すでに他社借入をしている人にとって他にどんな窓口がある?

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

すでにもう借入している人にとって、更なる借入は難しいように感じますね。

ですが、現在借入をしている人でもそれほど敷居が高くなく追加で借入することが出来る窓口があります。

今回はすでに他社借入をしている人にとって他にどんな窓口がある?等の情報を追っていきます。

消費者金融の複数借入は無理?

多くの人が消費者金融で複数借入が不可能だと考えているのではないでしょうか。

しかし、まず考えるべきことは件数ではなく、金額が問題になってきます。

つまり「総量規制」の問題です。

総量規制は年収の1/3までしか借りることが出来ないと言う法制度です。

貸し過ぎ、借り過ぎで債務整理や破産宣告者が続出したために2010年に改正されました。

つまり、例えば年収が300万円の人は必ず上限が100万円になるということです。

ですが、ここで誤解を解いておきますが、審査にさえ通れば総量規制の満額を常に借入することが出来るというわけではありません。

飽くまで、金融会社は「信用」を基に融資額を算出しますので、初めての借入の人など信用の薄い人には少額の融資しか行われません。

信用は「使って初めてついてくる」ものです。

では、どうすれば信用が得られるのか。

これは消費者金融などからお金を借りて毎月きちんと返済していれば信用がつくものです。

そうなれば増額などで、総量規制いっぱいの枠を勝ち取ることが出来るかも知れません。

また、信用さえつけば増額ではなくても、違う消費者金融からの借入も可能になります。

つまり総量規制の範囲内であれば2~3社で借入もできると言うことです。

総額で年収の1/3に収まっていれば良いので、最初から複数社から融資を受けることが出来るのです。

では、すでに借入額が満額の場合は、お金を借りることが出来ないのでしょうか。

次からは満額借入の場合に、他社消費者金融の窓口があるのかを見ていきます。

満額融資後に消費者金融の窓口を利用する

総量規制の満額借入後に消費者金融の窓口を利用することは不可能かと言うとそうではありません。

キチンと返済さえこなして信用を得ていれば、「おまとめローン」を利用することが出来ます。

おまとめローンはその名の通り、複数社で借入している場合に、1社に借金をまとめることです。

例えば年収300万円の人が、A社から40万円、B社から40万円、C社から20万円借りていたとします。

借入総額自体は100万円となりますので、総量規制には引っ掛かりません。

この状態で、通常の借入を消費者金融に申し込んでも審査に通ることはありません。

ですが、おまとめローンと言うことであれば、簡単な審査はあるものの大抵は消費者金融側から持ち掛けてくる場合がほとんどですので、基本的に審査は通ると見て大丈夫です。

おまとめローンに関しては、まとめてくれる消費者金融会社が他社の借入分を振り込んでくれるため、自分で行う煩わしさはありません。

*おまとめローン裏情報

年収300万円の人が、A社40万円、B社40万円、C社20万円の借入を仮にA社でまとめたとします。すると、B社の40万円、C社の20万円の枠が空くことになります。おまとめローンをした直後であればこの枠分をそれぞれの消費者金融で借入出来る可能性があります。そうすると総量規制以上の借入が出来る場合もあるのです。狙い目は土、日曜日で、その曜日にまとめてもらうと可能性がグンとアップします。

※但し、これは可能性があると言うだけですので保証は出来ません。

おまとめローン1 アイフル

CMなどでもお馴染みのアイフルは、審査時間や融資までの時間が短く、お急ぎの人にピッタリです。

はじめての借入の場合は最大30日間利息0円です。

融資額は1万円~800万円と幅広く、おまとめローンの窓口でも安心して利用出来ます。

実質年利は3.0%~18.0%となっており、おまとめローンの場合は金額にもよりますが15.0%~17.0%あたりで落ち着くのではないでしょうか。

おまとめローンですので、WEB完結、スマホAPP完結というわけにはいきませんが、通常の借入の場合、それらが可能になります。

公式サイトへ→

おまとめローン2 アコム

自動契約機(むじんくん)で有名な大手消費者金融のアコム。

アコムの借入限度額は1万円~800万円ですので、おまとめローンの窓口を利用する時も安心です。

はじめて利用する場合は、30日間利息0円です。

審査回答は最短30分、いつでも返せて、利息は利用した日数分だけで済みます。

また、ネットやATMから24時間借入、返済が出来るのでとても便利です。

金利は3.0%~18.0%ですが、おまとめローンの場合は、ある程度の金額になると考えると100万円~300万円の場合の金利を適用して7.7%~15.0%と想定出来ます。

公式サイトへ→

3 SMBCモビット

モビット

SMBCモビットにはおまとめローンという商品はありませんが限度額800万円の頼れるローンがあります。資金使途が自由なのでおまとめ等幅広い使い方が可能です。

SMBCモビットでは他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。また、SMBCモビットは総量規制の対象です。

SMBCモビットも今やCMなどでお馴染みの大手消費者金融です。

SMBCモビットは簡易審査であれば10秒で結果が判ります。

銀行・コンビニなど全国約140,000台設置(2019年9月現在)してあるので24時間利用が可能になっています。

利用限度額は1万円~800万円までですので充分な余裕があります。

利息は通常3.0%~18.0%ですが、おまとめローンの場合は15.0%~17.0%になる可能性が高いと言えます。

公式サイトへ→

おまとめローン4 レイクALSA

レイクALSAもCMや広告などでよく見かけますので、今やスッカリ有名なのではないでしょうか。

レイクALSAにもおまとめローンの窓口があります。

レイクALSAは初めての人には60日間利息0円です。

更に簡易審査であれば約15秒で結果がでます。

おまとめローンにも一応審査があるので、スピード感は大事にしたいところです。

審査が通れば最短60分で融資が出来ます。

実質年利は4.5%~18.0%ですが、おまとめローンの場合、金額自体大きくなってきますので、利息は15.0%~17.0%で収まってくるでしょう。

公式サイトへ→

中央リテールはおまとめローン窓口がある?

中央リテールはおまとめローンに強い消費者金融です。

公式サイトのトップぺージを見ても判りますが、トップページからおまとめローンのことしか記載されていません。

中央リテールは

1、複数社からの借入が多くて、返済の目処が立たない

2、複数社から借入しているため、毎月の返済日が多く管理が大変

3、利息が家計の負担に

と言った人にピッタリです。

では、中央リテールでおまとめローンをした場合のメリット見ていきましょう。

A、返済額が軽減

B、審査完了まで最短2時間

C、融資まで最短1日

D、相談窓口担当者は全員国家資格取得者だから安心

と言ったメリットがあります。

また、「簡単な質問に答えるだけで審査ができる」”クイック診断”や”返済シミュレーションも公式サイトで行えるので安心です。

中央リテールのおまとめローンがチョイスされる理由とはなんでしょうか。

理由1、融資額「無担保おまとめローン」最高500万円、「不動産担保ローン」  最高3,000万円

理由2、返済期間「無担保おまとめローン」最長10年(120回)、「不動産担保ローン」最長10年(120回)

理由3、スピード「無担保おまとめローン」融資まで最短1日、「不動産担保ローン」融資まで最短

理由4、融資利率「無担保おまとめローン」年10.95%~13.0%、「不動産担保ローン」年8.2%~9.8%

理由5、安心相談「相談窓口の担当者は全員国家資格取得者※貸金業務取扱主任者」

理由6、「家族や周囲に取引内容や個人情報が知られることがない」

公式サイトへ→

他社借入がある人におすすめ窓口、銀行系カードローン

消費者金融などで総量規制いっぱい借入している人でも銀行カードの窓口なら、それ以上に借りられるケースがあります。

消費者金融が共有している「信用情報」とは違い、銀行は銀行で独自に共有している「信用情報」があるのです。

また、銀行での借入は総量規制の対象外になっています。

そのため、複数借入して困っている人は、銀行カードローンを利用するのが手っ取り早いと言えますね。

そこでここからは、どんな銀行カードローンがあるのかを見ていきます。

オリックス銀行カードローン

実質年率 1.70%~17.8% 審査時間 ********
借入限度額 10~800万円 融資スピード ********
無利息期間 ******** WEB完結 融資まで

オリックス銀行カードの大きな特徴は「ガン保障特約付きプラン『Bright』」の選択出来ることです。※但し成約時の利用限度額が100万円未満の人は対象外です。

『Bright』の保障内容は「死亡・高度障害」または「ガンと診断確定された」ときの借入残高が0円。

保険料は負担0円。

金利の上乗せなし。

と実に手厚いものです。

また、提携ATMも全国に100,000台ある上に、手数料は0円です。

WEB完結で申し込み出来、来店の必要がないところも嬉しいところです。

銀行と言うことで口座開設が必要があるのではないかと考える人もいるでしょうが、口座開設の必要はありません。

また担保や保証人も不要です。

公式サイトへ→

楽天銀行カードローン

実質年率 1.90%~14.5% 審査時間 ********
借入限度額 10~800万円 融資スピード ********
無利息期間 ******** WEB完結 融資まで

楽天銀行カードローンはWEBやスマホで申し込みが完結します。

また、楽天銀行の口座を作らなくても、現在持っている口座で利用が可能です。

コンビニのATMで利用可能なところも嬉しい限りですね。

しかも、入会するだけで楽天のスーパーポイント1,000ポイントが当たります。

ローン申し込みの手順は「審査」→「勤務先在籍確認」→「必要書類の提出」→「完了」です。

公式サイトへ→

横浜銀行カードローン

実質年率 1.50%~14.6% 審査時間 ********
借入限度額 10~1,000万円 融資スピード 申し込みから3日以内
無利息期間 ******** WEB完結 契約まで

横浜銀行の窓口も複数社借入の人に開放されています。

横浜銀行の特徴は何といっても金利の安さ、そして借入限度額の多さです。

金利は年1.50%~14.6%、借入上限額は10万円~1,000万円です。

審査テストや、借入シミュレーションも出来て安心感が大きいと言えます。

また、来店不要でWEB完結なのが嬉しいところです。

月々の返済額は2,000円~になっており、無理なく返済出来ますね。

契約と同時に融資を受けられるのも急いでいる人にはピッタリです。

更に、横浜銀行の ATM、セブン銀行、ローソン銀行、イーネット、イオン銀行なら、ATM 利用手数料がいつでも何回でも無料!

もちろん、横浜銀行の口座がなくても申し込み出来ます。

公式サイトへ→

ちばぎんカードローン

実質年率 1.70%~14.8% 審査時間 ********
借入限度額 10~800万円 融資スピード ********
無利息期間 ******** WEB完結 融資まで

銀行カードローンはどうしても敷居が高く感じますが、千葉銀行カードローン窓口は安定した収入さえあれば借入も乗り換えも安心してスムーズに行えます。

もちろん、千葉県以外の人も対象になっています。

月々2,000円~と言う安さで家計にも負担が少なくて済みます。

また、借入額が50万円以下の場合、消費者金融同様収入証明書は必要ありません。

千葉銀行で借入する際には口座を作る必要がありますが、そうすることで審査直後に融資が受けられます。

しかも、金利も抑えられており、年利率1.7%~14.8%となっています。

審査に関しては公式サイト10秒クイック診断があるので安心です。

公式サイトへ→

みずほ銀行カードローン

実質年率 2.00%~14.0% 審査時間 *********
借入限度額 10~800万円 融資スピード *********
無利息期間 ********* WEB完結 契約まで

みずほ銀行の大きな特徴は、他行と違い唯一キャッシュバックがあることです。

一定の条件を満たせば口座開設時から30日間にかかる利息の全額がJ-Coin Payアカウントにキャッシュバックされます。

年率は2.00%~14.0%と安く、安心して利用出来ます。

借入にはみずほ銀行の口座が必要になりますが、普通預金の同時申し込みも出来るので、予め口座を作っておく必要はありません。

申し込みは24時間WEBで受け付けており、WEB完結で融資を受けられるので面倒が少なくて済みます。

公式サイトへ→

まとめ

今回はすでに他社借入をしている人にとって他にどんな窓口がある?等の情報を見てきました。

他社借入や複数借入でも借入出来る方法は、消費者金融でも銀行カードローンでも可能であることが判りました。

とは言え、おまとめローン以外で、更なる借入を増やすことはおすすめ出来ません。

借金は計画的に行うようにしましょう。