PayPayアプリから借入出来る?注意点やメリット・デメリットを調査!

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

PayPayアプリからお金を借りることが出来るのでしょうか?

最近は様々な〇〇Payというのがありますが、PayPayはその中でも一番有名ではないでしょうか?

若者向けのサービスが増えてきた印象もありますし、簡単にお金が借りられるようになったイメージもありますね。

そこで今回はPayPayアプリからお金を借りる方法や、審査の事。

そして注意点やメリット・デメリットもまとめてご紹介しましょう。

PayPayアプリでお金を借りれるの?

PayPayといえばコンビニやスーパーでの買物で利用する決済アプリですよね。

PayPayアプリでお金を借りれるなんてあまり考えた事も無いかもしれません。

しかし結論から言うとPayPayアプリでお金を借りることは可能です!

PayPayとジャパンネット銀行で提携を結び、2020年5月28日から小学ローンを開始し、2021年4月5日には、ジャパンネット銀行がPayPay銀行に名称変更も行っています。

また2020年5月28日に新しくミニアプリに追加された機能でお金を借りられるって事ですね。

従来のキャッシュレス決済機能に加えて、少額ローン機能が利用できるので便利です。

それではどのように操作するのかご紹介しましょう。

[PayPayアプリから借入する方法]
  1. PayPayアプリを開いて「その他〉お金を借りる」の順にタップ
  2. PayPay銀行カードローンに申し込みをして借りる流れになります

とても簡単に借りる事ができますよ。

PayPay銀行カードローンはどんなサービスなの?

PayPay経由で利用出来るPayPay銀行カードローンの基本情報についてご紹介しましょう。

PayPay銀行のカードローンは既に普通預金口座があれば、最短翌日にはお金を借りられるので、少しでも早くお金が必要な方にオススメ!

またネット銀行の傾向として、大手メガバンクに比べると審査通貨の期待値が高い傾向にありますね。

学生から主婦の方まで、幅広い方が利用出来るカードローンですね。

PayPay経由で借入する時の審査基準は?

PayPay経由でお金を借りられると行っても誰でも利用出来る訳ではありません。

PayPay銀行カードローンの審査に通過する必要がありますよ。

申し込み前に審査の基準になる条件や、抑えておくべきポイントについて確認しておきましょう。

PayPay経由でお金を借りるための審査条件は?

PayPay経由でお金を借りるための条件は以下のようになっています。

  • 申込時の年齢が20歳以上で70歳未満の方
  • 仕事をしていて安定した収入のある方

利用出来る年齢は20歳~70歳になっています。

PayPayは未成年でも利用出来ますが、お金を借りるのは成人になってからなのでそこは注意ですね。

18歳や19歳の未成年や学生の場合は他の銀行でもカードローンは利用出来ないので、同じです。

またもう一つの条件は「安定した収入のある方」ですが、収入面の審査基準は各金融機関により異なっていて、明確には公表されていません。

それでも一般的には「継続的に収入があるかどうか」が重視されます。

収入が多くなくても、毎月継続して給料を得ていれば審査に通る可能性は高いですよ。

例えば収入が10万円前後のパートの主婦でも継続して2年以上働いていれば、審査に通る可能性がある一方で、会社員でも1年未満で転職を繰り返しているような人は、収入が不安定と判断されて、審査に落ちる可能性もあるので注意しましょうね。

PayPay経由でお金を借りるときに必要な書類は?

PayPay経由でお金を借りる為に、まずはPayPay銀行の口座を開設しましょう。

新規口座の開設には、以下のような本人確認書類の提出が求められますよ。

PayPay銀行の口座開設に必要な本人確認書類を見たところ、印鑑証明書の原本、住民票の写しの原本以外はいずれか2点、または補助資料になっています。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 印鑑証明書
  • 住民票

本人確認書類はスマホで撮影後、アップロードしての提出でもOK!

外出先からでもPayPayアプリを開いて、手持ちの運転免許証をアップロードすれば、カードローンの申し込みが可能ですよ。

既にPayPay銀行の口座を持っている人も、初めてカードローンを利用する時は本人確認書類の提出が必要です。

PayPayでクレジットカード払いにすると審査に通りやすいの?

カードローンの審査に通りやすくするためのコツとして、クレヒス(クレジットヒストリー)を積み上げておくのが有効ですよ。

クレジットヒストリーは信用情報ですが、カードローン審査の重要な指標になります。

クレヒスは、個人が過去に利用したローンやクレジットカードの履歴が記録されたものなので、今までにきちんとした記録が残っていれば、信用度が上がり、ローンの審査で有利になる可能性がありますね。

普段からPayPayを使っている人は、口座から直接引き落としではなく、クレジットカード払いにしておくと、良いかと思いますよ。

PayPayをクレジットカード払いするなら「ヤフーカード」がオススメ!

PayPayをクレジットカード払いにするのなら、「ヤフーカード」を使うのがオススメですよ。

ヤフーカードでPayPayを利用するとこちらのメリットがありますよ。

  • PayPayボーナス基本還元(0.5%~1.5%)を受けられる
  • PayPay残高にチャージができる

ヤフーカードは他社のクレジットカードでは利用できない、PayPayの基本還元やPayPay残高への直接チャージが可能です。

PayPayを運営するヤフーが発行為ているクレジットカードだけあって、多くの優遇を受けられますよ。

PayPayからお金を借りる流れと融資までの時間は?

実際にPayPayからお金を借りるまでの流れをご紹介しましょう。

まずはPayPayアプリを開いて「お金を借りる」のアイコンを選択してください。

画面にそって操作をすると、PayPay銀行の申し込みフォームへ進むので、必要項目を入力していきましょう。

申し込みが完了すると審査がスタートします。

申し込み後の案内に沿って、本人確認書類を提出しますが、郵送で送ると審査に時間がかかるので、撮影してスマホやパソコンから送ると迅速に進められますよ。

審査結果は「仮審査」と「本審査」の2回にわけて行われます。

仮審査は最短60分程で、本審査は最短翌日になっていますね。

無事審査に通過すると、登録したメールアドレスに限度額が通知されます。

初めてPayPay銀行の口座を申し込む人は、PayPay銀行のキャッシュカードを受け取った後に、お金を借りることができます。

キャッシュカードは最短5日で届くと公式サイトには記載されていますが、1週間以上かかることも多いので、余裕をもって申し込むようにしましょう。

キャッシュカードを受け取り、初期設定が完了すると、カードローンの利用がスタートできます。

口座開設も申し込んだ人は、初回の融資のみすでに持っている他の銀行の口座に振込が可能です。

キャッシュカードが届く前に借りられるので、最短で申し込みの翌日はお金を借りれる可能性がありますね。

PayPay経由のカードローンの申し込みでも在籍確認はある?

PayPay銀行に限らず、ほとんどのカードローンに申し込むと、勤務先へ在籍確認の電話がかかってきます。

在籍確認の電話は、申込者が本当に職場に勤めているかを確認する目的ですが、必ずしも本人が出る必要はありません。

PayPay銀行の在籍確認の場合は、当たり障りのない確認が行われるようです。

PayPay経由でお金を借りるメリットは?

PayPay経由でお金を借りると、下記のようなメリットがありますよ。

郵便物無しでバレずにお金を借りられる!

PayPay経由でお金を借りると、家にカードローン関連の郵便物が届くことがないので、家族や同居人に借入をしていると知られる可能性が減ります。

申し込み後には、PayPay銀行のキャッシュカードが郵送されるので、「新しい口座を作った」とだけ伝えておけば、怪しまれにくいと思います。

また、カードローンで借入をする場合は、「ローンカード」と呼ばれるカードを使って借入返済の手続をします。

PayPay銀行ではローンカードを発行せず、アプリを通して借入の手続ができますよ。

最初の30日は無利息で借りられる!

PayPay銀行のカードローンは、新規契約者の特典として最初の30日間は無利息で利用できます。

最初の1ヶ月は利息0円で借りられるのは本当にメリットですよね。

銀行カードローンで無利息期間が設けられているケースはほとんどありませんし、PayPay銀行ならではのサービスでしょう。

24時間いつでも提携ATMで借入できる!

PayPay銀行の借り入れは、24時間いつでも受け付けています。

土日や祝日とわず、アプリで申請するとすぐに口座にお金が入金されるので、お金が必要になった時はすぐに用意できます。

PayPay銀行口座へ入金されたお金は、近くの提携ATMで引き落としが可能ですよ。

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ローソン銀行
  • コンビニATM E-net
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行

提携ATMの利用手数料は、毎月最初の1回は入金・出金共に無料になります。

2回目以降の利用も3万円以上の取引であれば、手数料は0円で利用出来ますよ。

PayPayでお金を借りるデメリットは?

PayPayでの借入は、スマホ経由で簡単に手続き出来る便利なサービスですが、中にはデメリットもありますので、そちらも紹介しておきましょう。

良い所ばかりじゃなくて、悪い所もしっかり覚えておいてくださいね。

即日融資でお金を借りることはできない!

銀行カードローンの審査は本審査に時間がかかるので、即日融資には対応していません。

すぐにお金を借りたい人は、即日融資対応のローンを申し込むようにしましょう。

金利が18%と銀行カードローンの中では高め!

銀行カードローンは消費者金融と比較すると、低い金利でお金を借りられる可能性が高い点がメリットです。

PayPay銀行カードローンの上限となる金利は、他の銀行カードローンと比較して少し高めに設定されています。

各銀行カードローンの条件金利と比較してみましょう。

【限度額10万円で契約した場合の金利】

銀行名 金利
PayPay 年18%
樂天銀行カードローン 年14.5%
三菱UFJ銀行 バンクイック 13.6%~14.6
三井住友銀行カードローン 年14.5%
みずほ銀行カードローン 年14.0%
りそな銀行カードローン 年13.5%

他の銀行では14%前後の金利が多いですが、PayPay銀行カードローンは18%と高く設定されていますね。

4%金利が違うと、返済額は下記のように違いが出ますよ。

【10万円を6ヶ月借りた場合】

  • 金利14%の場合:利息は約4124円
  • 金利18%の場合:利息早く5318円

1000円程度の差が出てるのが分かりますね。

借りる金額や期間が長くなるほど、支払う利息も増えるので注意が必要です。

金利の低さで選ぶなら、PayPayではなく他の銀行カードローンを選んだ方が良いと言えますね。

樂天銀行カードローンはネットバンクであるため、他のメガバンクのカードローンよりも利用しやすい傾向があります。

他に注意するべき事は、PayPayで借りたお金は、直接PayPay残高にチャージしての利用はできません。

借りたお金は一度PayPay銀行の口座に入金されるので、PayPayへチャージするには自分で送金する手間が発生してしまいます。

あらかじめ使用するPayPay銀行の口座をアプリに登録しておけば、スムーズに送金ができますよ。

まとめ

PayPayアプリから借入する方法についてご紹介しました。

PayPayでお金を借りるのは、下記の条件に該当していれば可能ですよ。

  • 収入が安定している
  • 支払いを延滞していない
  • 年齢が20歳以上70歳未満である

ただし、上記の条件を満たしていても、あくまで審査基準に該当しただけなので、必ずしもカードローン審査に合格するわけではありません。

そのためPayPayでお金を借りたい人は、仕事内容や毎月の支払いをしっかりこなすなど、丁寧な準備を怠らないようにしましょう。

また、PayPayにはカードローン以外にも、多彩な機能が複数搭載されています。

手数料なしの送金やポイント資産運用など、お得で便利な機能がありますよ。

まだPayPayを利用したことがない人は、是非一度アプリをインストールしてくださいね。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする