北都銀行スピードカードローンNeo申込、ATM・手数料・金利詳細

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

北都銀行「スピードカードローンNeo」お申し込み詳細

■ 手続きがWEBで完結して来店不要!
■ 全国のどこでも利用することが出来る
■ 毎月の約定返済額は2,000円~の安心プラン

北都銀行のスピードカードローンNeoは口座不要で申し込みが可能なカードローンです。
銀行ならではの高額な利用限度額低金利がメリットとなっていて、手続きがWEBで完結するのも魅力の1つとなっています。
パートやアルバイト、専業主婦や年金受給者、学生の方も利用することが出来るので、幅広いニーズに応えることが出来るのが特徴的です。
返済シュミレーション なし
お試し審査 なし
知名度 ★★★★★
パート・アルバイト 可能
即日融資 最短数日で融資が可能
土日祝日の融資 可能

【北都銀行 スピードカードローンNeo 詳細データ】

融資限度額 10~500万円
お利息 4.5%~14.6%(実質年率)
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
返済方法 口座振替返済、またはATM返済
申し込み資格
  • 満20歳以上~70歳未満の方
  • 本人または配偶者に安定した収入がある方
  • 新生フィナンシャル株式会社の保証を受けることが出来る方
担保・保証人 不要
遅延利率 14.6%(実質年率)
入会金・年会費 なし
必要書類
  • 本人確認資料(以下の(1)~(3)のいずれか1点)
    (1)運転免許証のコピー
    (2)健康保険証のコピー
    (3)パスポートのコピー

北都銀行のスピードカードローンNeoを利用する際の流れについて

こちらでは、北都銀行のスピードカードローンNeoを利用する際の、申し込みから利用開始に至るまでの全体の流れについて詳しく紹介していきます。

スピードカードローンNeoはWEB上で全ての手続きを完了させることが可能なカードローンとなっていて、来店不要となっているために自分の時間を自由に使うことが出来るのが特徴的です。

そんなスピードカードローンNeoを申し込むための4つのステップによって構成されています。

  1. 4つの申し込み方法から1つを選択して、申し込みをする
  2. 審査が行われ、審査結果が通知される
  3. 契約を締結して、ローンカードが発行される
  4. ローンカードが到着次第、利用を開始する

このような流れになっていて、一般的なカードローンと同じような仕組みで利用することが出来ます。

これだけだと、通常のカードローンと変わらないように見えますが、スピードカードローンでは、要所での手続きが異なりますので、それぞれの手続きについてもう少し詳しく紹介していきます。

まずは申し込み方法についてですが、北都銀行のスピードカードローンNeoは4つの申し込み方法が用意されています。

  • パソコンやスマートフォンを使って、インターネットから申し込みをする
  • 北都銀行の営業時間内に電話で申し込みをする
  • 申し込み書類に必要事項を記入してFAXで送信することで申し込みをする
  • 北都銀行の店頭窓口で申し込みをする

これらの手段が用意されていて、どの方法を選択しても申し込みをすることが出来るようになっていますが、オススメなのはパソコンやスマートフォンを使ってインターネットから申し込みをする方法となっています。

そして、インターネットから申し込みをする方法の詳細については、パソコンやスマートフォンを使って、北都銀行の公式サイトにアクセスをして、スピードカードローンNeoのページから申し込みフォームに必要事項を記入することによって完了します。

申し込みが完了すると、次は審査が開始されることになり、申し込み内容の確認と勤務先への在籍確認が行われます。

審査が完了すると、審査結果が通知されて、審査に通過することが出来ていると、次の手続きについて案内されることになります。

審査後の手続きに関しては、契約を締結してローンカードを発行してもらうという手続きになっていますが、スピードカードローンNeoの場合は来店不要のカードローンとなっていますので、WEB上で契約を締結するか、郵送で契約書類のやり取りをするという流れになります。

契約締結が完了するとローンカードが発行されて、本人限定受取郵便で自宅に郵送されます。

原則としては、到着したローンカードを受け取った時点から利用を開始することが出来るということになりますが、スピードカードローンNeoの場合は、契約を締結した段階で指定する金融機関の口座に入金することによって借り入れをすることが出来ます。

そのため、一般的なカードローンと比べると初めに借り入れをすることが出来るスピード性に優れているということになりますが、入金して借り入れるケースに関しては、入金情報が反映されるまでに時間が掛かってしまうケースもありますので、注意が必要です。

スピードカードローンNeoを利用する際の借り入れ方法や返済方法について

こちらでは、北都銀行のスピードカードローンNeoを利用する際の借り入れ方法や返済方法について詳しく紹介していきます。

まずは借り入れ方法についてですが、スピードカードローンNeoでは専用のローンカードが発行されるタイプのカードローンとなっていますので、そのローンカードを使って借り入れをすることになります。

ローンカードを使う方法に関しては、北都銀行が提携している金融機関のATMで利用することが可能になっていますが、北都銀行が提携している金融機関は、下記の9箇所です。

  • 北都銀行
  • ローソンATM
  • コンビニATM E-net
  • セブン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • VIEW ALTTE(ビューアルッテ)
  • 荘内銀行
  • みちのく銀行

これらの金融機関のATMを利用することが可能になっていて、銀行のATMだけではなく、コンビニATMも充実しているために、日本全国のどこでも利用することが出来るカードローンとなっています。

これらのATMを利用する際の注意点としては、ATMによって利用することが出来る時間帯が異なっていて、利用の際に発生する手数料も異なりますので、何度もATMを利用していると余計な手数料を支払うことになってしまいます。

次に返済方法についてですが、北都銀行のスピードカードローンNeoでは、指定する普通預金口座からの引き落としによって返済するのが原則です。

返済日は毎月の10日となっていて、10日が銀行の休業日の場合は翌営業日に引き落とされます。

返済額については、下記の表のように8段階に振り分けられています。

前月末日の借入残高 約定返済額
2,000円未満 借入残高全額
2,000円~10万円 2,000円
10万円~30万円 5,000円
30万円~50万円 10,000円
50万円~100万円 20,000円
100万円~150万円 30,000円
150万円~200万円 40,000円
200万円~500万円 50,000円

このようになっていて、前月末日時点での借入残高が多ければ多いほど返済日に支払わなければならない金額も多くなるという仕組みです。

この、自動引き落としによる返済方法の他には、借り入れ時と同じように提携ATMからローンカードを使って返済をすることが出来ます。

北都銀行のスピードカードローンNeoでは、自動引き落としによる返済とATMからの返済を併用しているのではなく、どちらの返済方法でも構わないので返済日までに約定返済額を支払うことによって、その月の返済が完了する仕組みです。

そして、返済額をオーバーした分に関しては、任意返済という扱いになり、元金の返済に充当されることになります。

スピードカードローンNeoでは、肩書きによって利用限度額が異なる

北都銀行のスピードカードローンNeoでは、正社員や契約社員、公務員といった肩書きを持っている方だけではなく、パートタイマーやアルバイト、専業主婦や年金受給者、学生の方でも利用することが出来るカードローンとなっています。

しかし、肩書きによって利用限度額に制限が設けられていて、一覧表にすると下記のようになります。

肩書き 利用限度額の範囲
正社員や契約社員、公務員など 10万円~500万円
パートやアルバイト、専業主婦 10万円~50万円
年金受給者 10万円~20万円
学生 10万円

このようになっていて、社会的なステータスが低い人ほど利用限度額に制限が設けられているという特徴があります。

そして、学生でアルバイトをしているとか、年金受給者で、パートで働いているというような場合では、低い方に基準が合わせられるということになりますので、その点に関しても注意して下さい。

北都銀行のスピードカードローンNeoを利用する際には、これらのことにも注意して利用をするようにして下さい。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする