小平市は人口が少ないがキャッシングがやや多いのは学生街だから?

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

小平市は東京都の多摩地域北部にある人口約19万4千人の市です。

隣接自治体は西東京市、立川市、東村山市、東大和市、東久留米市、国分寺市、小金井市とに囲まれています。

人口も少ない分、面積も狭い部類に入りキャッシングも多くは望めないかも知れません。

小平市の主要キャッシングの数は?

業 者 名 場 所
1、プロミスATM自動契約コーナー 1、青梅街道小平自動契約コーナー
2、三井住友銀行花小金井ローン契約コーナー
2、SMBCモビット自動契約コーナー 1、三井住友銀行花小金井ローン契約コーナー
3、アイフル店舗ATM 1、小平小川町店無人契約コーナー
4、アコムATMむじんくんコーナー 1、青梅街道小平小川町むじんくんコーナー
5、提携先「新生銀行カードローン レイク自動契約コーナー・レイクATM」 1、青梅街道小平小川町自動契約コーナー
6、バンクイックテレビ窓口ATM 1、鷹の台出張所テレビ窓口設置店舗
7、武富士無人契約コーナー **********

小平市のキャッシングは業者全てを合わせても8件と1つの市と言う観点では決して多い方であるとは言えません。

ですが、同等もしくはやや大きい都市よりも軒数があると言うことは間違いありません。

これは高校を始め、短大、4年生大学、専修大学の数が多い事に起因している可能性が強いと言えるでしょう。

面積が狭く、キャッシングが少ない地区はどうしても隣市や隣区へと流出するのですが、小平市は市内で収めようとする努力が見られ、今後も少しずつではあるものの増加傾向に向かう可能性は充分あります。

また、小平市は道路や交通整備においても一歩抜きんでています。

小平市の交通は東京の中心へ向かう青梅街道、五日市街道、西武鉄道新宿線及び拝島線が市を東西に結んでいます。

また南北方向には小金井街道、府中街道に加えて西武鉄道国分寺線、多摩湖線、JR武蔵野線が通りあらゆる場所へアクセスが可能な上、逆にあらゆる場所からアクセス出来ます。

市周辺から見れば、この位アクセスの良い街はないと言えます。

こうしたところも、ややキャッシングが多い理由の1つと言えるでしょう。

人口から見るキャッシング事情

面積が20.51㎢と言う事を考えると比較的キャッシングは少なく感じますが、人口から見るとどうでしょうか。

小平市の人口は約19万4千人です。

小平市の夜間人口は183,775人ですが、市外からの通学者及び通勤者、昼間残留人口の合計は160,499で昼は夜の0.873倍になります。

夜間と比較すると市内から市外へ出る人が53,528人と他地域と比較するとやや多く、キャッシングも小平市民が多く利用数と言うよりは、他地域から入ってくる人達の利用率が高い可能性が強いようですね。

キャッシングの少なさは闇金横行に関係する?

小平市にはキャッシングが少ないと言う事が判りました。

では、キャッシングが少ないと闇金が多いのでしょうか。

しかし、小平市には闇金、ソフト闇金と言った類のものはあるにはあるものの、特別多いと言う事はありませんでした。

その理由は人口比率で考えていくとキャッシングは特別少ないと言う訳ではないかも知れないからです。

また、この地域には高齢者が多くキャッシング自体の利用が少ないと見え、同時に闇金の需要がないので少ないと言えるのではないでしょうか。

闇金、闇金というが消費者金融とどう違うんだ?と言う人も多いかも知れません。

しかし、ソフト闇金ですら10日で20%もの利息がつきます。

10万円借りた場合、10日で120,000円、20日で144,000円、1ヶ月となると実に172,800円と言うトンデモない返済額が請求されます。

そもそも闇金に手を出すほど金銭的に困窮している人が翌月に倍額に近い金額を返済できる筈もなく、際限なく借金が膨れ上がっていくのです。

小平市の観光地とキャッシングの因果関係は?

小平市には特別有名な観光名所と言うのは少ないと言えます。

小平市で目立った観光地と言えば「日枝神社」、「玉川上水緑道」、「平櫛田中彫刻美術館」など大人向けの観光地ばかりです。

その大人向けの観光地も少なく、市をあげて観光誘致を行っている事もなさそうで、そういう意味では観光でのキャッシング利用者はほとんど見込めないと言って良いでしょう。

また、昼夜の人の出入りも極めて少なく、わざわざ小平市でキャッシングする必要がないと言った感じです。

ただ、大学や専門学校の数はかなり多く、いわゆる消費者金融利用世代が流入してきますので、そういった意味ではこの数は最低限必要なのかも知れません。

人口や面積が近い市と比較しても小平市が”ややキャッシングが多い”のはそういったところに理由がありそうです。

まとめ

今回は東京都の小平市のキャッシングにスポットをあててみました。

人口も少なく、面積も狭い同市ですが、キャッシングは多いとは言えないものの、同程度の他市と比較するとやや多いとろが特徴的でした。

観光スポットなどはないものの、大学や専門学校が多い事で学生による利用が見込まれるところがその理由の様です。