千葉興業銀行カードローン「リリーフ」申込、審査、金利、提携ATM詳細

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

千葉興業銀行カードローン「リリーフ」お申し込み詳細

■ 利用限度額は最大1,000万円に設定可能
■ フリーローンとの同時申し込みも可能
■ 千葉興業銀行の住宅ローンを利用すると、金利1.0%引き下げ

千葉興業銀行のカードローン「リリーフ」は、高額の利用限度額がセールスポイントのカードローンとなっています。

そして、一般的に利用されやすいタイプのフリーローンと同時に申し込みをすることも可能になっていますので、リリーフの審査に通過することが出来なかった場合でも、フリーローンを利用することが出来る可能性があります

その際に、余計な時間を削減することが出来るというのもメリットの一つになっていますので利用者にとって嬉しいポイントが多いカードローンだということです。

返済シュミレーション あり
お試し審査 なし
知名度 ★★★★★
パート・アルバイト 可能
即日融資 最短1週間~2週間で融資が実行される
土日祝日の融資 可能

【千葉興業銀行カードローンリリーフ 詳細データ】

融資限度額 30~1000万円
お利息 3.9%~14.6%(実質年率)
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
返済方法 口座振替返済、またはATM返済
申し込み資格
  • 満20歳以上~60歳未満の方
  • 安定して継続した収入がある方
  • 千葉興業銀行の他のカードローンを利用していない方
  • 株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けることが出来る方
  • 当行の営業区域内に居住または勤務先がある方
担保・保証人 原則として不要
遅延利率 14.6%(実質年率)
入会金・年会費 なし
必要書類
  • 不明

千葉興業銀行のリリーフを利用する際の、全体の流れについて

千葉興業銀行のリリーフは、カードローンとフリーローンの同時申し込みが可能な高額の利用限度額を設定することが出来るカードローンです。
リリーフが高額の利用限度額を設定することが出来るカードローンとなっているために、審査に通過することが難しく、結果的にフリーローンを利用することになるという方も非常に多いですが、高額な利用限度額を設定することが出来るというのは、大きな魅力となっています。

こちらでは、そんな千葉興業銀行のリリーフを利用する際に発生する、申し込みから利用開始に至るまでの全体の流れについて詳しく紹介していきます。

リリーフでは、申し込みから利用開始に至るまでに、5つのステップによって構成されています。

  1. インターネットや電話、FAXから申し込みをする
  2. 審査が開始されて、審査結果が電話で通知される
  3. 千葉興業銀行に来店もしくは郵送で契約締結の手続きをする
  4. ローンカードが発行されて、自宅に郵送される
  5. ローンカードが到着次第、利用を開始する

このような流れになっていて、申し込みから利用開始に至るまでの時間については、2週間程度となっています。

そのため、消費者金融系カードローンのように、申し込みをした即日に利用を開始することが出来るというようなものではありませんので、その点に関しては注意するようにして下さい。

それでは、申し込み方法から順を追って紹介していきます。

千葉興業銀行のリリーフでは、下記の3つの申し込み方法が用意されています。

  • パソコンやスマートフォンを使って、インターネットから申し込みをする
  • 千葉興業銀行の営業時間内に電話で申し込みをする
  • FAXを使って、申し込み書類を送付する

これらの申し込み手段を利用することによって申し込みの手続きを完了させることが可能です。

この中でもオススメなのは、365日24時間の受け付けが可能になっているインターネットからの申し込みとなっていて、パソコンやスマートフォンの操作に慣れている人の場合は、5分~10分ぐらいで申し込み手続きを完了させることが出来ます。

その他の手段の場合は、手続きが面倒になっていたり、時間に制限が加えられていたりと、様々なデメリットがありますので、インターネットからの申し込みが最も早く手軽に出来るためにオススメとなっています。

申し込みの手続きが完了すると、次は審査が開始されますが、審査の結果が通知されるまでには数日ほどの時間が掛かってしまうケースもあります。

その際の連絡方法については電話で通知されることになりますので、連絡が取れるように準備をしておくようにして下さい。

審査に通過することが出来ていると、次は契約締結の手続きをしなければいけませんが、リリーフの契約締結の手続きでは、千葉興業銀行の窓口で手続きをするか、郵送で契約書類を自宅に送ってもらって変装をするかの2パターンしか用意されていません。

そのため、急ぎの場合は最寄りの千葉興業銀行の窓口に来店して手続きをするようにして下さい。

来店するのが面倒だという方の場合は、自宅に郵送してもらうことによって手続きをすることが出来ますので、そちらを選ぶと良いでしょう。

契約締結の手続きが完了すると、リリーフを利用するための専用のローンカードが発行されて、自宅に簡易書留で郵送されます

そのローンカードを受け取り次第、リリーフの利用を開始することが出来るようになります。

リリーフを利用した際の、借り入れ方法や返済方法について

こちらでは、千葉興業銀行のリリーフを利用することが出来るようになった後の、借り入れ方法や返済方法について詳しく紹介していきます。

千葉興業銀行のリリーフは、専用のローンカードが発行されるタイプのカードローンとなっていますので、一般的なカードローンと同じように利用することが出来ます。

まずは借り入れ方法について紹介していきますが、借り入れをする際には、千葉興業銀行が提携している金融機関のATMにリリーフの専用ローンカードを挿入して、画面の案内に沿って操作をするだけで借り入れをすることが出来ます。

そして、千葉興業銀行が提携している金融機関は、下記の15点となります。

  • セブン銀行
  • ローソンATM
  • コンビニATM E-net
  • みずほ銀行
  • 横浜銀行
  • 東京都民銀行
  • 常陽銀行
  • 筑波銀行
  • 山梨中央銀行
  • 武蔵野銀行
  • 銚子信用金庫
  • 館山信用金庫
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • View Altte

これらの金融機関のATMを利用することによって借り入れをすることが出来ますが、利用するATMによって利用することが可能な時間帯や手数料が異なりますので、その点に関しては注意しなければいけません。

次に返済方法についてですが、リリーフを利用した時の返済方法は、一般的な銀行系カードローンと同じように、毎月の返済日になると返済用の普通預金口座から自動引き落としによって返済されることになります。

毎月の返済額は、前月10日時点での借入残高によって決定するという仕組みになっていて、具体的な金額に関しては下記の通りになっています。

前月10日時点での借入残高 毎月の返済額
1万円未満 借入残高の全額
1万円~50万円 10,000円
50万円~100万円 20,000円
100万円~200万円 30,000円
200万円~300万円 50,000円
300万円~400万円 70,000円
400万円~500万円 90,000円
500万円以上 100,000円

このようになっていて、高額の借り入れをしている場合には、他の銀行系カードローンに比べても高額の返済額が必要になるように設定されていることが特徴的です。

そのため、あまりにも高額の借り入れをしてしまうと返済をするのが大変になりますので、リリーフを利用する際には計画的に利用するようにして下さい。

また、千葉興業銀行のリリーフでは、自動引き落としによる返済だけではなく、店頭窓口や提携ATMからローンカードを使って入金をすることによって任意返済をすることも可能になっています。

ただし、任意返済をしても毎月の自動引き落としによる返済がストップするということではありませんので、その点に関しては注意して下さい。

家計に余裕がない状態で任意返済をしてしまうと、余計に家計を圧迫することにも繋がります。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする