昭島市のキャッシング利用は20代~30代主婦層のキャッシングが活発!

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

昭島市ってこんなところ

それではまず昭島市の概要を説明していきます。

昭島市は多摩地域にある人口約11万人の市になります。

1961年に発掘されたクジラの化石が同種類の化石が見つからなかった事から「アキシマクジラ」と命名され、今でも「くじらロード」として名前が残るなど盛り上がりを見せています。正式名称は「エスクリクティウス・アキシマエンシス」とされ、各地の博物館に展示されました。

8月には昭島市民くじら祭という催事が行われ、関連グッズも販売されるなど今なお人気を見せています。

また、それ以外にも日吉神社例大祭や、産業まつり、昭島郷土芸能まつりなど催事が多いことが1つの特徴と言えます。

そんな昭島市ですが、明治時代末期から製糸工場が盛んになり、大正時代には市域一帯が蚕産業を営むようになりました。東京の生糸生産のおよそ3割を占めていたとされています。

その後、昭和に入ると生糸の価格が暴落し、立川飛行場に近いという立地もあり軍需工場および陸軍施設が建設されるようになりました。

戦後は都市部へのアクセスが良い立地面を活かして主にベッドタウンとして発展をしていきました。

このように時代の流れに合わせて市を取り巻く産業が大きく変化を遂げてきたのが大きな特徴になります。

また、米軍横田基地が近い事もあり航空機の騒音防止対策として市内の公立学校には二重窓が設置されています。

ゆかりのある有名人としては、福山雅治さんがいます。18歳の時に昭島市に住んでいました。

また、元プロレスラーのアジャ・コングさんは摩辺中学校を卒業しています。

都市部へのアクセスも良い昭島市ですが、実は緑や自然が豊かで自然環境がとても整っている市です。

代表的なのはやはり多摩川で、多摩川を中心に多くの生態系が営まれています。

周辺には、水鳥公園、拝島自然公園、大神公園、多摩川緑地くじら運動公園等が存在し、都内とは思えない優雅な景観が広がります。

昭和天皇陛下御在位50年記念事業で開設された「国営昭和記念公園」は多くの催事イベントが催され、連日にぎわいを見せています。

人口構成から見る昭島市のキャッシング事情

それでは本題である昭島市のキャッシング事情について紹介していきます。

先ずはキャッシング事情に大きく影響する人口構成ですが、こちらに関しては特に大きな特徴というものはなく、全国平均に類似するような構成になっています。

20~30代にかけて人口比率が高く、同じく50~60代にかけても人口比率が高くなっています。

20歳まではほぼ横ばいで、30~50代と60代以降は減少傾向にあります。

また、男女比率に関しても他の地域で見られるような若い男性が多く、高齢の女性が多い分布となっています。

人口全体を見ると、増加傾向にはありましたが、ここ数年は横ばいが続いている状態です。

昼間人口は夜の0.9倍ほどでやはりベッドタウンとしての機能が強いと感じられます。

通勤・通学いずれも昼間に関しては市内に流入する数よりも、市外へ流出する数が多いです。

ちなみに、現在昭島市内には短期も含めて大学がないため、地域に住んでいる20代前後の若者は圏外、市外から来たというよりは元々住んでいる方が中心であると言えます。

これらから読み取れるキャッシング事情としては、20~30代および50代~60代にかけての主婦層がメインターゲットになってくることが予想されます。

昭島市で借り入れ可能な金融機関

昭島市で実際に借り入れをしようとすると、アコムが1店舗、プロミスが3店舗という状況です。

つまり、キャッシング自体があまり盛んではないという現状が伺えます。

ちなみにそれぞれの消費者金金融機関の特徴を簡単に述べておくと、
アコムは「即日融資が可能」「親バレ・家族バレを避けたい人にオススメ」
プロミスは「金利が他の消費者金融機関に比べて低い」「安定した収入源があれば主婦やフリーターであっても借入可能」「即日対応可能」
などがあげられます。

主婦層の方が利用するとすればより金利の安いプロミスを利用するでしょう。

また、先ほど大学は市内にないと説明しましたが、市内に住んでいる方で市外へ大学への通学目的で通っている人はいるでしょうから、そのような立場で家族にはキャッシングを利用している事がバレたくないという学生がカードを発行・利用している可能性が高いです。

絶対数としては少ないでしょうが、消費者金融が現に存在している事からも事実として認識出来るかと思います。

昭島市のキャッシング事情をまとめると

ここまで昭島市のキャッシング事情を主に人口配置から読み取れるデータを元に説明してきました。

先ずは前提としてキャッシング利用自体が少ない地域であるという事をご認識頂けたかと思います。

人口が11万人ほどという事も関係しているかと思いますが、それ以上に利用者が限られている事が最大の要因かと思います。

また、その利用者に関しては先ほどもご紹介いたしましたが、一定数は学生さんがいますが、それ以外は基本主婦層が多い印象です。

さらにボリュームゾーンとして掲げた20~30代と50~60代であれば圧倒的にお金が足りなくなるのは前者になりますので、必然的にこの市域でキャッシングを利用されるメインターゲットが20~30代の主婦層であると分かります。

その年代の方であれば、主な利用目的としては子供の教育費用や引っ越しや新居を構える際の頭金の準備などになってくるかと思います。

人生の転機で最もお金が必要になってくるタイミングでの一時的なキャッシング利用といったところが現実的なところかと思います。

ただし、先ほど人口分布を説明する際に申し上げた通り、20歳までの人口が横ばいとなっており、かつ総人口自体が同じく横ばい傾向にあるため、今後はキャッシングの利用額自体が市域全体で減少傾向になる可能性も否めません。

とは言え、すぐに変動が起こるものではないでしょうから直近は大きく変わる事はないでしょう。

昭島市は都内では珍しく自然豊かな土地柄ですので、今後新婚夫婦が子育てを考えて移住をしてくるケースも大いに考えられます。

東京都昭島市キャッシングMAP


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする