JAバンク北海道「JAカードローン」申込、融資額、3つの保証会社

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

JAバンク北海道「JAカードローン」お申し込み詳細

■ 保証会社によって異なるプラン
■ 利用限度額の上限が3つのタイプに分かれている
■ いつでもどこでも使えるカードローン

JAバンク北海道が提供している「JAカードローン」というのは、恐らく日本国内で最も広い地域で利用することが可能なカードローンとなっています。

その理由としては、「JAカードローン」を提供しているのがJA(農協)となっているために、地域を選ばずに利用することが出来るためです。

ただし注意点としては、「JAカードローン」の申し込みをする地域によって貸付金利や審査の内容が異なるために、その点に関しては注意しなければいけません。

JAバンク北海道が提供している「JAカードローン」の場合は、選択することが出来る3つの保証会社のどれを選ぶのかによって利用条件や利用限度額が異なるということが挙げられます。

返済シュミレーション あり
お試し審査 なし
知名度 ★★★★★
パート・アルバイト 可能
即日融資 最短1週間~2週間で融資が実行される
土日祝日の融資 可能

【JAバンク北海道 JAカードローン 詳細データ】

融資限度額 50万円・300万円・500万円までの3タイプ
お利息 不明
返済方式 不明
返済方法 口座振替返済、またはATM返済
申し込み資格
  • 利用する保証会社によって異なる条件
  • 北海道農業信用基金協会の場合
    • 申し込み時の年齢が満20歳~70歳未満の方
    • 前年度の税込年収が農業従事者の場合は150万円以上の方
    • 前年度の税込年収が非農業従事者の場合は200万円以上の方
  • ニコスの場合
    • 申し込み時の年齢が満20歳~70歳未満の方
    • 継続して安定した収入のある方
  • オリエントコーポレーションまたはジャックスの場合
    • 申し込み時の年齢が満20歳~65歳未満の方
    • 継続して安定した収入のある方
担保・保証人 原則として不要
遅延利率 不明
入会金・年会費 なし
必要書類
  • 不明

「JAカードローン」の特徴について

JAバンク北海道が提供している「JAカードローン」というのは、JAならどこでも利用することが出来るカードローンとなっていますが、申し込みをする視点によって特徴が異なることが挙げられます。

そこでこちらでは、JAバンク北海道で「JAカードローン」を利用した場合には、どのような特徴があるのかということについて詳しく紹介していきます。

JAバンク北海道の「JAカードローン」では、利用者が3つの保証会社から1つを選択して申し込みをするところから始まります。

そして、この3つの保証会社を分けるポイントとしては、利用条件と利用限度額が異なるということが挙げられますので、現在の自分の状況に合わせて好きな保証会社を選択しなければいけません。

まずは選ぶことが出来る3つの保証会社から紹介していきますが、JAバンク北海道の「JAカードローン」で選ぶことが出来る保証会社は下記の3点です。

  • 北海道農業信用基金協会
  • ニコス
  • オリエントコーポレーションまたはジャックス

このようになっていて、オリエントコーポレーションとジャックスの場合は、どちらの保証会社を選択しても利用条件や利用限度額が変わらないために1つにまとめておきます。

それでは、それぞれの保証会社を利用する際の利用条件についてですが、設けられている条件は年齢制限と年収制限の2点のみとなっています。

北海道農業信用基金協会とニコスの場合は年齢制限が20歳~70歳となっていて、オリエントコーポレーションまたはジャックスの場合は20歳~65歳という制限になっています。

年齢制限だけを見ると北海道農業信用基金協会やニコスを利用したほうが良いということになります。

そして、年収の制限については、ニコスもしくはオリエントコーポレーションやジャックスの場合は「安定して継続した収入を得ていること」という条件になっているために、明確な数字については表記されていません。

しかし、北海道農業信用基金協会の場合は農業従事者の場合は150万円以上の収入、非農業従事者の場合は200万円以上の収入があることが必要となっていますので、こちらの条件を満たすことが出来ないと利用することが出来ません。

次に利用限度額についてですが、こちらの場合はそれぞれの保証会社によって明確に上限が定められていますので、十分に注意するようにして下さい。

具体的な保証会社による利用限度額の上限については下記のようになります。

  • 北海道農業信用基金協会=50万円以内
  • オリエントコーポレーションまたはジャックス=300万円以内
  • ニコス=500万円以内

このようになっていて、保証会社に北海道農業信用基金協会を選んだ場合は最大でも50万円の借り入れまでしかすることが出来ないために、50万円を超える借り入れを希望している場合には北海道農業信用基金協会以外の保証会社を選択しなければいけないということです。

このようにJAバンク北海道が提供している「JAカードローン」では、選択する保証会社によって内容が大きく異なるということになりますので、自分が求めている条件を提示している保証会社を選ぶことが大切だということになります。

「JAカードローン」を利用する際の、借り入れ方法や返済方法について

こちらではJAバンク北海道が提供している「JAカードローン」を利用することが出来るようになった後の、借り入れ方法や返済方法について詳しく紹介していきます。

まずは借り入れ方法についてですが、JAバンク北海道の「JAカードローン」では、一般的なカードローンと同じように専用のローンカードが発行されるタイプとなっています。

そのため、そのローンカードを使って借り入れをするということになります。

具体的な利用方法に関しては、JAバンク北海道が提携している金融機関のATMに「JAカードローン」の専用ローンカードを挿入して、画面の案内に沿って操作をするだけです。

これらのことから、キャッシュカードを使って現金をATMから引き出したことがあるという方の場合は、誰でも簡単に借り入れをすることが出来るために、借り入れ方法が分からずに利用することが出来ないというケースは稀だと思われます。

次に返済方法についてですが、JAバンク北海道の「JAカードローン」では原則として契約の締結した際に登録した返済用の普通預金口座から自動引き落としによって毎月の返済が行われる仕組みになっています。

その他の返済方法として任意返済をするという方法が用意されていますが、任意返済を利用する際の手順については、借り入れをする際の手順と逆となっていて、提携ATMに専用ローンカードを挿入して画面の案内に沿って操作をして入金するということになります。

任意返済をする際には、利用するATMによってATM使用手数料が発生する場合もありますので、手数料を発生させたくないという場合には自動引き落としによる返済を繰り返すのが良いでしょう

ただし、自動引き落としによる返済のみでの利用の場合は、総合的な利息の金額が上限まで発生することになりますので、そのことを考えると任意返済を利用して早期に完済したほうがメリットも大きいということに繋がります。

自動引き落としによる返済のみで「JAカードローン」の利用をする場合に注意しなければならないポイントとしては、口座の残高不足に気を付けるということです。

当然のことながら口座が残高不足の状態になっていると自動引き落としによる返済が実行されないということになりますので、返済を遅滞したという状態になってしまいます。

そうなると利息の他に遅延損害金が発生することになり、返済を遅滞した月が続いてしまうと信用情報機関に記録が残されることになりますので、その点に関しても注意しなければいけません。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする