小金井市は面積が小さく人口も減少傾向!そんな街のキャッシングはどうなっている?

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

小金井市は東京都多摩地域にあり、東京都全体から見ると中央にあたります。

隣接自治体は調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、国分寺市、小平市、西東京市と名だたる地域に囲まれています。

面積は11.30㎢とかなり狭いのですが、これだけの地域に囲まれているので買い物などには困りそうもありません。

小金井市の主要キャッシングの数は?

業 者 名 場 所
1、プロミスATM自動契約コーナー 1、小金井南出張ローン契約コーナー
2、三井住友銀行小金井ローン契約コーナー
2、SMBCモビット自動契約コーナー **********
3、アイフル店舗ATM 1、東八道路小金井前原町店
4、アコムATMむじんくんコーナー 1、東八道路小金井むじんくんコーナー
5、レイクATM自動契約コーナー 1、東八道路小金井自動契約コーナー
6、バンクイックテレビ窓口ATM 1、小金井支店
7、武富士無人契約コーナー **********

小金井市のキャッシングは業者全てを合わせても6件と1つの市と言う観点では決して多い方であるとは言えません。

ですが、際立って保有面積が狭いと言う事もあり、周囲に構えている市や区へ足を延ばして利用することが多いと言えますので店舗数はこれで充分と言う見方もあります。

こうした傾向にありますので、今後小金井市内で極端にキャッシングが増加しるとは考えにくいでしょう。

さて、小金井と言えば財政が苦しいと言う事でも有名です。

税収自体は1人あたりの個人市民税収は全国7位と決して悪くはないのですが、小金井市の場合は何故か経常収支率が「26市で最も悪い」、ゆえに「貯蓄が出来ない」と言う状況に陥る様です。

生活保護費の多さや福祉の手厚さが財政危機の原因とも言われていましたが、これらは明確に算出すると小金井市が突出している訳ではありませんでした。

では、何が原因か?と言うとどうやら個々人の人件費が跳び抜けて高いようです。

その為、税収も多くなっている訳ですので、人件費が高くても市民としては多く税金を払い、物価が上がっている街で買い物をしなければならず悪循環に陥っているようです。

実態のない税収など、市民としては結局数字と無関係に厳しい生活を強いられていると言えますね。

そうなれば、当然キャッシングをする機会は少なくない筈です。

にも関わらず、少な過ぎるキャッシングに疑問を感じてしまいます。

小金井市の人口とキャッシングの関係性は?

そんな小金井市の人口は124,712人です。

小金井市の夜間人口は111,033人で、市外からの通勤者及び通学者、更に昼間残留人口を併せた昼間人口は95,195人で昼は夜の0.857倍となります。

夜間と比較すると昼間には16,000人ほど減少傾向にあり、市外からの人数に比べて多く、キャッシングの面においても市外で利用するケースが充分考えられます。

また、地図をご覧になっても判る通り、場所もかなり集中しており、街の外殻部にはほぼ存在していないと言って良いでしょう。

大手消費者金融が少ない弊害はソフト闇金?

往々にして、消費者金融などが少ない場合は闇金やソフト闇金が横行します。

小金井市にしてもそれは同じです。

ソフトな闇金と言えど、そのシステムは10日間で利息が20%、7日周期で30%の利息になります。

10万円の借入したとして1年間返せなかった想定で金利を年利に直すと「年利730%」と「1564%」になってしまいます。

つまり、利息だけで73万円と156万円と言う金額になります。

とは言え、絶対的人口も少なく、面積も狭い事から近隣の消費者金融を利用しているケースが多いようです。

こうした事によって小金井市ではそこまでソフト闇金はそれほど多いとは言えないでしょう。

結局、対応は闇金よりソフトであっても、違法な利息を吹っかけてくると言う面では闇金もソフト闇金も違いがないと言う事です。

こうしたものに手を出すと、あっという間にからめとられてしまうので、絶対に手を出さずにいましょう。

観光などから見るキャッシング事情は?

小金井市の観光名所は、アトラクションなどはなく、旧家や名家など見るべき場所が多くあると言う高年齢層向けの観光スポットになっています。

「江戸東京たてもの園」、「子宝湯」、「デ・ラランデ邸」、「鍵屋」など見るべきものは多くありますが若年層向けではなさそうですね。

高齢者向き観光スポットと言う事で、キャッシング利用は極めて少ないと見て良いでしょう。

観光と言うのは意外にキャッシングに繋がるケースが多いのですが、金銭的に多くの額を使用するケースではない場合、利用率はそれほど多いとは言えませんね。

また、高齢者の頭には「キャッシングをする」と言うベースの部分で若年層とは大きな違いが出てくるでしょう。

まとめ

今回は小金井のキャッシングについて調査してしました。

小金井は人口も少なく、土地面積も狭いのでキャッシングは非常に少ない結果となりました。

また、観光名所も少なく、特別観光誘致もしていない事から、市外から入ってくる人のキャッシングもほぼ期待出来ません。

土地が狭い事もあり、近隣の市へ出向くと言う人も少なくなく、他の市でのキャッシング機会が意外に多いのかも知れませんね。