神奈川県横浜市はプロミスやアコムなど大手キャッシングの設置多数あり

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

1.横浜市ってこんなところ

それではまず手始めに神奈川県横浜市の概要を説明していきます。

神奈川県横浜市は神川県東部に位置する神奈川県の県庁所在地です。

人口374万人ほどで日本で2番目に人口を抱える都市です。

また、横浜市は政令指定都市として登録をされており、全部で18区に整備されています。

さらに神奈川県の市町村の中では最も面積が大きい土地でもあります。

土地柄横浜港を擁する湾岸都市である事もあり、外国からたくさんの資本が流入してきます。

その代表例が有名な横浜中華街です。

京浜工業地帯の中核都市としても名を馳せている日本を代表する都市です。

逆に近隣に東京がある事で巨大なベッドタウンとしての役割もあるという事は意外と多くの人が気づいていません。

市内にはたくさんの川も流れ、自然と工業と入り混じった不思議な光景がいたるところで確認出来ます。

産業面では観光入込客数が約4,253万人(2008年データ)となっており、またほぼ9割の方が日帰りでいらっしゃっている現状があります。

同じく巨大な観光地として知られる川崎市と合算した場合には神奈川県全体の30%ほどを横浜市・川崎市で対応している事になります。

もちろんこれは県下最大の%です。それもそのはずで横浜市に関して言えば一度訪れたとしても次に来るときに向けていくらでもやる事があるため、飽きる事がありません。

むしろ、横浜中華街や横浜みなとみらい21、八景島シーパラダイス、横浜赤レンガ倉庫、横浜ベイサイドなどこの地でこそ楽しめるものが多いため、常にお客さんが途切れる事はありません。

このあたりに横浜市の都市としての強さがうかがえます。その他にもプロ野球の横浜DeNAベイスターズ、サッカーJリーグの横浜F・マリノスなどスポーツも盛んです。

そんな横浜市の市民所得は一人当たりの数値が国民所得を100とした時に110になるという儲かっている市である事も分かります。

日産自動車や横浜銀行、相模鉄道などの日本代表する会社の本社機能が数多くあるのもこの土地の特徴です。

こういった流れがまた働きに来る人たちを受け入れていく事に繋がり、無限にループが繰り返されているのかもしれません。

2.人口構成から見る横浜市のキャッシング事情

それでは本題である横浜市のキャッシング事情についてみていきましょう。

先ずは人口構成についてですが、人口は少子高齢化のこの時代に信じられない伸び率を見せており、1968年には200万人を超え、1978年には大阪市を抜くという偉業を成し遂げています。

ちなみにここで紹介している人口数は全国都道府県別で人口を計測した時に第10位にあたる静岡よりも多い人口です。

先ほども申し上げたように京浜工業地帯の中核都市になったり、戦後の東京一極集中によるベッドタウンとしての横浜市への流入が増えていき、今もなお成長を続けています。

横浜に住んでおきながら東京へと出社する人の事を「横浜都民」などと名付けるくらいにそういった方が多いです。

昼夜間人口比率は91.7%という事ですが母数が大きいので相当な数の方がここから東京や近隣の都市へと通勤をしている事になります。

3.横浜市で借り入れ可能な金融機関

では、横浜市で実際に借り入れをしようとすると一体どこの金融機関からお金を借りる事になるのでしょうか。

横浜市に存在する消費者金融は、

プロミス55店舗、アコム23店舗、アイフル12店舗、レイク11店舗、モビット7店舗

という状況です。

▼プロミスのお申込みコチラ▼
プロミス

>>プロミス借入はコチラ<<

つまり、約370万人に対して108店舗という事で3.4万人に1店舗という事になります。

これはキャッシング店舗の1人あたり店舗数としてはそこまで多い数ではありません。

ちなみに区ごとの店舗数は下記のようになります。

南区(1店舗)、戸塚区(10店舗)、旭区(8店舗)、栄区(1店舗)、泉区(3店舗)、港北区(14店舗)、港南区(14店舗)、瀬谷区(1店舗)、磯子区(4店舗)、神奈川区(2店舗)、緑区(6店舗)、西区(14店舗)、都筑区(8店舗)、金沢区(5店舗)、青葉区(10店舗)、鶴見区(7店舗)

店舗が密集している地域もあれば明らかに他に比べると店舗数が少ない地域もあります。

平均にしてならしてみると先ほどの結果になります。

ここから読み取れる事としては横浜市自体はそこまでキャッシングの利用が頻繁という地域ではないという事です。

理由として考えられるのは横浜市の一人当たりの市民所得が高いという事です。

当然ですが、所得が高く十分なお金があるのであればそもそもキャッシングに頼る必要もありません。

先ほど国民所得を100とした場合に横浜市の市民所得は110になると紹介をしましたが、これはどの自治体を見てもトップクラスです。

お金を持っている人がたくさん集まっている地域であることを示している事にもなります。

ただし、人数が多いのでやはり中にはキャッシングを利用している人もいるという事でしょう。

4.横浜市のキャッシング事情をまとめると

以上の事をまとめると神奈川県の県庁所在地として、現在日本の市町村の中で最も人口を抱える巨大都市横浜市では約370万人という大所帯が生活をしており、彼らの中には戦後の東京一極集中の流れを受けて都心にやってきた家系の方もいれば、都心に働きに来ているけど済むところとして様々なインフラが整っている横浜市に住もうとベッドタウンとしての使い方をしている人もいました。

そんな横浜市は現在もまだ人口が順調に伸びており、今後もしばらくは人口が伸びる傾向にありそうです。

また、市民所得という市民一人当たりの所得も高い事から人数も多いが、その中にいるお金持ちの割合も多い地域である事が分かります。

キャッシング事情とはと言うと、プロミス55店舗、アコム23店舗、アイフル12店舗、レイク11店舗、モビット7店舗、合計108店舗が市域に店舗を構えており、約3.4万人に1店舗の割合で店舗が存在する事が分かりました。

これはキャッシング利用状況としてはあまり割合が高いほうではないですが、背景としては市民所得が高くそもそもキャッシングを利用する必要がないという方が一定数を占めているのではないかという仮説が立ちます。

いずれにしても、今後まだ人口が伸びる事が予想されている横浜市ですから、もしかしたらキャッシングの店舗もまだ拡大の余地があるのかもしれません。

>>アコムのお申込み・詳細コチラ<<

神奈川県横浜市キャッシングMAP


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする