福井銀行「教育ローン」申込、金利、借り入れ方法、返済方法詳細

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

福井銀行「教育ローン」お申し込み詳細

■ 必要な時に必要な分だけを借りられる教育カードローン
■ 利用限度額は、最大500万円まで設定可能
■ 在学期間中は利息のみの返済でOK

福井銀行の教育ローンは、カードローンタイプとなっているために、好きなタイミングで借り入れをすることが出来ます

必要な分だけを、必要なタイミングで借りることが出来るために、余計な利息などが発生しないということが挙げられます。

在学期間中は利息のみの返済でOKということになっていますので、勉学に励むことが出来るようになります。

卒業後は証書貸付に切り替わり、返済のみでの利用ということになりますので、その点に関しては注意するようにして下さい。

返済シュミレーション なし
お試し審査 なし
知名度 ★★★★★
パート・アルバイト 可能
即日融資 最短1週間~2週間で融資が実行される
土日祝日の融資 可能

【福井銀行 教育ローン 詳細データ】

融資限度額 50~500万円
お利息 3.7%(実質年率)
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
返済方法 口座振替返済、またはATM返済
申し込み資格
  • 満20歳以上~65歳未満の方
  • 安定して継続した収入がある方
  • 株式会社福井カードの保証を受けることが出来る方
  • 大学、高校、専修学校などに在学または入学予定の本人または保護者の方
担保・保証人 原則として不要
遅延利率 19.9%(実質年率)
入会金・年会費 なし
必要書類
  • 本人確認資料(以下の(1)~(4)のいずれか1点)
    (1)運転免許証のコピー
    (2)健康保険証のコピー
    (3)パスポートのコピー
    (4)顔写真付き住基ネットカードのコピー

  • 所得証明書類(以下の(1)~(4)のいずれか1点)
    (1)源泉徴収票
    (2)住民税決定通知書
    (3)課税証明書
    (4)公的証明書

  • 入学、在学が確認できる書類(以下の(1)~(2)のいずれか1点)
    (1)合格通知書
    (2)在学証明書

  • 普通預金口座の通帳

  • 普通預金口座の届出印

福井銀行の教育ローンを利用する際の、全体の流れについて

福井銀行の教育ローン(カードローン型)では、一般的な銀行が提供している教育ローンが、カードローンタイプになったものという認識で問題ありません。

そのため、申し込みの際に提出しなければならない必要書類については、一般的なカードローンと異なる部分も多いですが、手続きの流れに関しては、一般的なカードローンと同じような仕組みになっています。

こちらでは、福井銀行の教育ローン(カードローン型)を利用する際に発生する手続きについて、全体の流れを紹介していきます。

まずは、申し込みから利用開始に至るまでの全ての流れについてですが、福井銀行の教育ローン(カードローン型)では、下記の5つのステップによって構成されています。

  1. 申し込みをする
  2. 審査が開始されて、電話で結果が通知される
  3. 窓口に来店して、契約を締結する
  4. ローンカードが発行されて、自宅に郵送される
  5. ローンカードが到着次第、利用を開始する

このような流れになっていて、上記でも紹介したように、全体の流れだけを見ると一般的なカードローンと変わりないように見えます。

異なるポイントとしては、契約を締結する際に福井銀行の窓口に来店して手続きをしなければならないということになりますので、その点が異なるポイントだと思われます。

今までに銀行系カードローンを利用したことがあるという方の場合は、これだけの紹介で概要を理解してもらえたかもしれませんが、今までに銀行系カードローンを利用したことがないという方も多いと思われますので、それぞれの手続きについて、もう少し詳しく紹介していきます。

まずは申し込み方法についてですが、福井銀行の教育ローン(カードローン型)では、下記の5つの申し込み方法が用意されています。

  • パソコンやスマートフォンを使ってWEBから申し込みをする
  • 電話で申し込みをする
  • 郵送で申し込み書類を送付する
  • FAXで申し込み書類を送信する
  • 店頭窓口で申し込みをする

これらの手段が用意されていて、どの方法を選択しても申し込みをすることは可能です。

オススメなのはパソコンやスマートフォンを使って申し込みをする方法となっていますが、その理由としては、24時間365日の受付が可能となっていて、パソコンやスマートフォンの操作に慣れている方の場合は、5分程度の時間で申し込みの手続きが完了するということにあります。

パソコンやスマートフォンの操作が苦手だという方の場合は、電話や来店しての手続きをすることをオススメします。

これらの手段を用いて申し込みの手続きが完了すると、次は審査が開始されることになります。

審査が完了すると、申し込み時に記入した電話番号に電話が掛かってきて、審査結果が通知されることになり、審査に通過することが出来ていると、その後の手続きの内容について案内されます。

そして、審査に通過することが出来ていると、次は契約締結の手続きをしなければいけませんが、福井銀行の教育ローン(カードローン型)では、店頭窓口に来店しての手続きをすることになります。

その際には、必要書類を持って手続きをすることになりますので、書類の準備を忘れないようにして下さい。

契約の締結が完了すると、ローンカードが発行されることになりますが、その場で受け取ることは出来ず、自宅に郵送されることになります。

最後に、ローンカードを受け取ることによって、福井銀行の教育ローン(カードローン型)を利用することが出来るようになります。

福井銀行の教育ローンを利用する場合の、借り入れ方法や返済方法について

こちらでは、福井銀行の教育ローン(カードローン型)を利用することが出来るようになった後の、借り入れ方法や返済方法について詳しく紹介していきます。

福井銀行の教育ローン(カードローン型)は、教育ローンとなっているために手続きが少し面倒になっていますが、借り入れ方法については、従来のカードローンと変わりません。

ただし、返済方法については少し特殊になっていますので注意して下さい。

まずは借り入れ方法についてですが、こちらは発行された専用のローンカードを使って、福井銀行が提携している金融機関のATMから借り入れをすることになります。

ATMにローンカードを挿入して画面の案内に沿って操作をするだけなので、誰でも簡単に借り入れをすることが出来ると思われます。

福井銀行の教育ローン(カードローン型)では、借り入れをすることが出来る期間に制限が設けられていて、在学期間中しか借り入れをすることが出来ない仕組みになっています。
そのため卒業してしまうと、その後は証書貸付タイプに切り替えられて、返済のみの利用をしていくということになりますので、その点については忘れないようにして下さい。

次に返済方法についてですが、福井銀行の教育ローン(カードローン型)を利用する際の返済は2つの期間に区切られているということを覚えておいて下さい。

1つ目は在学期間中となっていて、在学期間中は利息のみの返済を続けるということになります。

もちろん、元金の返済をすることも可能ですが、最低限の返済額として明示されているのが利息のみの返済ということになります。

2つ目は卒業後となっていて、卒業後は元金と利息を合わせて返済するという仕組みになっています。

そして肝心の返済方法に関しては、契約を締結した際に登録した返済用の普通預金口座から自動引き落としによって返済をするのが原則となっていて、その他の返済方法としてはローンカードを使って提携ATMから入金をすることによって返済をする任意返済が用意されています。

任意返済については、あくまでもオマケというような扱いになっていますので、任意返済を実行した場合でも自動引き落としによる返済は実行されることになりますので、任意返済を利用する場合には残金に十分注意して利用するようにして下さい。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする