借入時に理解しておくべきキャッシュフローとは?

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

キャッシングを利用する際には、計画的に利用するのが原則となっていますが、計画的にキャッシングをすることが出来る人というのは、極々一部となっていることが特徴的です。

返済計画も立てずに目先のことだけを考えて借り入れをするという人が非常に多いために後々になって返済に困窮してしまうということが多くなっているということです。

返済計画をキチンと立てるためにはキャッシュフローを意識しなければならないために、キャッシュフローをキチンと理解できていないと返済計画を立てることは出来ません

こちらでは、キャッシュフローの重要性や、借り入れ時にキャッシュフローを作っておくということの大切さについて詳しく紹介していきます。

借り入れをする時にキャッシュフローを作らずに借りる人は多い

キャッシュフローという言葉を見ると、会社の経営者や事業家の人しか関係がないというようなイメージを持っている人が多いです。

しかし、カードローンやフリーローンを利用する方の場合は、キャッシュフローをキチンと立てていると計画通りに利用することが出来るケースが非常に多いために、借り入れをする予定がある人ほど重要だということを知っておいてください。

キャッシュフローは、キャッシュ・イン・フローとキャッシュ・アウト・フローの2つから構成されていることが特徴的ですが、基本的には収入と支出だと考えてもらえれば問題ありません。

一般的に給与がキャッシュ・イン・フローとなり、1ヶ月間で消費される現金がキャッシュ・アウト・フローということになります。

家計簿などをキチンと付けている人の場合は、既にキャッシュフローが構築されているということになりますので、何も問題がないということになりますが、1円単位でキチンと家計簿を付けるという人は非常に少ないので、正しいキャッシュフローを構築するためには、正しい家計簿を付けることが大切です。

カードローンやフリーローンを利用する人の多くは、急に現金が必要になったから利用するというケースが多いです。

昨今の日本の景気状況では、毎月キチンと貯金をするということは非常に難しくなっていますが、それでもキチンとキャッシュフローを構築している人の場合は収入に見合った貯金をしているケースが多くなっています。

しかし、カードローンやフリーローンといったキャッシングを利用しなければならない状況になってしまったということは、現在のキャッシュフローを変えなければならないということになります。

そのため、現在のキャッシュフローを理解していないと借り入れをすることが出来てもキチンと返済をすることが難しくなってしまうということに繋がります

キャッシュフローを作っていないと資金繰りがショートしやすい

キャッシングや借り入れをする際には計画的に利用するとか、返済計画を立ててから利用するというようなことは耳にタコが出来るぐらいに言われ続けていることですが、実践している人の数は少ないです。

その理由としては、いくつか考えられますが借り入れをする人の場合は計画的に貯蓄をすることが出来なかったという人が多いために、返済計画を立てることが難しくなってしまうということが考えられます。

しかし、ここで注意してもらいたいのが返済計画を立てないと資金繰りがショートしてしまう可能性が高いということです。

1ヶ月間の収入で、いくらまでなら問題なく使うことが出来るのかということを管理することが出来ないので、返済資金まで使い込んでしまうというケースが多くなります。

これは、カードローンやキャッシングを利用することによって、1ヶ月間の収入の中から返済資金を捻出しなければならないために、今までの生活レベルから段階を落とさなければならないところを、そのまま維持してしまうために資金繰りがショートしてしまうというパターンです。

資金繰りがショートしてしまうと、当然のことながら返済遅滞をすることに繋がるために、遅延損害金を支払わなければならなくなったり、個人信用情報機関に記録されたりするために様々なデメリットが引き起こされることになります。

このような事態を引き起こさないためにも、キャッシュフローをキチンと構築してから借り入れをするようにした方がいいでしょう。

また、キャッシュフローをキチンと構築することによって、自分の収入の範囲内で返済をすることが出来る金額についても明確になりますので、無駄な借り入れをしないように抑制することも出来ます。

そうすると、カードローンやフリーローンの申し込みをする際にも有利に働くことがありますので、まずは自分のキャッシュフローを構築することが大切です。

キャッシュフローの作り方について

上記まではキャッシュフローの大切さについて紹介してきましたが、こちらではキャッシュフローの作り方について詳しく紹介していきます。

キャッシュフローというのは、上記でも紹介したように言い換えれば支出と収入の総称となっています。

そのため、まずは自分の生活に掛かる支出と収入を一覧にすることが大切です。

サラリーマンの方の場合は、1ヶ月間の給料とボーナスを収入に当てはめて、1ヶ月間の生活に掛かる費用を支出に当てはめます。

支出の計算をする際に重要なのは、固定費と変動費を分けるということです。

固定費というのは、家賃や光熱費などの必ず発生する費用となっていて、季節や時期によって変動するものもありますが、生活をする上で必ず必要な費用となっています。

変動費に含まれるのは、食費や交際費など月々によって支出が異なる部分となっていて、この部分をどれくらいに抑えることが出来るのかということがキャッシュフローを構築する際に重要なポイントとなっていることが挙げられます。

基本的に固定費については節約することが非常に難しく、極端な話をすれば家賃を安くするというようなことはほとんど不可能です。

ガス料金や電気料金などについては、安くすることも可能ですが、それでも食費や交際費を削ることに比べれば微々たる金額ということになります。

そのため、返済資金をキチンと捻出するためには、自分が1ヶ月間でどれくらいの変動費を発生させているのかということをキチンと理解することから始まります。

面白いことに、キャッシュフローを確立させるというのは借り入れやキャッシングをする際に行うことだけではなく、生活に無理なく貯金をする際にも重要なポイントとなっていますので、返済が完了した後の生活についても役立つように出来ています。

そのため、今後のことも考えて出来るだけ正確なキャッシュフローを構築したほうが良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

日常的に生活をしていると、キャッシュフローを構築するというようなことを考えるケースのほうが少なくなっています。

しかし、キャッシュフローをキチンと構築することによって、ライフスタイルを見直すということにも繋がりますので、自分の収入と支出をハッキリとさせるためにもキャッシュフローを構築するようにしてください。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする