東京都西東京市のキャッシングはアコム・プロミス・レイクALSA・アイフルと業者豊富

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

1.西東京市ってこんなところ

それでは先ず西東京市の概要から紹介していきましょう。

西東京市は東京都多摩地域の東部にある人口約20万人の市です。

2001年に旧田無市と保谷市が合併する事で出来た21世紀最初の新設合併によって出来た市です。

2007年には他市と比較をし「報酬評議会」にて10%の報酬引き上げが答申され、これによって2008年4月より市長が月額8万5千円、議員は月額5万5千の報酬アップとなりました。

これに対して住民には増税という形で対応がなされたため市民が反発し講義をしましたが、決定が取り下げられる事はなく新聞やテレビなどでも取り上げられました。

ちなみに人口構成としては東京都にある25市の中で5番目とかなり規模の大きい市である事は間違いありません。

市内で有名な特産品と言えばあんこを用いたお土産が多く、多くの人が好んで食べています。

その他には、キャベツや梨なども名産物として名をあげており、都内に位置しながら農業への取り組みも見られる事が分かります。

また、西東京市民まつりや西東京市民文化祭など市民ぐるみの行事なども定期的に行われています。

出身著名人としてはプロ野球球団千葉ロッテの井口資仁監督や歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさんなどがいます。

それだけではなく、広い自然公園があり多くの自然に囲まれていたり、交通の便が良く便利だったりと都心と田舎の良いとこどりをしたような街並みになっています。

最近では人口が増えている事から新しく居住地が出来たりと開発が進んでいる面もありますが、町並みの整備に関しては今後されていく様子です。

ちなみに現在の「西東京市」というのは公募から集まったその他「けやき野市」「北多摩市」「ひばり市」「みどり野市」の計5つの中から選ばれたものです。

決定にあたっては市民意向調査を行いそこで最も票を集めたのが「西東京市」でした。
しかし方角だけをつけた安易な名前だと批判を受ける面もありました。
それ以外にも「東京都西東京市南町」などの方角が並ぶ住所が事があるため、少々見にくい面がある事は否めません。

2.人口構成から見る西東京市のキャッシング事情

それでは本題の西東京市のキャッシング事情についてご紹介していきます。

キャッシング事情を大きく左右する人口構成については全国平均と比べると20代から40代の方が多い傾向が伺えます。

また、若い男性の方が多く、高齢になるほど女性の方が割合が多くなります。

人口に関しては1980年に一度落ち込んでからは一度も失速することなく伸び続けています。

今もなお伸び続けており、市の開発も進んでいます。

また特徴的なのは昼間に同市にいる昼間人口を夜間人口で割った昼夜間人口比率が極端に低い事です。

東京23区及び25市の中では狛江、稲城に続く3番目の低い数値でここから西東京市がベットタウン的特色を大きく表しています。

オフィスや工場、学校などの人が昼間に集まる施設がなく住宅街が並んでいる事がここからも理解出来ます。

ここまでのデータからこの西東京市には出稼ぎに来ていたり単身で近くの市の会社に勤めている人が住んでいるため男性の比率が高くなる事が読み取れます。

逆に言えばベットタウンとしての役割をかなり果たしている市であると言い換える事も出来ます。

キャッシングを利用する層としては若手でお金もたくさん欲しい盛りの世代の男性であるという事が予想出来ます。

3.西東京市で借り入れ可能な金融機関


西東京市で借り入れをするとなると個人の方は、大手のアコムやプロミス、レイクALSA、アイフルが妥当ではないかと思います。

アコムが2店舗、プロミスが4店舗、レイクALSA2店舗、アイフル1店舗という状態です。

どちらかと言えばプロミスの方が金利が低いため人気であるという事が店舗の数からみても分かります。

しかし、20万人が済む都市に設置されている台数としては決して多くはない台数ですので、利用者はある一定数である事が考えられます。

先ほど出稼ぎで来ている方もいるのではないかという話をしましたが、特に男性の独り身となると家計の管理がいい加減になる可能性があります。

そのため、突発的にお金が必要になった場合などに先ほど紹介したような消費者金融で借り入れをしている可能性が高いと考えられます。

また、そういった人たちは一度借りたお金を返す前に次のところで新しく借りるという行動に出る事もあるため十分に注意をして借りる必要がある可能性があります。

いずれにしても20万人に対しての9店舗ですので、単純計算でいえばおよそ2万人に1台の計算となりますから台数が少ないのは間違いないでしょう。

言い方を変えればそれほどキャッシングの利用頻度が割合的に言えば多くないという事になります。

4.西東京市のキャッシング事情をまとめると

いかがでしたでしょうか。

ここまで西東京市のキャッシング事情について様々な角度から述べてきました。

人口減少が進むこのご時世でいまだに人口が増え続けている市で、今後ますます大きくなる可能性を秘めておりますが、この地が勤務地というよりはどちらかと言えばベットタウンとしての役割を担う事が多いでしょう。

そして、人口構成から見ても若い世代の男性が多い事から考え、キャッシングを利用する世代は働き盛りの20代から40代の間のお金が突発的に必要になった方々ではないかと考えました。

また、20万人という総人口数に対して全部で6店舗というキャッシング店舗の少なさから考えて、この地域自体あまりキャッシングが盛んではないという事が読み取れます。

そして、一般的に家計を管理するのは男性よりも女性の方が得意という事を考えると現時点でキャッシングを利用しているのはどちらかと言えば男性一人身の方が多いのではないかと予測出来ます。

そして、何度も申し上げているようにそのような人は借りた後に返す前に他のところからまた借り入れるという行為を繰り返す事があるので、注意が必要です。

今後人口も伸びていくため必然的にキャッシング利用人数は増えていくでしょうが、伸び率はそれほど期待できないでしょう。

恐らくは利用される方は今紹介したような特徴を持っている一定数の方に限られかと思います。

もしくは、それぞれの方々が勤務されている勤務地の最寄り駅でキャッシングを利用されているかもしれません。

東京都西東京市のキャッシングMAP


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする