消費者金融と銀行のカードローンはどっちがオススメ?メリット・デメリットを調査!

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

カードローンは銀行(都市銀行・地方銀行)や消費者金融などさまざまな事業者で取り扱いがされています。

自分にあったカードローンを見つけるには銀行のカードローンや消費者金融が提供するサービスの特徴を知り検討することが大事になりますよ。

今回は銀行や消費者金融が取り扱うカードローンで何が違うのか?

どんなメリットやデメリットがあるのかをご紹介していきましょう。

カードローン利用時の参考にしてくださいね。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンって何?

カードローンと言うと、何となく銀行カードローンのほうが安心感があるイメージがありますよね。

確かに消費者金融と比べると低金利ですし、自分が使っている銀行でそのままお金が借りれるのは安心感が大きいと思います、

ただ、金利が低いから絶対銀行がお得とは言い切れない所もあり、それがカードローンマジックと言えます。

違いを見ていく前にまずはそれぞれがどう言う物なのかを説明しましょう。

消費者金融のキャッシングとは?

消費者金融とは、貸金業取扱主任者という国家資格を取り、貸金業法という法律に基づいて財務局と都道府県知事の登録を得た民間の貸付業者になります。

「アコム」「プロミス」「アイフル」など聞いたことがありますよね。

CMなどバンバン流してますが、こちらは大手の消費者金融になります。

また「消費者金融のキャッシング」とは、消費者金融が発行している使途自由のカードローンの事を言います。

昔は消費者金融と言えばキャッシングで通って今したが、最近では商品名も「カードローン」に統一されていますね。

カードローンとキャッシングは同じ意味を持ちますので、覚えておくと良いでしょう。

銀行カードローンとは?

銀行カードローンはその名の通り、銀行などの金融機関が発行しているカードローンになります。

みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行の三大メガバンクをはじめ、多くの銀行が取り扱っているので信頼度も抜群ですよね。

カードローンを専門に扱う消費者金融とは違い、銀行業や金融業のかたわらにカードローンを取り扱っています。

また消費者金融の貸金業法とは違い、銀行には銀行法という法律が適用されていて、それぞれ適用される法律が違うというのも覚えておきましょう。

また銀行カードローンは住宅ローンやマイカーローンのように使い道が定められていないため使い方は自由です。

そういう意味では消費者金融のキャッシングと変わりないとも言えますね。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違いは?

それでは消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違いについて説明します。

下の表に基本的な違いをまとめましたので、それぞれ比較していきましょう。

消費者金融 銀行カードローン
最高金利 18.0% 14.6%
限度額 最高800万円 最高800万円
借入可能額 年収の3分の1まで 年収の2分の1~3分の1程度
審査スピード 最短30分 最短翌日
即日融資 ×
初回30日間無利息
学生
専業主婦 ×

金利の低いの銀行カードローン

表を見ると分かりますが、金利の安いのは銀行カードローンになります。

銀行毎に金利は異なりますが、みずほ銀行のカードローンは金利は14.0%にならいますし、銀行カードローンを利用する理由もそこにありますよね。

しかし本当に、金利の安さを取るなら、銀行カードローンなのでしょうか?

実は必ずしもそうとは言い切れません。

消費者金融でのキャッシングには銀行カードローンにはないメリットがあるんですよね。

借入上限額はどちらもほぼ同じ!

消費者金融も、銀行のカードローンも借入限度額はそれほど大きな違いはありません。

借入限度額は各消費者金融、銀行カードローンによって違いはありますが、最高限度額はどちらも800万円になっています。

ただし、消費者金融の場合は、貸金業法という法律で総量規制がかかるので、「年収の3分の1以上を借りる事はできない」となっているので注意しましょう。

ただ、例外的に借入の1本化目的の「おまとめローン」に限っては、たとえそれが消費者金融のおまとめ商品だとしても総量規制の対象には入りません。

そのため、消費者金融では自分の年収にかかわらず大口のおまとめが可能と言えます。

総量規制とは?

総量規制について詳しく説明しておきましょう。

総量規制は貸金業法で制定された規定の1つで、個人の借入総額は年収の3分の1までに制限する仕組みの事になります。

貸金業者・銀行1社に制限される訳ではなく、複数の借入先がある場合は、トータルの借入額が年収の3分の1以下にならなければなりません。

この貸金業法での総量規制は法人への貸付には適応されず、あくまで個人への貸付のみ適用される法律になっています。

例えばAさんの年収が600万円なら、この場合総量規制の対象となる個人貸付の場合、最大200万円までの借入しか出来ないという計算になります。

銀行カードローンの借入総額の自主規制について

銀行カードローンでは、銀行法という別の法律が適用されるため、法律による総量規制はありません。

しかし昨今では、大手・地方の銀行を問わず、消費者金融と同じ年収の3分の1までしか貸付を行わないところが多いのが現状です。

銀行による過剰貸付が原因で多重債務・破産をする人が増えたのが原因と言われています。

消費者金融のように法律で貸付上限を規制されるのを回避するために、自主規制として年収による借入上限の引き下げを行うようになったようですね。

審査スピードは消費者金融が圧倒的に早い!

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの最大の違いは、その融資のスピードにあります。

「お金がすぐに必要になった」「今すぐにお金を借りたい」そういったときには迷わず消費者金融を利用しましょう。

消費者金融は審査スピードが最短で30分という早さで、最短即日融資が可能ですよ。

銀行カードローンの場合は最短でも翌日、遅ければそれ以上かかりますので早く借入したい人は審査から融資までの時間が早い消費者金融キャッシング一択になりますね。

消費者金融のキャッシングで初回30日間無利息で借入可能!

プロミスやアコムといった大手の消費者金融では、初めて利用の人なら初回30日間が無利息となるサービスがあります。

30日以内なら借入金額がいくらでも、利息が発生しないので、お金を借りたいと思ったらまずは こちらの利用の検討がオススメですね。

でも「30日を過ぎるのなら結局は銀行カードローンの方がお得じゃないの?」

って思う人もいるかもしれませんが、それについては実際にどれくらいの期間で借りるかによって異なります。

例えば30日以内を過ぎたとしても数ヶ月の借入なら初月が無利息なので、銀行カードローンよりも金利がお得になりますよ。

消費者金融と銀行カードローン、オススメはどっちなの?

カードローン ATM 全て

結局消費者金融と銀行のカードローンはどっちがオススメなのでしょうか?

自分にとってどちらが良いのかまだ悩んでいる人も多いでしょうね。

それでは消費者金融・銀行カードローンのどちらについてもメリット・デメリットをご紹介しましょう。

消費者金融のメリットとデメリット!

消費者金融と聞くとあまり言いイメージが無いのも事実ですよね。

しかしメリットもありますしデメリットもありますので、そちらをきちんと理解して借入すると意外に便利な事に築くかもしれませんよ。

【消費者金融の特徴まとめ】

  • 最短審査・即日融資が自慢
  • 平均的な上限金利が18%と高め
  • 初回限定の無利息サービスが利用出来る
  • それぞれの消費者金融で独自のサービスが充実
  • 即時振込サービスが嬉しい
  • 連携ATMが多い

消費者金融の特徴は以上のようになります。

金利が高いのはデメリットですが、他は利便性が高いカードローンだと思いますよ。

消費者金融のキャッシングがオススメの人はズバリこんな人!

・自分の年収や勤続歴などに自身が無い人:銀行カードローンに比べると審査が良心的で審査に通過しやすい

・学生:20歳以上で一定の収入があれば雇用形態問わず申込みが出来ます。

・すぐにお金が借りたい人:最短30分のスピード審査、即日融資可能は消費者金融ならではのサービスです。

・数ヶ月以内の借入と返済を予定してる人:初回30日間を越えても数ヶ月のキャッシングなら銀行カードローンよりも金利がお得!

・おまとめを希望する人:返済計画をシンプルに行える「おまとめローン」が充実してる

「おまとめローン」が充実しているのも消費者金融のメリットとして挙げられます。

もう既にいくつかの貸金業者から借入してる人もいるかもしれませんが、そんなときに返済計画を一つにまとめて行える「おまとめローン」は大変重宝しますよ。

消費者金融の「おまとめローン」は総量規制に縛られないので、年収に関係無く借入可能です。

消費者金融側が借入先へ一括で代理返済してくれるのも、おおきな「おまとめローン」のメリットでしょう。

ただし、クレジットカードのショッピング機能に関しては、貸金業法ではなくて賦活販売法になるので、消費者金融でのおまとめはできませんので注意しましょう。

また自動契約機でカードローンを契約したいと思っている人にも消費者金融が向いています。

自動契約機では、無人の契約機を操作することでカードローンの申込みから融資、ローン専用カードの発行までが完結します。

インターネットでの申し込みや郵送やFAXを伴う申し込みを避けたいと言う人や、その場でローン用のカードを受け取りたい人には消費者金融がオススメですね。

銀行カードローンのメリットとデメリット!

日々、借入しにくくなっている銀行カードローンですが、低金利ということもあり、利用する人も多いでしょう。

そんな銀行カードローンの特徴を踏まえながら銀行で借入するメリットとデメリットを説明しましょう。

【銀行カードローンの特徴まとめ】

  • 上限金利平均15%前後で借入可能
  • メインバンクのカードローンは口座と紐付けすることで利便性アップ
  • 総量規制によらず借入OK
  • 専業主婦でも小口融資なら借入可能
  • 審査も融資もスピードが遅い
  • 無利息サービスなし

消費者金融と比べると細かなサービスは期待できませんが、総量規制がない借入と金利が低いのはメリットですね。

ただし、即日融資はほぼ出来ませんので、余裕を持って申し込む事が必要です。

銀行カードローンがオススメの人はズバリこんな人!

・長期借入と返済を予定してる人:消費者金融より金利が低いのでオススメです

・専業主婦:消費者記入では借りる事ができないので小口融資狙いで利用できる

・銀行のブランド力・信頼度を重視する人:大手メガバンクを始め銀行の取り扱いという信頼度は抜群

他にも大型融資が必要な場合や、附随サービスよりも金利が低いのが一番と思っている人、また正社員の人で堅実なカードローンを選びたい人にもオススメですね。

といっても、銀行のカードローンは特に最近審査に厳しくなっていて、今まで審査に通っていた人でも審査落ちする事もあるようです。

銀行のカードローンの審査には各々の銀行による審査と、保証会社による審査の2段階審査が必要なので、審査に通過しずらい状況ですね。

消費者金融の審査通過率が40%前後だとすると、銀行カードローンは20%前後と言われていますので、その低さがわかります。

5人に1人って結構ハードルが高いですよね。なので消費者金融を利用する人が多いのかもしれません。

ただし、メインバンクで利用していて年収も継続歴も問題無いというのであれば、審査通過も出来ると思いますよ。

まとめ

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの違いについてご説明しました。

比較すると金利や審査、融資のスピードなら結構違いがあるのがわかりますよね。

それぞれのメリットデメリットがありますので、自分に最適な方法で借入して欲しいと思います。

消費者金融は審査に通過しやすく、審査&融資のスピードが速いのがメリットです。

しかし金利が高いのがデメリットですね。

銀行カードローンは審査や融資は時間がかかりますが、金利が低いのはメリットになります。

自分にとってどの借入方法が良いのか考えてから申込みを行ってくださいね。

どちらにせよ、計画的な返済を忘れずに行いましょう。

お金を借りるという事には変わりありませんからね。

最後までご覧いただきありがとうございました。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする