ベティー教育ローンは、仮審査結果がその場でわかる!申し込み詳細

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

ベティーローンの教育ローンお申し込み詳細(消費者金融会社)

   ※終了しました ■ 受付は女性スタッフオンリー
■ 仮審査結果をその場で返答!
■ お子様の教育やご自分の勉強にもどうぞ!

オリエント信販のレディースキャッシング、ベティーローンの教育ローンは保育園~大学生までのお子様を持つご両親の方やご自分の方の勉強を始めたい方に特にオススメ。

《関連商品》
ベティーローン
ベティーローンのフリーローン
ベティーローンの旅行ローン
ベティーローンの結婚ローン
ベティーローンの出産ローン

他社利用 可能
返済シュミレーション あり
お試し審査 なし
知名度 ★★★★☆
パート・アルバイト 可能
即日融資 可能
土日祝日の融資 —–

【ベティーローンの教育ローン詳細データ】

融資限度額 1~100万円
お利息 25.55%~29.20%
審査・融資時間 仮審査結果はお申込後、すぐに回答。その後本審査通過後、ご指定口座にお振込みしてくれます。
入会金・年会費 なし
返済方式 元利金等返済
返済方法 銀行振込みなど
申し込み資格 保育園~大学生までのお子様を持つご両親の方やご自分の方の勉強を始めたい方
担保・保証人 原則として不要
遅延利率 29.20%(実質年率)
必要書類 授業料・入学金・教材費の納付書(ご入学の6ヶ月前後の物)*注文書・請求書でも可

民間の教育ローンと銀行の教育ローンの違いは

今は教育にもローンを利用する時代です。
それくらい子供の教育費にお金を使う時代になってきています。

もちろんローンを使わずに教育費を払えればいいのだけど、不景気の時代になかなかそういうわけにはいきません。
子供は少子化でたくさんいる時代ではないので、そこまで教育費がいるのかと思っている人もいると思います。

ですが、膨大なお金を使うのは大学費用だけではありません。
今は、地域によってはお受験も普通ですし、中学から私立に行ったらそれこそ莫大な養育費がかかるのです。
なかには、子供の養育費にお金をたくさん使いたいという家庭もあります。
そんな家庭の味方になってくれるのがこの教育ローンなのです。

では、どのように教育ローンをやっていったらいいのかというと、まずはどれくらい前から準備したらいいかです。
融資希望日3ヶ月前から受け付け可能なので、受け付けが可能になったらすぐに申し込みをするといいです。

ローンとかお金の関係は出来るだけ早く準備しておくのにこしたことはありません。
直前になって慌ててると不備があるといけないので、前もって準備をしていきます。

現在では、ベティー教育ローンは存在しない為、オススメする教育ローンに楽天銀行がありますが、楽天銀行だと奨学金との併用も可能ですし、ネット銀行ならではの低金利を実現しているので、安心して借りる事が可能です。

そして、なかには共働きの家庭で時間がなかなか作れないという家庭もあると思います。
そんな人に簡単に済ませる方法として、アプリで手続きも出来ます。
ご契約の必要書類はスマホのアプリを利用してすぐに送付が可能ですので、めんどう来店は一切不要です。

お申し込みは全てWebだけで出来るので簡単でオススメです。
またなかにはついうっかりしてしまって納期に間に合わないという場合もあるかもしれません。
そんな場合にも最短で翌営業日に融資出来るので、万が一ギリギリになってしまっても大丈夫です。

楽天銀行では申し込みから融資まで、最短で2営業で完了して、楽天銀行から大学へ直接お振り込みをするので更にスピーディーにできます。
返済方法も様々なやり方があり、毎月元利均等返済からボーナス併用分割払い、在学中元金据置返済もあります。
ですが、さらにオススメなところは親子リレー返済というものがあり、就職後はお支払いをバトンタッチして親子で協力してご返済も可能なので、子供にお金を使いたいけど自分たちだけでは不安という人も安心して借りることが出来ます。

そして、在学中は保護者の人の口座からお支払いをして、卒業後には学生さんの口座へお支払い口座が変更できるのです。
借りられるところは楽天銀行だけでなく、他の銀行もやっているので、自分に合ったところから借りる事が大事です。

教育ローンには国の教育ローンと民間の教育ローンがあり、それぞれに特徴があります。

まず、国の教育ローンとは、公的な制度になるので、世帯年収による利用制限や母子家庭の優遇など配慮があることが大きな特徴です。
「日本政策金融金庫」という国が運営している団体で銀行とは異なり、基本的は融資をすることが主な業務です。
金利は、2015年で固定で2.75%となっています。
低金利な上に今後景気が良くなっていったとしても変わらない金利で利用し続けるの安心できます。

また、基本的には担保や保証人は必要ありません。そのかわり保証料を払わなければいけません。
ですが、10年の返済期間で5万円ちょっとなのでそれほど負担になる金額なので大丈夫です。
使いみちは入学金や授業以外にも受験費用やアパートで生活を始めた時の費用、教科書代、国民健康保険の保険料まで幅広くカバーしてくれます。

しかし、反面、世帯の年収に制限があるので、注意が必要です。

次に、銀行の教育ローンの特徴ですが、まず金利は固定金利と変動金利を選ぶことができるところがほとんどです。
多くの銀行の教育ローンの金利は2%台後半から3%後半くらいです。
しかし、2%台の教育ローンはほとんどが変動金利となっています。

また、銀行によっては担保が必要な代わりに低金利の教育ローンを提供している場合があります。
しかし、ほとんどの銀行が担保不要となっています。
保証人は保証会社の保証を受ける場合がほとんどなので不要です。
使いみちは入学金、授業料以外にも教育関連資金全般をカバーしてくれるところがほとんどです。

しかし、生活資金や月々の家賃などの出費を証明するのが難しい物には使えない銀行もあるので、注意する必要があります。
そして、注意点は銀行によっては支出したことが分かる書類が必要だったり、金額の明細の分かる書類を提出しなければいけないこともあるので、借りる前にきちんと確認しておく必要があります。
また、前年度の所得が200万円以上という条件があったりするので、これより低い年収の人は借りられない事があります

このように、国と民間では若干の違いがあり、どちらがいいのかというのはいえないのですが、国の教育ローンは借りられる世帯所得の年収が決まっており、上限が790万が上限になるので、共働きだと利用が出来ない可能性もあります。
しかし、銀行の方はそういった上限はないので、世帯年収がいくらであっても借りられます。

国の教育ローンの方が所得が少ない家庭や母子家庭のような家庭を救済するという考え方が強いです。
そのため金利も低く設定されているので、年収が少なく家計が苦しい家庭の味方です。
銀行ローンの方が、所得制限がなく、審査にも通りやすくなっています。
こうしたお互いの特徴を考えながら上手く利用することが大事です。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする