横浜銀行「教育ローン(カードローン型)」申込、審査、金利、返済の詳細

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

横浜銀行「教育ローン(カードローン型)」お申し込み詳細

  詳細はこちらから

■ 必要な時に利用できる教育カードローン
■ 貸付金利は年2.1%~年2.8%
■ 利用限度額は、安心の最大1,000万円

横浜銀行の教育ローン(カードローン型)は、教育のために必要な資金を借り入れることが出来るローン商品となっています。

教育ローンの場合は、証券貸付の形式を採用しているケースが非常に多いのですが、横浜銀行の教育ローン(カードローン型)の場合は、カードローン形式を採用しているために、必要なタイミングで必要な金額を借り入れることが出来るということが魅力的です。

貸付金利も低くなっていますので、大学や専門学校、語学留学などの資金に悩んでいる方にオススメのカードローンです。

関連商品
横浜銀行カードローン 一番オススメ!!

バンクカードローン
バンクカードローン(住宅ローン利用者専用)

返済シュミレーション あり
お試し審査 なし
知名度 ★★★★★
パート・アルバイト 可能
即日融資 最短1週間~2週間で融資が実行される
土日祝日の融資 可能

【横浜銀行 教育ローン(カードローン型) 詳細データ】

融資限度額 10~1,000万円
お利息 2.1%~2.8%(実質年率)
返済方式 借入残高スライドリボルビング方式
返済方法 口座振替返済、またはATM返済
申し込み資格
  • 満20歳以上~70歳未満の方
  • 安定して継続した収入がある方
  • 保証会社の保証を受けることが出来る方
担保・保証人 原則として不要
遅延利率 18.0%(実質年率)
入会金・年会費 なし
必要書類
  • 本人確認資料(以下の(1)~(4)のいずれか1点)
    (1)運転免許証のコピー
    (2)健康保険証のコピー
    (3)パスポートのコピー
    (4)顔写真付き住基ネットカードのコピー

  • 所得証明書類(以下の(1)~(4)のいずれか1点)
    (1)源泉徴収票
    (2)住民税決定通知書
    (3)課税証明書
    (4)公的証明書

  • 銀行届出印

  • 資金の使途を確認できる書類

横浜銀行の教育ローンを利用する際の、全体の流れについて

横浜銀行の教育ローン「カードローン型」は、必要なタイミングで必要な金額だけを借り入れることが出来るカードローンとなっています。

銀行が提供している教育ローンの多くは、一括借入型のタイプが非常に多くなっていて、有利子の奨学金と同じような感覚で利用されるケースが非常に多いですが、横浜銀行の教育ローン「カードローン型」の場合は、一般的なカードローンと教育ローンがセットになったような内容になっていることが特徴的です。

こちらでは、横浜銀行の教育ローン「カードローン型」を利用する際の全体の流れについて詳しく紹介していきます。

一般的なカードローンと比べても少し特殊なタイプのローン商品となっていますので、十分に検討してから利用するようにして下さい。

まずは、教育ローン「カードローン型」の借入れまでの全体の流れについてですが、教育ローン「カードローン型」では、下記の5つのステップによって構成されていることが挙げられます。

  1. インターネットや店舗窓口から申し込みをする
  2. 審査が開始されて、審査結果が通知される
  3. 契約を締結して、ローンカードが発行される
  4. ローンカードが自宅に郵送されて、受け取り次第、利用を開始する

このような流れになっていて、流れだけを見ると一般的なカードローンと変わりないということが特徴的です。

利用を開始するまでの手続きの中で、一般的なカードローンと異なるポイントとしては、用意しなければならない必要書類の部分のみとなっていますので、それほど戸惑わずに手続きを完了することが出来ると思われます。

用意しなければならない必要書類の中で、特殊な書類としては、資金使途が確認できる書類となっていて、その他にも学校への合格を証明する書類や、在学を証明する書類などの提出が求められることもありますので注意して下さい。

横浜銀行の教育ローンを利用した際の、借り入れ方法や返済方法について

こちらでは、横浜銀行の教育ローン「カードローン型」を利用した際の、借り入れ方法や返済方法について詳しく紹介していきます。

申し込みから利用開始に至るまでの手続きについては、一般的なカードローンとそれほど大きな違いがないので手続きに戸惑うことも無いと思われますが、借り入れや返済については一般的なカードローンと大きく異なりますので注意して下さい。

まずは借り入れ方法についてですが、教育ローン「カードローン型」を利用する際の借り入れ方法は一般的なカードローンと違いがありません。

教育ローン「カードローン型」では専用のローンカードが発行されるために、そのローンカードを使って、横浜銀行が提携している金融機関のATMにローンカードを挿入して画面の案内に沿って操作をするだけで借り入れをすることが出来ます。

一般的なカードローンと同様に借り入れをすると借りた金額に対して利息が発生するということになります。

そして肝心なのは返済方法についてですが、横浜銀行の教育ローン「カードローン型」では、在学中の返済に関しては最長7年まで利息のみの返済が可能になっています。

もちろん、在学期間中でも元金を返済することは可能になっていますが、利息のみの返済を続けていても信用情報機関に記録されるということがありませんので、安心して勉学に励むことが出来ます。

そして、ここからが肝心なことですが、横浜銀行の教育ローン「カードローン型」では、在学期間が終了すると借り入れをすることが出来なくなります

その後に関しては返済のみをするということになり、契約形式がカードローン貸付から証書貸付に切り替えられます。

そのため、在学期間の終了後に関しては通常の奨学金と同じように返済をするのみの利用ということになります。

当然のことながら、利息を払っているだけでは元金が減ることはありませんので、返済期間が長くなればなるほど、返済額の総額も多くなる仕組みになっていますので、出来る限り返済額を減らしたいという方は、在学期間中から少しずつでも元金を減らすように返済をするようにしたほうが良いでしょう。

奨学金との違いについて

現在の日本には、国が提供している教育ローンというものが沢山あります。

有利子のプランや無利子のプラン、中には返済が求められないようなプランまで数多くの教育ローンが存在していますが、それらのプランと横浜銀行の教育ローン「カードローン型」は、どのような違いがあるのかということについて紹介していきます。

まず、一般的に国の教育ローンというのは、利用限度額が300万円までに設定されていることが多いですが、横浜銀行の教育ローン「カードローン型」の場合は最大1,000万円まで利用することが出来ます。

そして、国の教育ローンの場合は、世帯所得が多くなると利用することが出来なくなってしまう仕組みですが、横浜銀行の場合は所得が多くなればなるほど利用限度額が高くなるという仕組みです。

そして最も大きな違いについてですが、国の教育ローンの場合は、中学生以下の場合は利用することが出来ない仕組みになっていて、原則として高校以上からの利用となっています。

そのため、私学の小学校や中学校に通うために教育ローンを利用したいという場合でも利用することが出来ません。

しかし、横浜銀行の教育ローン「カードローン型」の場合は、幼稚園から大学院まで利用することが可能なために、好きなタイミングで利用を開始することが出来ます。

気になるポイントとして、借り入れをした後の利息の問題が挙げられますが、横浜銀行の教育ローン「カードローン型」では、貸付金利が2.1%~年2.8となっているために、国の教育ローンと比較しても、それほど大きな違いがないということになるために、メリットとデメリットを比較すると、国の教育ローンよりも優れているということに繋がります。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする