楽天カードは一押しのキャッシングカード!今なら8000円プレゼント中!

「じゃあ、どれがアナタのオススメのキャッシングカードなのッ!?」
……先日、以上のようなご質問を頂きました。

いやはや、まったくもって“ごもっともなご質問”でして――

「いろいろなサービスを紹介しているのなら、一番良いモノを知っているはずだ!」

――とお思いになられたのでしょう。

『海の事は漁師に問え』
ことわざにもある通り、何かを知りたければ、その道の専門家に尋ねるのが一番手っ取り早い、というのは当然と言えば当然。

私自身、キャッシングに関して、ある程度の知識を備えていることは自負しております。
しかし、専門家……と言われると……。

キャッシングカードの専門家などという職業はないのですから、まぁ私がある特定の“キャッシングカード”を推奨しても良いのでしょうけれど……。

見ず知らずの人間にオススメされても、ただの「うさんくさいPR」と感じてしまう方は多いのではないか?
――そんな不安を抱かずにはいられません。

しかし、此度は直接「どれがオススメ?」と尋ねられましたので、この機会に、私が“もっとも一押しだと思うキャッシングカード”について、ご紹介したく思います。

一押しのキャッシングカード

私(筆者)がもっとも一押ししたいのは、楽天(キャッシング)カードです。

「何故、年率の“比較的高い”楽天カードなの……!?」
――そう思う方も少なくないでしょうけれど、それについては以下にて詳細に解説いたします。

まずは『楽天カード』の概要について。

概要

    • 金利:年/18.0%

    • 借り入れ額:1~90万

    • 借り入れ限度額:一回につき/50万円

    • 審査速度:最短即日・2営業日まで

    • 提出書類:銀行口座と本人確認ができる身分証明書。場合によっては、収入証明書や公共料金の領収書などが必要な場合もあります。

    • 利用回数限度:なし

    • 遅延損害金(実質年率)/20.0%

    • 返済方法:リボ払い/一括払い(60日以内)

<概要>を見た限りでは、ただただ「普通!!」と感じる方が多いと思われます。

では、まずひとつめの魅力。

≪魅力?≫審査がゆるい

推薦者が、「審査がゆるい」などということを申すのも、いささか下品と思われるでしょうが、お許しください。
しかしながら「審査が厳しい」ところというのは、やはりオススメできません。

余談になりますけれど、著者・芥川龍之介『クモの糸』にて、カンダタ(主人公)が神様が垂れた細い“クモの糸”一本を頼りに天国へと昇りますが、神様の「審査で不合格と評価」され、途中でプツン、くるくる回って地獄へポチャンッ。

このような悲劇の小話をたとえにとるのは、少々心苦しいところがありますけれど、「これからキャッシングを利用したい!」という方は、実際的にこのカンダタ(主人公)の気持ちを察せられる方がほとんどでしょう。

たった一本の細い糸を頼りにしているのに、そこで「不合格」なんて審査結果じゃ、時間と意気がムダになってしまうわけです。

そこで『楽天カード』ですけれど、こちらの審査が“非常に緩い”
ほとんどの方が審査で通るほどですから、これほどに「頼もしい審査」は業界内でも少ないでしょう。

そして、次の魅力――

≪魅力?≫全般的に『便利・簡単』

「全般的にとは……なんて要領を得ない……」
そう、おしゃっらずに、まずはお読みください。

近頃では、本当に多種多様、多くの“キャッシング・ローンカード”が存在します。

しかし、やはりどれも「面倒くさい」ところがあるのが現状――。

たとえば、“明細書の確認”“キャッシングの利用”など、利用者側からの要望を挙げたらキリがありませんよね……。

けれども『楽天(キャッシング)カード』では、PCを通じて「明細書情報(利用履歴)」を常にチェックすることができます。

また、コンビニエンスストアのATMなどから、“365日24時間”利用可能で、いつでも引き出すことが可能!!

そのうえ、“ネットキャッシング”というサービスも開始されました。

楽天ネットキャッシングとは?
パソコン・スマートフォンなどから“24時間いつでも利用”することが可能で、指定の登録口座に、任意の額を振込んでもらえるサービス。

そしてさらに、『楽天カードアプリケーション』もリリースされ、iPhoneやAndroidなどのスマホから、支出や収入、カテゴリー別支出グラフなどを確認できるサービスまであります。

進化を続ける『楽天カード』ですが、さらにまだ魅力――

≪魅力?≫キャッシング以外にも便利な機能多数

「メリットばかり……でも、結局“金利は高い”じゃないか!!」

確かに、『貸付利率(実質年率):18.0%』と言われれば、「高いんじゃないか?」と疑われるのが当然、賢明な方ならば他の業界の利率を照らし合わせ考慮することでしょう。

ではここで、例えを利用して、年率についてご解説いたします。

例:

      A社(年率:5%~18.6%)

      B社(年率:3.8%~20.0%)

    楽天(年率:18%)

「貸金業法」によって、今では“金利は20%以下”でなけれならない、と定められております。

そこで多くの方は、上記の例のA社やB社のような「年率表記」をご覧になったことが一度はあるでしょう。

このような表記の場合、多額(数百万)の借り入れをする場合は確かに最低年率ですけれど、少額(数万)の借り入れの折りは基本的に「最高年率」が適用されます。

ようするに――(5万借りた場合)

      A社 5万(借り入れ金)×0.186%(年率)×30(経過日数)÷365(日数)=764円

      B社 5万(借り入れ金)×0.20%(年率)×30(経過日数)÷365(日数)=821円

    楽天 5万(借り入れ金)×0.18%(年率)×30(経過日数)÷365(日数)=739円

――上記を見ても分かるように、多額(数百万)を借り入れするわけでないのであれば、「年率:18%」というのは、それほど“高くない”ということがお分かりでしょう。

最後に

これは、今だけという限定ですけれど、今『楽天カード』に新規入会すれば――なんと、“8000ポイント(8,000円分)”をもれなく貰えるサービスが開始されました。

年会費無料の『楽天カード』に入会しただけで「8,000円分」貰えるわけですから、こんなに素晴らしいことはありません。

ぜひ、ご参考までに、『楽天カード』のご利用を検討なさってみてください。






【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする