福岡県の消費者金融エクセルのメリット・デメリットは?申込みから返済方法など調査!

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

消費者金融「エクセル」は福岡の博多に本店があります。

地元を重視しながらも全国に数多くの利用者がいるというのが特徴ですね。

今回はそんなエクセルはどんな貸金業者なのか?

フリーキャッシングの内容やメリット・デメリット、申し込み方法など色々とご紹介しましょう。

消費者金融「エクセル」はどんな貸金業者なの?

エクセルは博多本店の他、久留米支店、小倉支店の合計3店舗で営業を行っています。

エクセル自体は開業から十数年の営業実績をもつ中堅業者ですが、複数の店舗を展開する九州キャネットと同じ人が代表取締役社長を務めていて、数字以上に実績十分な印象があります。

福岡県に住んでいるなら最寄りの店舗の利用がオススメですが、他の都道府県在住で、インターネット等で申し込まれる方はどの店舗に申し込まれても問題はありません。

3店舗とも駅チカの大通りに面したビル内に店舗を構えていて、アクセスは良好ですよ。

【エクセル会社概要】

社名 株式会社エクセル
登録番号 福岡県知事(5)第08636号
日本貸金業協会会員 第005568号
営業時間 平日9時30分~18時(土日祝日は休業)
指定情報機関 株式会社シー・アイ・シー、株式会社日本信用情報機構(JICC)

続いては各店舗の情報です。

【博多本店】

所在地 福岡県福岡市博多区博多駅前2-5-10 TKビル9F
電話番号 0120-43-7371/092-433-7371
FAX番号 092-433-7381
アクセス 博多駅よりはかた駅前通りを西へ徒歩4分

【久留米支店】

所在地 福岡県久留米市東町38-19 富太屋ビル3F
電話番号 0120-34-2399/0942-39ー23991
FAX番号 0942-38-8025
アクセス 西鉄久留米駅の東口からでて正面やや右側

【小倉支店】

所在地 福岡県北九州市小倉北区紺屋町5-5 小倉パークビル4F4-2
電話番号 0120-57-5789/093-531-5789
FAX番号 093-531-5816
アクセス モノレール旦過駅から東へ徒歩4分、堺町公園前

どのお店も駅から近く、しかもフリーダイヤルもあるのが嬉しいですね。

エクセルはヤミ金で怪しい?

テレビCMなどでお馴染みの大手消費者金融とは違い、中小消費者金融はどうしても知名度が劣ります。

そのため、どこかでお金を借りたいと思っても、「もしかしたら悪徳業者?」「万が一ヤミ金だったらどうしよう」と不安に感じる人も多いでしょう。

しかし、今回ここで紹介しているエクセルは間違いなく正規の貸金業者で、法律で決められた制限を上回る高金利で貸し付けたり、激しい取り立てを行ったりするようなヤミ金ではありません。

ヤミ金で無い事を確認する方法がありますので、ご紹介しましょう。

エクセルの登録番号

まず、貸金業者として融資を行う為には、一定の基準をクリアしたうえで内閣総理大臣(財務局)もしくは、都道府県知事の登録を受けなければなりません。

登録を受けた業者には登録番号が与えられるので、まずは業者のサイトや広告物などに、登録番号が記載されているかどうかを確認してみてください。

上で紹介した会社概要に「福岡県知事(5)第08636号」とありますが、これがエクセルの登録番号になっていて、正規の業者の証になります。

なお、悪徳業者の中には偽の登録番号を掲載し、あたかも正規の業者であるかのように装っているところもあります。

正規の業者は金融庁のデータベースで検索すると必ず情報がヒットするので、不安な場合は下記のページで確認してください。

金融庁 登録貸金業者情報検索ページ

エクセルは日本貸金業協会にしている!

エクセルは、日本貸金業協会(消費者金融御者、事業者金融業者、クレジットカード会社、信販会社など解禁業を営む業者を対象とする業界団体)にも入会しています。

日本貸金業協会は業界で唯一の自主規制機関でもあり、貸金業の適正な運営や利用者の利益の保護を目的として運営されています。

加入業者に対しては、貸金業法より一段階厳しい基準で指導・監督を行っているうえ、違反があったり指導に従わなかったりすると罰金などの罰則を課しています。

また、消費者金融の利用に対しても、貸金業に関する相談や問い合わせ、苦情などを受け付けています。

日本貸金業協会への入会は義務ではありませんが、あえて加入している点は、エクセルが安心できる業者だと判断できる材料の一つと言えるでしょう。

エクセルが提供するローンと特徴は?

エクセルでは下記の3種類のローンを提供しています。

  1. フリーキャッシング
  2. 貸金業法に基づくおまとめローン
  3. 事業者ローン

今回は利用者が最も多いと思われるエクセルのフリーキャッシングを中心に取り上げていきますが、他のローンについても少し説明します。

1.エクセルのフリーキャッシング

エクセルのフリーキャッシングは資金使途自由、担保も保証人も原則不要のローン商品です。

最高でも50万円まで(通常、初回は20万円まで)の契約となるため、一見頼りないようにも見えてしまいますが、エクセルのフリーキャッシングは極度額方式での契約となる事から、必要なときに追加で枠内融資を受けることが可能です。

また、きちんと返済していれば、増枠も比較的容易であるとの情報もあります。

中小消費者金融が扱うローンの中では、かなり使い勝手の良い商品だと言えるでしょう。

【フリーキャッシングの貸し付け条件】

内容 証書貸付(極度額包括契約)
使途 自由 ※ただしギャンブルは不可
利用額 1万円~50万円
実質年率 12.0%~20.0%
融資まで 最短30分(店舗手続きなら即日可能)
返済期間 1日~最長5年
返済回数 1回~最長60回
返済方式 残高スライドリボルビング方式
担保・保証人 原則不要
遅延損害金 実質年率15.0%~20.0%

フリーキャッシングに申し込めるのは?

エクセルのフリーキャッシングに申し込むには、次の3つの条件を満たす必要があります。

  • 契約時の年齢が20歳以上70歳未満の方
  • 毎月の給与所得など一定の収入を得ている方
  • 身分証明書、収入を証明する書類を用意できる方

正社員、パート、アルバイトなど就業形態は問題になりませんが、本人に収入が全く無い専業主婦、主夫の方は申し込む事ができません。

フリーキャッシングで即日融資は可能?

フリーキャッシングの審査は最短30分程度で終わりますが、契約書類を郵便でやりとりした後の振込になるので、通常は融資までに1週間程度かかってしまいます。

唯一エクセルの店舗で契約した場合には、その場での融資が受けられます。

できるだけ早くお金が必要で、店舗まで出向ける方は、エクセルの店舗での契約をオススメします。

エクセルのフリーキャッシングの金利は?

エクセルのフリーキャッシングの借入利率は以下のようになっています。

貸付額 実質年率
~10万円未満 20.0%
10万円~50万円 18.0%

これは法定金利の上限いっぱいの数字となっていて、特に10万円未満の利用の場合には20.0%となりますので、高金利だと言えます。

ちなみに大手消費者金融でしたら、18.0%で借りる事ができます。

10万円以上の18.0%も高金利ではありますが、消費者金融としてはごく一般的な利率です。

エクセルのフリーキャッシングは総量規制の対象になる?

エクセルのフリーキャッシングは総量規制の体調になりますので、申し込む際に気をつける必要があります。

総量規制とは、貸金業者に利用者の年収の3分の1を超える貸付を原則禁止するというルールです。

返済能力を超える過度な貸付から利用者を守るために、貸金業法によってこの規制が設けられています。

例えば年収が300万円の方であれば、消費者金融などからの借入残高の合計は100万円以内でなければなりません。

もし他の消費者金融からすでに80万円借りているとすれば、エクセルでは最高でも20万円までしか借入出来ないという事ですね。

2.エクセルの貸金業法に基づくおまとめローン

貸金業法に基づくおまとめローンは他の消費者金融など、貸金業者からの無担保融資を借り換え、一本化するためのローンです。

おまとめできるのは、あくまでも貸金業者からの借入分のみに限られます。

銀行のローンや友人、知人から借りたお金を含めて計算することは出来ません。

【貸金業法に基づくおまとめの貸付条件】

内容 貸金業法に基づくおまとめローン
使途 申込者本人に対する貸金業者からの無担保融資の借換、まとめ
融資額 1万円以上300万円未満(万円単位)
実質年率 12.0%~20.0%
返済期間 1日~最長7年
返済回数 1回~最長84回
返済方式 元利均等払い方式
担保・保証人 原則不要
遅延損害金 実質年率15.0%~20.0%

3.エクセルの事業者ローン

エクセルでは個人事業主の方を対象にした事業者ローンも展開しています。

この事業者ローンは「事業を営む個人顧客に対する貸付」に当たります。

総量規制の例外となりますので、すでに年収の3分の1の借入を利用している方でも利用可能です。

【事業者ローンの貸付条件】

内容 証書貸付(極度額包括契約)
使途 事業資金(新規開業の事業資金は不可)
融資額 1円円以上200万円未満
実質年率 12.0%~20.0%
返済期間 5年以内 ※極度包括契約については5年解約の自動更新
返済回数 60回以内
返済方式 残高スライドリボルビング方式
担保・保証人 原則不要
遅延損害金 実質年率15.0%~20.0%

エクセルで借りるには?申込み方法のご紹介!

エクセルのフリーキャッシングの申込みは

  • インターネット(パソコン・スマートフォン)
  • 電話
  • 店舗

上記の3種類で受け付けて射ます。

インターネットでの申込みなら店舗にいくことなく契約、借入が可能ですよ。

エクセルの貸金業法に基づくおまとめローン、事業者ローンへの申込みは、インターネットでは受け付けていないので、まずは電話で申し込んだうえでスタッフの指示に従ってください。

エクセルの申込みから融資までの流れ

それでは、エクセルのフリーキャッシングへの申込みから融資までの流れを、インターネットの方法で見ていくことにしましょう。

インターネットでエクセルに申し込む場合

インターネット(パソコン・スマホ)でなら、自分の都合の良いタイミングでいつでも申込みできます。

【インターネットでの申込み方法】

  1. エクセル公式サイトの申込みフォームに必要事項を入力して送信する
  2. 確認の電話がかかってくる
  3. 審査
  4. 電話で審査結果が伝えられる
  5. 必要書類をFAXする
  6. エクセルより書類が郵送される
  7. 書類に必要事項を記載・捺印しエクセルに返送する
  8. 返送した書類がエクセルに到着する
  9. 到着の翌営業日に振込の電話がかかってくる
  10. 振込融資完了

契約書には200円~400円の収入印紙も必要になるので、急ぎの方は書類が届くまでに収入印紙も用意しておくと後がスムーズにすすみます。

電話・店舗でエクセルに申し込む場合

まずは博多本店、久留米支店、小倉支店から任意の店舗を選び、営業時間内に電話をかけます。

店舗に出かける場合でも、必ず電話予約を入れるようにしてください。

どの店舗にも通話料無料のフリーダイヤルがあるのは、嬉しいですね。

営業時間はいずれも平日の9時30分~18時、15時以降の申込みは翌営業日扱いになる可能性もあるので、できるだけ早い時間に連絡することをオススメします。

エクセルの審査・融資にかかる時間

エクセルの審査自体は最短30分程度で終わりますので、店舗で契約をするアンラ1時間もあれば融資を受けることが可能です。

契約手続きを郵便で行う方は、融資までに1週間程度はかかると思っておきましょう。

エクセルは在籍確認を行う?

エクセルでは、勤務先などへの電話による在籍確認を、本人確認、申込み内容の確認を兼ねて必ず行っています。

電話に出た方が本人だと確認できない限り、エクセルの社名や消費者記入である事、在籍確認であることなどが伝えられることはありません。

担当者が個人名でかけてくるのでその点は安心ですよ。

エクセルの審査に必要な提出書類は?

エクセルと契約をする時には、本人である事を確認出来る書類が必要です。

また、おまとめローンを希望する方、自営業の方などは、年収を確認できる書類の提出を求められる場合もあります。

本人確認書類は運転免許証や各種健康保険証、パスポート、マイナンバーカードなどになります。

また収入証明書類の提出が必要な場合もありますが、その時は源泉徴収票、給与明細書、確定申告書、納税通知書などを用意しましょう。

エクセルへの返済方法

エクセルへの返済は、エクセル指定の銀行金融機関への振込か、店頭で現金払いで行います。

エクセルまで直接現金書留を送ることも出来ますが、料金が高く付きますし、後日受領書が自宅に郵送されるので、オススメしません。

エクセルへの返済日は利用者が指定可能

エクセルへの返済日は契約時にご自身で決めて、毎月その日までに返済していく形です。

都合の良い日を指定すればOKでですが、一般的には給料日の数日後当たりに指定しておけば、返済に無理が生じなくていいですよね。

約定返済日がエクセルの休業日に当たった場合には、翌営業日が約定返済日になります。

エクセルのメリット・デメリットは?

それでは最後にまとめとして、エクセルを選ぶメリットとデメリットをご紹介しましょう。

エクセルがご自身にあう消費者金融なのかを是非チェックしてくださいね。

【エクセルのメリット】

  • 審査が柔軟でブラック属性の方も門前払いされない
  • 審査結果がでるまで時間が30分ほどと短い
  • エクセルは店舗に行くことで契約、借入が可能
  • 電話対応が中小消費者金融としてはソフト
  • エクセルは増枠が比較的容易
  • おまとめローンや事業者ローンの扱いもある

審査が柔軟で、比較的大きな枠をもらいやすいというのはメリットですね。

また増枠にも積極的という声も多く、人気なのもわかります。

【エクセルのデメリット】

  • ネットでの契約だと融資までに1週間程度かかる
  • フリーキャッシングは総量規制の対象になる
  • エクセルは在籍確認は必ず行う必要がある
  • 自動引き落としでの返済には対応していない
  • 返済に遅れると厳しい対応をされる

インターネットの申込みで融資までに時間がかかるのはデメリットですね。

逆に店舗に行くことができれば即時融資も期待出来るので、近場の人にはオススメ出来ます。

大手消費者金融の審査に落ちた人は、一度検討して欲しいのがエクセルですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする