山陰合同銀行ごうぎん教育ローン「がくえん」金利、申込方法詳細

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

山陰合同銀行ごうぎん教育ローン「がくえん」お申し込み詳細

 詳細はこちらから

■ 教育に関する、あらゆる資金に利用できるカードローン
■ 合格前でも申し込みをすることが出来る
■ パートタイマーやアルバイト、年金受給者も利用できる

山陰合同銀行が提供している「がくえん」というのは、教育ローンの一種となっていて、教育ローンとカードローンが合わさったタイプのローン商品となっています。

基本としては教育ローンの内容に遵守しているために、教育に関することなら何でも利用することが出来るということが特徴的です。

さらに、山陰合同銀行の「がくえん」はパートタイマーやアルバイト、年金受給などで生計を立てている方も利用することが出来るローン商品となっているために、審査の基準に関しては一般的な教育ローンよりも低くなっているということが挙げられます。

ただし、山陰合同銀行の「がくえん」はローン商品の一種となっていますので、当然のことながら返済能力に対しての利用限度額が設定されるということになりますので、その点に関しては注意するようにして下さい。

山陰合同銀行の「がくえん」では、学校に合格する前に申し込みをすることが可能になっていますので、受験費用などで困っているというような場合でも申し込みをすることが出来るということになります。

返済シミュレーション あり
お試し審査 あり
知名度 ★★★★★
パート・アルバイト 可能
即日融資 最短1週間程度で融資が実行される
土日祝日の融資 可能

【山陰合同銀行ごうぎん教育ローン がくえん 詳細データ】

融資限度額 10~1,000万円
お利息 2.15%~4.60%(実質年率)
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
返済方法 口座振替返済、またはATM返済
申し込み資格
  • 申し込み時の年齢が満20歳以上の方
  • 完済時の年齢が満75歳未満の方
  • 中学校、高校、大学、予備校へ入学または在学されるお子様の保護者の方、または本人
  • 安定して継続した収入がある方
担保・保証人 原則として不要
遅延利率 14.5%(実質年率)
入会金・年会費 なし
必要書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 利用限度額の希望額が300万円を超える場合は、所得証明書類(以下の(1)~(2)のいずれか1点)
    (1)源泉徴収票
    (2)確定申告書
  • 在学を確認することが出来る書類(以下の(1)~(3)のいずれか1点)
    (1)合格通知書
    (2)在学証明書
    (3)学生証
  • ※ 他社の教育ローンから借り換えの場合は下記の書類(以下の(1)~(2)のいずれか1点)
    (1)返済明細等お借入残高が確認できる資料
    (2)通帳等直近の返済が確認できる資料

山陰合同銀行の「がくえん」を利用する際の手続きの流れについて

こちらでは山陰合同銀行が提供する「がくえん」を利用する際に発生する手続きの全体的な流れについて詳しく紹介していきます。

まずは申し込みから利用開始に至るまでの流れについて紹介していきますが、山陰合同銀行の「がくえん」では、下記の6つのステップによって構成されていることが特徴的です。

  1. 電話もしくはインターネットから申し込みをする
  2. 審査が開始されて、結果が電話で通知される
  3. 契約書類が自宅に郵送される
  4. 契約書類の必要事項を記入して返送する
  5. 専用のローンカードが発行されて、自宅に郵送される
  6. ローンカードを受け取り次第、利用を開始する

このような流れになっていて、全体の流れだけを見ていると一般的に提供されている銀行系カードローンと変わらないということが挙げられます。

しかし、山陰合同銀行の「がくえん」は教育カードローンとなっていますので、手続きの流れについては一般的な銀行系カードローンでも、詳細な手続きについては通常と少し異なる部分があります。

その中でも特徴的なのは、提出が求められる必要書類となっていて、山陰合同銀行の「がくえん」を利用する場合は、本人確認書類や所得証明書類の他にも学生であるということを証明する書類を準備しなければいけません

これらの書類は学校から発行されるタイプのものや、生徒が事務局に申請しなければならないものまで多岐に渡るますので、予め準備をするということをオススメします。

それではもう少しだけ詳しく紹介すると、申し込みの際にはインターネットもしくは電話から手続きをするということになりますが、契約締結の際には契約書を自宅に郵送してもらうという方法の他にも、店頭窓口に来店して手続きをするという方法も用意されています。

スピードに優れているのは、こちらの方法となっているために、時間に余裕がないという方の場合は店頭窓口に来店して手続きをするようにして下さい。

山陰合同銀行の「がくえん」では、アルバイトやパートタイマーで生計を立てている方も利用することが出来るタイプの教育カードローンとなっているために、年収や勤続年数に関係なく申し込みをすることが出来ます

希望額に達していない可能性もありますので、その点も含めて気になるポイントがあるという方の場合は、山陰合同銀行のサービスセンターに問い合わせをすると良いでしょう。

山陰合同銀行の「がくえん」の借り入れ方法や返済方法について

こちらでは山陰合同銀行の「がくえん」を利用することが出来るようになった後の、借り入れ方法や返済方法について詳しく紹介していきます。

まずは借り入れ方法から紹介していきますが、山陰合同銀行の「がくえん」では借り入れをすることが出来る期間が限定されていて、入学前か在学期間中しか借り入れの手続きをすることが出来ません

肝心の借り入れをする方法に関しては一般的なカードローンと同じように、山陰合同銀行が提携している金融機関のATMから借り入れをすることが出来ます。

ATMから借り入れをするということは、利用するATMによって利用可能時間や手数料が異なるということになりますので、現在の自分の状況に合わせて利用するATMを変えたほうが良いでしょう。

山陰合同銀行の「がくえん」は教育カードローンとしても珍しいタイプになっていて、大学や高校などに入学する前から利用することが出来ます

ただし、入学が確定していない段階では利用することが出来ませんので、入学前から利用を開始したいという場合には、大学や高校が発行する合格通知書を提出しなければいけませんので、その点については忘れないようにして下さい。

次に返済方法について紹介していきますが、山陰合同銀行の「がくえん」を利用する際の返済というのは、主に2つの期間に分けられているということが特徴的です。

2つの期間というのは、在学期間中と卒業後の2点となっていて、在学期間中の場合は利息のみの返済を続けるということになり、卒業後は利息と元金の返済をするということになります。

肝心の返済方法に関しては指定した口座からの自動引き落としとなっていて、これは在学期間中でも卒業後でも変わりません。

また、自動引き落とし以外の返済をしたいという場合には、提携ATMからローンカードを使って入金をすることによって任意返済という繰り上げ返済をすることが可能になっています。

任意返済を利用することによって、早期に元金を返済することが出来るということになりますので、結果的に支払う利息の総額を減らすことが出来るということにも繋がります。

そのため、在学期間中の場合でも返済資金に余裕がある場合は積極的に任意返済を利用した方が良いということになります。

ただし、学生の本分は学業にあるとされていますので、返済をするために無理なアルバイトを増やして学業が疎かになるような状態ならば、ゆっくりと返済をしたほうが良いでしょう。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする