヶ月

daytaを利用する前に口座開設と一定期間の利用実績が必要なのは注意が必要ですね。

住信SBIネット銀行の口座登録はコチラから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


daytaのメリットは?

次にdaytaのメリットについてご説明していきましょう。

  • 銀行ビジネスローンの信頼性
  • ネットキャッシング型ビジネスローン
  • 毎月借り入れ条件をお知らせ
  • 上限金利が低金利
  • 最高3000間年までの借入が可能
  • 最短即日融資が可能
  • 面談・書類不要

決算書が要らず、しかも面談もないというのは非常に便利ですよね。

またネット銀行なので、振込手数料が格段に安いこともメリットの一つです。

そして即日融資が可能というのがありがたいことでしょう。

また「毎月借り入れ条件をお知らせ」というのは自動的に毎月仮審査されているということを意味しています。

毎月そのタイミングで「借りられる金額」と「適用金利」を提示して貰えるのは非常にわかりやすいですよね。

金利も安いですし、利便性が高く、低金利のビジネスローンと考えて良いでしょう。

daytaのデメリットは?

daytaのデメリットもご紹介します。

  • 一定期間利用している人が対象なので、すぐには利用できない
  • 最長1年間(12回)の借入までしかできない
  • 設備資金には利用出来ない

あくまでも利用対象は「一定期間住信SBIネット銀行の口座を利用している法人が対象」です。

「一定期間の条件」「どういう利用の仕方をしている法人が対象なのか?」

というのは、開示されておりません。

いつ条件をクリアするのかがわからないのが大きいデメリットですね。

利用したいと思って、住信SBIネット銀行の口座を開設しても、利用条件を満たさないのであれば、何年経っても、daytaの条件提示の知らせはこないで、利用することが出来ないという事になります。

タイミングを予測できないので、今資金が必要な人の資金調達方法とはならないのはデメリットです。

まとめ

住信SBIネット銀行のdaytaについてご紹介しました。

決算書類不要・面談も不要でネットで融資を受けられるというサービスはとても手軽でメリットがあります。

しかし反面、住信SBIネット銀行口座を利用している法人が対象になりますので、すぐに融資が受け取れる訳では無いのはデメリットです。

また利用条件もわからないため、タイミングが掴めないのは厳しいですね。

それでも、ネットで毎月借入が出来るのか分かるのは便利ですし、まずは登録してみることをオススメします。

住信SBIネット銀行の口座登録はコチラから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓