池田泉州銀行「キャッシュカード一体型カードローン」金利、申込方法詳細

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

池田泉州銀行「キャッシュカード一体型カードローン」お申し込み詳細

 詳細はこちらから

■ パートタイマーやアルバイトの方も利用可能
■ キャッシュカードと一体型だから財布が嵩張らない
■ 手続きはWEBで完結できる

池田泉州銀行が提供している「キャッシュカード一体型カードローン」というのは、文字通り今まで利用していた池田泉州銀行のキャッシュカードにカードローンの機能を付与するというタイプのローン商品となっています。

カードローンを利用することによって、新たにローンカードが増えるということがありませんので、財布やカード入れを圧迫することなく、今までと同じように利用することが出来るのがメリットです。

パートタイマーやアルバイトの方も利用することが可能になっていて、手続きに関してはパソコンやスマートフォンを使うことによってWEB上で完結することが出来ますので、自分の時間を有効的に使えるというのも大きな特徴の一つです。

「キャッシュカード一体型カードローン」は、池田泉州銀行と取引をしたことがないという人でも利用することが出来ますので、銀行系のカードローンを利用したいという方にはオススメのローン商品となっています。

返済シミュレーション あり
お試し審査 あり
知名度 ★★★★★
パート・アルバイト 可能
即日融資 最短で翌営業日に融資が実行される
土日祝日の融資 可能

【池田泉州銀行 キャッシュカード一体型カードローン 詳細データ】

融資限度額 10~300万円
お利息 14.5%(実質年率)
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
返済方法 口座振替返済、またはATM返済
申し込み資格
  • 申し込み時の年齢が満20歳~満70歳未満の方
  • 本人または配偶者に安定して継続した収入がある方
  • 2府4県(大阪府、京都府、兵庫県、和歌山県、奈良県、滋賀県)にお住まいの方
  • 日本国籍の方、または永住許可等を受けている外国人の方
  • 新生フィナンシャル株式会社の保証を受けることが出来る方
担保・保証人 原則として不要
遅延利率 19.9%(実質年率)
入会金・年会費 なし
必要書類
  • 本人確認資料(以下の(1)~(4)のいずれか1点)
    (1)運転免許証
    (2)健康保険証
    (3)パスポート
    (4)顔写真付き住基ネットカード
  • 利用限度額の希望額が50万円を超える場合は、所得証明書類(以下の(1)~(4)のいずれか1点)
    (1)源泉徴収票
    (2)住民税決定通知書
    (3)課税証明書
    (4)公的証明書

「キャッシュカード一体型カードローン」を利用する際の手続きについて

こちらでは、池田泉州銀行が提供している「キャッシュカード一体型カードローン」を利用する際に発生する手続きの流れについて詳しく紹介していきます。

池田泉州銀行の「キャッシュカード一体型カードローン」というのは、アルバイトやパートタイマーで生計を立てている方や、年金受給者の方も利用することが出来るカードローンとなっていますので、貸付金利の低い銀行系のカードローンを利用したいという方には人気のあるローン商品となっています。

まずは池田泉州銀行の「キャッシュカード一体型カードローン」を利用する際の流れについて紹介していきますが、池田泉州銀行の「キャッシュカード一体型カードローン」では下記の5つのステップによって構成されていることが挙げられます。

  1. 申し込みをする
  2. 審査が開始されて、結果が通知される
  3. 契約を締結する
  4. キャッシュカードにローンカードの機能が付与される
  5. 利用を開始する

このような流れになっていて、流れだけを見ると一般的なカードローンを利用する際の流れと変わらないように見えるかもしれませんが、池田泉州銀行の「キャッシュカード一体型カードローン」では、全ての手続きを来店不要で完了することが可能になっています。

さらに、既に利用しているキャッシュカードにローンカードとしての機能が自動的に付与されるという仕組みになっていますので、一般的な銀行系カードローンの手続きのように専用のローンカードを発行して郵送するというような手続きがありません。

そのため、スムーズに手続きが完了した場合は、申し込みをした翌営業日に借り入れをスタートすることが出来ます。

銀行系のカードローンを利用する場合は、申し込みをしてから利用開始までに時間が掛かってしまうことが多くなっていますが、池田泉州銀行の「キャッシュカード一体型カードローン」では、手続きに掛かる時間が他行の銀行系カードローンと比較しても早くなっていますので、時間に余裕がない方にもオススメです。

池田泉州銀行の「キャッシュカード一体型カードローン」に申し込みをする際には、インターネットやFAX、郵送などの手段が用意されていますが、オススメなのはインターネットからの申し込みとなっています。

ただし、池田泉州銀行の「キャッシュカード一体型カードローン」に申し込みをするためには池田泉州銀行に普通預金口座を開設しているということが条件となっています。

そのため、申し込みをする時点で池田泉州銀行に口座を開設していないという方の場合は、「キャッシュカード一体型カードローン」の申し込みをすると同時にスマートフォンのアプリで口座開設の手続きをすることになりますので、そちらの手続きも合わせて進めるようにして下さい。

並行して手続きをした場合は、手続きに掛かる時間が長くなってしまいますが、その点に関しては十分に注意が必要です。

「キャッシュカード一体型カードローン」の借り入れ方法や返済方法について

こちらでは、池田泉州銀行の「キャッシュカード一体型カードローン」を利用することが出来るようになった後の、借り入れ方法や返済方法について詳しく紹介していきます。

まずは借り入れ方法から紹介していきますが、池田泉州銀行の「キャッシュカード一体型カードローン」は、商品名にもあるようにキャッシュカードとカードローンの機能が一体化した商品となっていますので、キャッシュカードを使って借り入れをすることになります。

利用方法については、一般的なカードローンを利用する際の手続きと同じように、池田泉州銀行のATMまたは池田泉州銀行が提携している金融機関のATMからキャッシュカードを使って借り入れをするということになりますので、誰でも簡単に借り入れをすることが出来ます

注意点としては、利用するATMによって利用可能な時間帯や手数料が異なりますので、その点に関しては注意しなければいけません。

次に返済方法について紹介していきますが、池田泉州銀行の「キャッシュカード一体型カードローン」を利用する際の返済方法として用意されているのは、原則として契約を締結した際に登録した普通預金口座から自動引き落としされることによって毎月の返済が行われます。

もう1つの返済方法として、提携ATMからキャッシュカードを使って入金することによる返済方法も用意されていますが、こちらの場合は任意返済という扱いになっていますので、毎月実行される定額の返済とは異なるということを知っておいて下さい。

ただし、早く完済したいという場合には外すことが出来ない返済方法となっていますので、その点に関しては注意が必要です。

早期に完済することによって毎月の利息を少しでも少なくするということが可能になりますが、提携ATMからの返済に関しては繰り上げ返済という扱いになっていますので、繰り上げ返済を実行した場合にも自動引き落としによる返済が実行されるということについては覚えておいて下さい。

また、提携ATMから返済をする場合でも、借り入れをする際と同様にATMの利用可能時間や手数料などについても気を付けなければいけません。

メインバンクが池田泉州銀行の方に絶対オススメのキャッシングがこちら

池田泉州銀行「MaxV(マックスファイブ)」は翌日融資可能!借入条件詳細
池田泉州銀行「MaxV(マックスファイブ)」お申し込み詳細  詳細はこちらから ■ 既に池田泉州銀行と取引がある人限定のカード...

【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする