低金利のサービスがおすすめ!~事業資金借入について

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

新規事業の立ち上げや設備投資など、運営していく上で資金が必要になった場合、貸付を提供している機関から借入を行うという方がいます。

このように融資を受ける際に、気になることの一つに「金利」が挙げられます。

お金を借るのであれば、できるだけ低金利で利用できる機関を選びたいと誰もが思うでしょう。

そこで今回は、低金利で事業資金を借り入れるのにオススメの機関をご紹介します。
借入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

事業主が資金を調達する方法

事業主 資金調達

ほとんどの場合、事業に関する資金はまとまった金額が必要になるでしょう。

調達方法として代表的なのは、日本政策金融公庫・信用金庫などからの融資や、補助金・助成金制度の活用、友人・投資家から借りるなどです。

また、事業主を対象に融資を行っている事業者ローン会社があります。

金利の相場は、大手で1.0~14.0%、地方銀行・信用金庫で3.0~15.0%、ノンバンクで5.0~18.0%となっています。

では、事業に関する資金を調達する際、どのような会社を選べば、最も費用を抑えられるのでしょうか?

そもそもなぜ資金調達が必要?

資金調達 なぜ必要

事業主は一体なぜ資金調達をするのでしょうか?

事業を運営にするにあたり、収益だけではなく、ある程度の出費があることも考えておかなければいけません。

従業員への給与や建物を運営する費用など様々ですが、代表的な例として挙げられるのは、開業するにあたっての初期費用です。

実際に運営をする土地・建物・設備に関する費用や、人材を育てる費用など、まとまった資金が必要になります。

事業を始めるということは、何かとお金がかかってしまうのですが、ここで資金が必要になる具体的なケースについてみていきましょう。

新規事業の立ち上げ

新規事業 立ち上げ

事業内容によって必要になる金額は異なりますが、全く何もないところから新しく始める場合、ある程度まとまった額のお金が必要になります。

日本政策金融公庫が発表した「2020年度新規開業実態調査」によると、開業費用の平均値は989万円でした。

また、新規事業の場合、開業後すぐに十分な収益を得られるわけではありません。

最初のうちは収益だけでは生活することが困難なので、そのことも踏まえて、どのくらいの資金を調達すればいいか考えましょう。

企業の成長スピードを上げる

企業 成長スピード

自己資金だけで事業を拡大していくという手段もありますが、全ての事業主がそのお金だけで経営資金を賄えるというわけではありません。

また、企業が成長するチャンスが訪れた際に十分な資金がないと、競合に大きな差をつけられてしまう恐れがあります。

このような事態を回避し、確実に企業を成長させていくためには、開業時だけではなく、適切なタイミングを見計らって投資を行うことが非常に重要です。

上記でご紹介したように資金調達を循環させることによって、新たなビジネスチャンスを掴むことができたり、成功したりします。

投資をする際に注意すべきなのは、その額に見合う成果を出せるかどうか考えることでしょう。

より多くの機関を比較する

比較する

デメリットが少なくなるように、様々な機関を比較した上で検討してみてください。

事業融資は、企業が成長すると共に需要が増えるため、小規模で事業を行っている企業に対しても、積極的に推進しています。

信用金庫、銀行、公庫、ローン会社など、より多くの候補を対象にして比較してみましょう。

アイフルビジネスファイナンス

アイフルビジネスファイナンス

アイフルビジネスファイナンスは、法人・個人事業者向けのビジネスローンを提供しています。

数あるローン会社のうち、知名度の高いアイフルビジネスファイナンスの利用を検討している方もいるでしょう。

来店不要、無担保・無保証で借入を行えるため、スムーズに手続きができるといったことが、事業者にとって大きなメリットなのではないでしょうか?

そのため、まとまった資金がすぐにでも必要な方にオススメです。

アイフルビジネスファイナンスは、実質年率が3.1%~と、数あるノンバンク系の中でも上位を争うような低金利が最大の魅力です。

また、最高融資額は1000万円となっており、融資額の幅が広いため、それぞれの用途に合わせて活用できます。

ただし、初回に限っては融資を受けられる上限額が500万円までとなっています。

このような利便性の高さも、事業主は魅力的に感じるのではないでしょうか?

融資 現在で判断

過去に赤字決算があったとしても、今現在の状況を加味して判断するため、柔軟な審査が期待できます。

審査を通過するためのポイントは、開業してから1年以上経過していること、経営が安定していること、他社ローンの利用が少ないことです。

具体的な審査基準は公開されていませんが、ご紹介した3つの条件を満たしていれば、審査に通過しやすくなるでしょう。

NEO BANK 住信SBIネット銀行

web手続き NEO BANK 住信SBIネット銀行

業界でも最安レベルの低金利であることが最大の魅力です。

金利はもちろん、手数料や保険の充実度も業界トップクラスを誇っていることから、多くの事業主から注目を集めています。

NEO BAN 住信SBIネット銀行は、全ての手続きをネット上で行えるため、気軽に利用できるというメリットがあります。

dayta NEO BANK 住信SBIネット銀行

更には、2018年に開始されたサービス「dayta」によって、様々な課題が解決されました。

以前は、借入条件がいつ出るか分からないことや、書類準備や面談が必要なこと、急な借入が行えない、といった問題がありました。

しかし、「dayta」が開始されてからは、全ての問題が解決し、よりスムーズな手続きができるようになったのです。

余計な手間が省けることは、利用者にとって非常に大きなメリットではないでしょうか?

審査基準となる3つのポイント

ポイント 紹介

事業に関する資金を利用できるかどうかの審査で、通過の基準になっている3つのポイントをご紹介します。

自己資金

自己資金

事業の運営には大きな出費が伴うため、融資が必要となります。

借入ではなく、自分で調達したお金のことを自己資金といい、この用意した資金の割合を示す自己資金割合を、満たしているかどうかが審査結果に大きく反映します。

この審査基準は、融資を受けられるかどうかにあたって非常に重要なポイントになるので、ある程度の資金を用意しておきましょう。

返済が可能か

返済可能か

事業資金に限らず、計画的にお金を返していけるかどうかが、審査の際に必ずチェックされます。

ビジネスはどれだけやる気や情熱があっても、実際に収益を出せなければ意味がありませんし、融資を受けることもできません。

用途を明確にする

用途 明確にする

融資を受ける際には、借りたお金を何に使うのか、ということを明確にしておかなければいけません。

また、申請をした内容通りに資金を使っていないと、融資を止められたり、今後利用できなかったりする場合があります。

そのため、使い道を明確にし、事業に見合った額の融資を受けるようにしましょう。

事業資金を調達するには様々な方法がありますが、まとまったお金を借りるのであればアイフルビジネスファイナンスやNEO BANK住信SBI銀行といった、低金利で利用できるサービスを選ぶことをオススメします。

今後どのような場面でお金が必要になるか考え、計画的に運営していくと、ビジネスは成功へと導かれていくでしょう。

新規事業の立ち上げや、事業拡大・企業成長のための投資を検討している方は、ぜひ参考にして考えてみてください。

また、継続的な返済が行えるように、現在の経営状況を加味して、無理のない範囲で利用しましょう。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする