プロミスを利用する際の利息や無利息サービス、延滞した場合の問題

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

プロミスを利用した場合の利息計算方法と利用例

カードローンを利用する場合には利用時の利息がとても気になるでしょう。

どのカードローンを利用しても必ず設定金利に対する利息と言うものが発生することになり、借りた元本に対して金利をかけたものが利息として支払いにプラスされることになります。

プロミスの場合金利の設定は4.5~17.8%という設定となっており、4.5%が下限金利、17.8%が上限金利という金利となります。
初めてプロミスを利用する場合には50万円が限度額となるケースがほとんどで、その場合には上限金利の17.8%が適用されることになります。

これは50万円以下の利用に関しては上限金利が適用されるシステムとなっているためで、50万円を超えた金額を利用する場合には徐々に金利が下限金利に近づいていき低くなるようになっています。

その場合にはプロミスの利用を継続し増額申請を行うことで初めて利用額と金利に変化が起きることになるため、通常は上限金利が適用されると考えておくと良いでしょう。
その場合の利息の計算方法は、利息=ご利用金額×借入利率÷365日×ご利用日数という計算方法で導き出すことが出来ます。

プロミスの場合他のカードローンと同様に日割り計算での利息加算方式を採用しており、利用した金額に対して日を追うごとに利息が増えていく形となります。
そのため早く返済をすれば利息の支払いが少なくて済みますし、完済までの期間が長ければ長いほど利息の支払いも増えていくことになるわけです。

この計算方法を用いて実際に10万円を30日借りた場合、利用金額10万円×利率17.8%÷365日×利用日数30日という計算式になり、利息は1,463円という答えが導き出せます。
もし10万円借りて15日で返済した場合は731円の利息になりますので、返済までの期間が短いほど無駄を省けることが分かります。

しかし10万円を借りて15日や30日で返済するのはなかなか難しいですので、多くの場合は毎月少しずつ返済する形で完済を目指すことになるでしょう。

その場合には毎月の返済額によって利息の計算も変りますし、どれくらいの期間で完済をするのかによっても利息の増え方が異なります。それを分かりやすくするために利息早見表を用意していますのでそれを見ることで返済期間に応じた利息の支払いが一目で分かります。

プロミス利息早見表(利息17.8%で計算)

借入金額10万円の場合

返済期間(回数) 各回返済額 返済総額
1年以内(11回) 10,000円 109,043円
2年以内(24回) 5,000円 119,490円
3年以内(32回) 4,000円 125,864円

借入金額20万円の場合

返済期間(回数) 各回返済額 返済総額
1年以内(11回) 19,000円 219,093円
2年以内(24回) 10,000円 238,999円
3年以内(32回) 8,000円 251,743円

借入金額30万円の場合

返済期間(回数) 各回返済額 返済総額
1年以内(11回) 28,000円 329,160円
2年以内(24回) 15,000円 358,508円
3年以内(32回) 11,000円 387,289円

借入金額40万円の場合

返済期間(回数) 各回返済額 返済総額
1年以内(11回) 37,000円 439,224円
2年以内(24回) 20,000円 478,013円
3年以内(32回) 15,000円 512,860円
4年以内(47回) 12,000円 555,875円
5年以内(53回) 11,000円 579,111円|

借入金額50万円の場合

返済期間(回数) 各回返済額 返済総額
1年以内(11回) 46,000円 549,288円|
2年以内(24回) 25,000円 597,524円
3年以内(32回) 19,000円 638,578円
4年以内(47回) 15,000円 694,862円
5年以内(53回) 13,000円 746,160円

この早見表を見てみると同じ10万円を借りた場合でも返済期間が1年(12回)と3年(32回)で比較してみると総支払額が1年の場合は109,043円なのに対し、3年の場合は125,864円と大幅に増えていることが分かります。
その差は16,921円にもなりますので、1年で返済するのか3年で返済するのかで利息が大きく増えていることが分かります。元本は同じ10万円ですのでそれを考えた場合には短期間での返済のほうが総支払額に対する負担が少なくなると言うことが分かります

しかし短期間で返済をする場合は毎月の支払額も増えることになり、それが負担に感じる場合も有るでしょう。
そのため自分の収入に合わせて上手に返済金額を考えて無理のない返済をすることも必要となるでしょう。無理に返済を急ぐと普段の生活に支障が出ることもありますので、借り入れと返済のバランスを考えることがカードローンを上手に利用するポイントとなります。

プロミスの無利息サービスについて

一般的なカードローンの場合利用するとすぐに利息が発生することになりますが、プロミスの場合は無利息サービスというとても便利なサービスを導入しています。
この無利息サービスというのはプロミスを初めて利用する場合に30日間利息が発生しなくなるというサービスであり、無利息サービス期間内はお金を借りても1円の利息も発生しません
この無利息サービスを利用する為には初めての利用であると言う事と、利用時にメールアドレスの登録とweb明細の利用に同意することが条件となっています。

この3つが揃った場合に無利息サービスを利用出来る条件が整うことになります。無利息サービスの開始はプロミスと契約し初めて利用を開始した日から30日間となります。
この点は他の消費者金融の無利息サービスと異なっており、アコムやアイフルなどは契約した翌日から自動的に無利息サービスが始まるのに対し、プロミスは初回利用の時点がスタートとなるためとても便利です。

そのためあらかじめ契約しておいて数日後に利用を開始した場合でもそこから30日間の無利息サービスが利用できるため無利息サービス期間を有効利用することが出来ます。無利息サービス期間内であれば追加融資した金額も無利息の対象となり、期間内に完済すれば一切の利息を支払わなくて済みます。もし無利息サービス期間内に完済できない場合は、残りの借り入れ分に対し通常金利が適用されることになります。

それとこの無利息サービスはプロミスのポイントを貯めることでも利用可能となっており、その場合は初めての利用でなくてもポイントに応じて無利息期間を利用できます。
250ポイントの場合7日間、400ポイントの場合15日間、700ポイントの場合30日間の無利息期間が利用できるので、すでにプロミスを利用している場合にはプロミスのインターネットサービスなどを利用してポイントを貯めていけば無利息サービスを何度も利用できます

プロミスの延滞利息について

プロミスを利用する場合毎月必ず返済をするという契約での利用となります。
そのためあらかじめ決められている日までに金額に応じた最低返済金額を支払うか、借入金額を完済する必要があるわけです。
通常は最低返済金額を支払えば返済したと見なされるため特に問題は起きませんが、返済を忘れていたり支払い日までに返済できなかった場合には延滞したと見なされ延滞した日数に対し延滞利息が発生することになります。

プロミスの場合延滞に対する遅延利率は20.0%(実質年率)となっており、通常の金利よりも高い利率となります。
その場合の計算方式は延滞利息=借入残高×延滞利率(年利)÷365日×延滞日数で計算でき、もし10万円借りて10日間の延滞をした場合、10万円×20%÷365×10日=548円が延滞利息として発生することになります。

借入残高が多ければそれだけ延滞利息も増えますし、延滞した日数が延びれば延びるほど利息も日々増えていくことになります。
そのため延滞をしないように毎月の返済をきちんと行う必要がありますし、延滞と言う行為は信用情報にも影響してプロミスを利用できないブラック認定となる可能性も高まります。そうならないためにも延滞すると言う事の重大さを理解し、延滞利息のことも考えて返済を行う必要があるでしょう。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする