神奈川銀行「住宅サポートカードローン」申込、審査、提携ATM詳細

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

神奈川銀行「住宅サポートカードローン」お申し込み詳細

■ 住宅ローン利用者専用のカードローン
■ 貸付金利は年6.0%に固定
■ 最大200万円までの利用限度額が設定可能

神奈川銀行の住宅サポートカードローンは、神奈川銀行の住宅ローンを契約している人だけが利用することの出来るカードローンとなっています。

そのため、利用条件については限定的になっていますが、貸付金利が低く、利用限度額も最大200万円という万が一のトラブルには備えることが出来るだけの金額が設定されていますので、このカードローンだけで十分に対処することが出来ます。

ただし、カードローンの特殊性から、手続きには少し時間が掛かってしまうということについては、忘れないようにして下さい。

返済シュミレーション あり
お試し審査 なし
知名度 ★★★★★
パート・アルバイト 可能
即日融資 最短1週間~2週間で融資が実行される
土日祝日の融資 可能

【神奈川銀行 住宅サポートカードローン 詳細データ】

融資限度額 10~200万円
お利息 6.0%(実質年率)
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
返済方法 口座振替返済、またはATM返済
申し込み資格
  • 満20歳以上~56歳未満の方
  • 安定して継続した収入がある方(100万円を超える利用限度額を希望の場合は、前年税込年収が300万円以上ある方)
  • 神奈川銀行で住宅ローンを利用している方で、3年以内に月超え延滞が無い方
  • 株式会社かんそうしんの保証を受けることが出来る方
  • 当行の営業区域内に居住または勤務先がある方
担保・保証人 原則として不要
遅延利率 6.0%(実質年率)
入会金・年会費 なし
必要書類
  • 本人確認資料(以下の(1)~(4)のいずれか1点)
    (1)運転免許証のコピー
    (2)健康保険証のコピー
    (3)パスポートのコピー
    (4)顔写真付き住基ネットカードのコピー

  • 利用限度額の希望額が100万円を超える場合は、所得証明書類(以下の(1)~(4)のいずれか1点)
    (1)源泉徴収票
    (2)住民税決定通知書
    (3)課税証明書
    (4)公的証明書

  • 印鑑証明書

  • 実印

  • 口座の届出印

住宅サポートカードローンを利用する際の、全体の流れについて

神奈川銀行の住宅サポートカードローンは、神奈川銀行で住宅ローンを利用している方のみが利用することの出来るカードローンとなっています。

既に住宅ローンの契約を締結しているということもあり、カードローンの審査に関しては一般的なカードローンよりも緩くされていることが特徴として挙げられますが、神奈川銀行で住宅ローンを契約していることが条件となっていますので、それ以外の方は利用することが出来ませんので注意して下さい。

銀行が提供している住宅ローン利用者専用のカードローンということもあり、貸付金利が非常に低くなっていることが魅力的ですが、神奈川銀行の住宅サポートカードローンでは、利用限度額も最大200万円というように、一般的なカードローンの最高額に近い金額の利用限度額を設定することも可能なので、もしも利用することが出来るのなら、財布の中に1枚入れておくことによって安心を買うことも出来ます

こちらでは、そんな神奈川銀行の住宅サポートカードローンを利用する際の全体の流れについて詳しく紹介していきます。

まずは、申し込みから利用開始に至るまでの全体の流れについてですが、神奈川銀行の住宅サポートカードローンでは、借入れまでの全体の流れは以下の5つのステップによって構成されていることが挙げられます。

  1. インターネットから申し込みをする
  2. 審査が開始されて、審査結果が通知される
  3. 来店し、契約を締結する
  4. ローンカードが発行されて自宅に郵送される
  5. ローンカードを受け取り次第、利用を開始する

このような流れになっていて、これだけを見ると一般的なカードローンを利用する際の流れと変わりないということが分かると思われます。

特徴的なポイントとしては、神奈川銀行の住宅サポートカードローンを利用する場合には原則としてインターネットからの申し込みのみでの対応となっていることが挙げられます。

そのため、インターネットを利用する環境を持っていないという方の場合は、神奈川銀行の窓口に相談して頂くか、ローンプラザに相談しなければいけませんので、その点に関しては気を付けて下さい。

それでは、申し込み方法から順番に、どのような手続きが必要なのかということについて詳しく紹介していきます。

まずは申し込み方法についてですが、神奈川銀行の住宅サポートカードローンではインターネットからの申し込み方法しか用意されていませんので、パソコンやスマートフォンといったインターネットにアクセスをすることが出来る端末から神奈川銀行の公式サイトにアクセスします。

そして、住宅サポートカードローンのページに設置されている申し込みフォームに必要事項を記入して送信をすることによって申し込みの手続きが完了する仕組みです。

申し込みの手続きが完了すると、次は審査が開始されて、審査が完了すると電話もしくはメールで審査結果が通知されることになります。

審査に通過することが出来ていると、次は契約締結の手続きをしなければいけませんが、住宅サポートカードローンの契約締結の手続きでは神奈川銀行の窓口に必要書類を持って来店し、その場で手続きをすることになります。

契約締結の手続きが完了すると、ローンカードが発行されてローンカードが自宅に本人限定受取郵便で郵送されます。

そのローンカードを自宅で受け取り次第、住宅サポートカードローンの利用を開始することが出来るようになります。

受け取りの際には、本人確認書類の提示が求められることもありますので、運転免許証や健康保険証などの書類を準備するようにして下さい。

住宅サポートカードローンの、借り入れ方法や返済方法について

こちらでは、神奈川銀行の住宅サポートカードローンを利用することが出来るようになった後の借り入れ方法や返済方法について詳しく紹介していきます。

神奈川銀行の住宅サポートカードローンでは、一般的なカードローンと同じように専用のローンカードが発行されるタイプのカードローンとなっていますので、他社のカードローンを利用したことがあるという方の場合は、問題なく利用することが出来ます。

まずは借り入れ方法についてですが、住宅サポートカードローンの借り入れ方法としては、神奈川銀行が提携している金融機関のATMにローンカードを挿入して画面の案内に沿って操作をするだけで借り入れをすることが出来ます。

そして、神奈川銀行が提携している金融機関のATMに関しては、下記の4点が挙げられます。

  • 神奈川銀行
  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行
  • MICS参加金融機関

これらの金融機関のATMでローンカードを利用することが出来るために、急な出張や旅行先で現金が必要になった場合でも、安心して利用することが出来ます。

次に返済方法に関してですが、住宅サポートカードローンの返済方法というのは、原則として契約締結時に登録した返済用の普通預金口座から自動引き落としによって返済されることになります。

返済金額に関しては2パターンしか存在していないことが特徴的で

  • 利用限度額が100万円を超えている場合は、毎月15,000円の定額返済
  • 利用限度額が100万円以下の場合は毎月10,000円の定額返済

ということになります。

利用金額ではなく、利用限度額によって返済額が変動する仕組みになっていますので、その点に関しては注意するようにして下さい。

そして、基本的には自動引き落としによって返済をすることになりますが、その他の返済方法として用意されているのが、借り入れ時と同じように神奈川銀行の提携ATMからローンカードを使って入金することによって返済をする、任意返済も用意されています。

そのため、早く完済をすることによって利息の総額を少しでも減らしたいという方の場合は、任意返済も合わせて利用するようにしたほうが良いでしょう。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする