東大和市のキャッシングは店舗は少ないが若い男性の利用が多い

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

1.東大和市ってこんなところ

それでは手始めに東大和市の概要について見ていきましょう。

東大和市は東京都多摩地域の北部に位置しており人口は8万人ほどの市です。

産業が盛んで、工業系いけば森永乳業の工場、カワイ化粧品、制御用精密小型モーターなどの研究開発部門を担う日本パルスモーターテクノセンターなどが軒を連ねます。

商業でいけばイトーヨーカドー、the market Placeが出店をしています。

さらに農業面でも狭山茶、多摩湖梨、東京りんごの栽培を行っているなど非常に多岐渡って特徴を持っています。

また、公共施設も非常に充実をしており、ハミングホールと呼ばれる市民会館をはじめ、東大和ロンドみんなの体育館、東大和市ロンドみんなのプール、東大和市立郷土博物館、東大和市立中央図書館、各地公民館、東大和市ロンドテニススクエア、東大和市ロンド桜が丘フィールド、東大和市ロンド上仲原野球場など基本的に揃っていない施設がありません。

さらに、教育機関も多数存在しています。なんと市立の小学校は、第一から第十まで10校あります。

さらに中学でも第一から第五までの5校、高校は2校という具合に教育機関も非常に充実を見せています。

そのため、子育てをする親御さんからすれば非常に教育をしやすい環境という事が出来ます。

戦後直後は人口が約1万人ほどの市でしたが、その後大規模な都営住宅および大規模団地の建設が始まり人口が急増する事になります。

さらに多摩都市モノレール、西武拝島線、青海街道、新青海街道といった交通網が張り巡らされている事もあり、移動は非常に便利です。

地域の行事も非常に多い土地柄で、産業まつり、ふれあい市民運動会、市民文化祭、ロードレース大会、うまかんべぇ~祭、ひがしやまとスイーツウォーキングなどありとあらゆる類の祭りを行います。

また、余談ではありますが、この土地出身の著名人が案外多く、俳優の柳楽優弥さん、プロ野球読売ジャイアンツの岩隈久志投手、元プロ野球読売ジャイアンツ打撃コーチ江藤智氏、同じくプロ野球広島カープ菊池涼介選手、サッカージュビロ磐田高橋祥平選手など名選手を輩出しています。やはり崖っぷちから這い上がった街の活気が選手にも移ったのでしょうか。

2.人口構成から見る東大和市のキャッシング事情

それでは本題のキャッシング事情について見ていきたいと思います。

先ずはキャッシング事情を大きく左右する人口構成についてチェックを行っていきます。

全国平均に比べるとそれほど変わった特徴は見られず平均的な人口構成と言えますが、総人口については1965年ころから一気に増加してからずっと右肩上がりで来ています。

総人口についてはまだ伸びそうな傾向を見せていますので、今後注目です。

次に昼夜間人口比率についてですが、こちらは約0.8%と比較的低めの結果になっています。

ここから読み取れるのはこの地はベットタウンとして利用されている可能性が高いという事です。

また、通勤者・通学者別に見た時にもいずれも外に出ていく人が多い事から、市内に唯一ない大学への進学で外に出る可能性が高い事が分かります。

ここまでのデータからこの市のキャッシング事情を察するに主に働きに来ておりこの地に住んでいる社会人が利用するという事です。

または、この地に居住をしている専業主婦も利用をする可能性があります。
ただし一般的には女性の方が帳簿をつけたり管理するのが得意な事を考えるとキャッシングを使わなければいけない状態になるのは男性が多いのではないかと思います。

もちろんそれだけで決定を下すのは軽率ではありますが、十分に考えられる要因かと思います。

3.東大和市で借り入れ可能な金融機関


では、東大和市のキャッシング事情が少しずつ分かってきたところで実際にお金を借りるとなったらどこに借りる事になるかを見ていきましょう。

東大和市内で使えるのはプロミスとモビットの2つの金融機関になります。

プロミスは消費者金融系の会社の中では金利が多少安く、モビットカードを持っている事が家族にバレたくないという人には向いているでしょう。

合計すると3店舗になります。決して多い店舗数とは言えるものではありません。

もちろん3店舗運営をしている以上需要がある事は間違いないでしょうが、この地域に住んでいる人の利用頻度はそれほど多くはないでしょう。

それでも2社分店舗があるという事は1社目で借りていてもう1社にも借りに行く人もいるという事を少なからず表しているため、どちらかと言えば同じ人物が複数利用する事が多いのではないかと推測出来ます。

4.東大和市のキャッシング事情をまとめると

いかがでしたでしょうか。
ここまで東大和市のキャッシング事情について様々な角度から述べてきました。

公共施設が近くに隣接していたり、小中学校が複数あったり教育をするにも非常にやりやすい地域である東大和市ですが、昼夜間人口比率が0.8%という数値が示すとおりに列記としたベットタウンです。

そして、そうなった際にキャッシングを利用していると考えられるのが出稼ぎに来ている若い男性のタイプかもしくはこの地に居住している女性です。

そして、再三申し上げるように女性の方がこういったお金の管理は得意である可能性が高い事から主な利用者は20代~40代あたりの若い男性ではないかと考えます。

利用可能な金融機関はプロミス2店舗とモビット1店舗の計3つです。
決して多いとは言えない数ですが、それでも確実に需要がある事は間違いありません。

また、複数店舗が存在するという事は1社目でキャッシングを利用した後に別の会社でキャッシングを利用するというような循環で利用している可能性も否定出来ません。

また、今後まだ人口は増えていく見込みがあるためますますキャッシング利用が増える可能もあります。
いずれにしても市内全域の人が利用しているというよりは特定の人が決まって利用している事が多いでしょう。
その場合、気をつけなければいけないのは返せない額を借りて、またそれを逃れようとして別のところから借りるという無限ループです。

そこに十分に注意を払ったうえであれば時にキャッシングを上手く使った良い買い物などを行うこともできるので、便利といえます。

東京都東大和市 キャッシングMAP


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする