スマホが分割払いで購入出来ない理由は?原因や対策方法をご紹介!

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

スマホを購入使用と分割払いをしようとしたら購入出来なかった!

その理由はなんでしょうか?

多くの人が気軽に利用している分割払いですが、実はれっきとしたローン契約なんですよ。

そして場合によっては、スマホの分割払いが住宅ローンなど他のローン契約に影響を及ぼす可能性もあるんです。

今回はスマホの分割払いについて考えられる様々なリスクや、その対策についてご紹介します。

スマホの分割払いは通信会社とのローン契約

スマホの分割払いは通信会社とのローン契約なので、そこは忘れないようにしましょう。

あたり前過ぎて普通に皆さん契約してますけどね。

個人信用情報機関(CIC)で支払い能力を審査

携帯ショップでスマホの分割払いを申し込むと、携帯電話会社は信用情報機関CICに信用情報を照会して、支払い能力に問題が無いか審査を行います。

CICは、クレジット会社の共同出資により設立された信用情報機関です。

  • 携帯電話会社
  • クレジット会社
  • 百貨店
  • 銀行
  • リース会社
  • 家電メーカー系クレジット会社
  • 自動車メーカー系クレジット会社

等の企業が会員として参加しています。

そして信用情報とは、クレジットカードや割賦販売、その他ローンにつての契約内容や支払い状況を記録した個人情報の事です。

思想や販売歴、医療などの情報はここには含まれません。

CICの信用情報が、スマホ分割払いの承認に影響する

CICが提供した信用情報をもとに携帯電話会社が「分割払いをしても問題がない」と判断すると、分割払いが承認され、携帯電話会社が顧客の端末代金を立替払いすることになります。

分割払い契約の情報は、CICに新たな信用情報として登録され、それ以降は分割払いの支払い記録が毎月CICで更新されていくことになりますね。

このように、CICはあくまでも信用情報を提供・登録するだけで、実際に審査を通すか否かの判断は携帯電話会社が行います。

スマホ契約が原因で住宅ローンの契約に影響する?

スマホ契約をはじめ、日常の様々な消費活動によって積み重ねられる信用情報は、将来的に住宅ローンや自動車ローンなどの他の大きな契約にも影響を及ぼすことが考えられます。

住宅ローンの審査をする際には、現時点における収入や資産状況だけでなく、過去の信用情報も参考にされています。

スマホの分割払いのケースと同様に、住宅ローンの会社に於いてもCICに信用情報を照会します。

もしもスマホの分割払いで滞納があると、その影響で住宅ローンを契約出来なくなる事も考えられますよ。

ブラックリスト登録は5年間は抹消されない

滞納によるブラックリスト登録(事故情報)は、一度登録されてしまうとその後約5年間は抹消されません。

「スマホの分割払いの滞納ぐらい大丈夫だろ」なんて軽く考えていると、後々の人生の節目に於ける大きな契約の時に困ることがあるので、滞納しないように注意しましょう。

スマホの分割払い、審査落ちしてしまう原因は?

スマホの分割払いで審査落ちしてしまう原因はなんでしょうか?

その原因を調べてみましょう。

申し込み内容に不備がある

携帯審査に通らない理由として、意外と基本的な部分にあるかもしれません。

たとえば申し込み内容に不備がある場合は、携帯の審査に落ちる可能性があります。

具体的には、入力した生年月日と本人確認書類の情報が違っていたり、本人確認書類の住所が最新のものでなかったりといったケースが考えられます。

携帯の審査に落ちた理由は、基本的には教えてくれません。

しかし、申し込み内容の不備が原因で審査に落ちた場合は、カスタマーサポートへ問い合わせてみると、問題のある部分を教えてもらえる可能性があります。

サポート担当者に正しい申し込み方法を教えて貰ったら、再びインターネットなどで申し込んでくださいね。

アップロードした本人確認書類が不鮮明

オンラインで携帯電話を申し込んだ場合、スマホで本人確認書類を撮影して、そのままアップロードして提出出来る事もあります。

もしアップロードした本人確認書類が不鮮明だった場合には、携帯の審査に落ちる可能性が高いです。

本人確認書類が不鮮明なことで携帯審査に落ちた場合、カスタマーサポートへ問い合わせをすれば、その旨を教えてくれるかもしれません。

再び申し込みを行い、鮮明な本人確認書類を提出すれば、問題無く審査に通るでしょう。

クレジットカードやデビットカードに不備がある

携帯を申し込む時に、登録した支払い方法に不備がある場合、審査に落ちる可能性があります。

たとえばクレカの番号が間違っていたり、対応していないデビットカードを選択していたり、といったケースに注意が必要です。

支払い方法に不備がある場合、カスタマーサポートへ問い合わせると、その旨を教えて貰える可能性があります。

または携帯会社の公式サイトで支払い方法を再確認し、使いたいデビットカードが対応しているかチェックしてください。

過去にキャンペーン目当てや転売目的で短期契約を繰り返した事がある

携帯サービスでは、他社からの乗り換えがお得になる高額なキャンペーンが実施されているときも多いです。

過去にキャンペーン目当てや転売目的などで、契約と短期解約を繰り返した場合、一括払いした時でも新たな審査に通らなくなる可能性があります。

もし短期契約が原因で携帯審査に落ちる場合は、カスタマーサポートへ問い合わせても、審査落ちの理由は教えてもらえないでしょう。

現時点で携帯を契約するのは難しいので、他社のプランを検討するのがオススメです。

ただし、1~2回の自然な範囲での短期解約は、それほど問題になりません。

念のため一括払いに変更して申し込んでみると、審査に通るかもしれないのでチャレンジしてください。

携帯電話料金の滞納

携帯電話料金の支払いを現在滞納していると、支払い能力に問題ありと判断されて審査に落ちてしまいます。

他社に乗り替えする場合でも同じですよ。

各携帯電話会社は利用者の支払いに関する情報を共有しているため、他社の料金の滞納を理由に審査落ちとなるでしょう。

本当は支払い能力が充分にあるにもかかわらず、数回分の支払いをうっかり滞納していた場合には、きちんと支払いをすれば数ヶ月で審査が通る可能性があります。

しかし長期間にわたって滞納を続けており、滞納分をするに支払う事が難しいような場合には、信用情報に大きな傷が付くと考えられます。

クレジットカードや他のローンなどの滞納

クレジットカードや他のローンも、滞納すると信用情報に記録が残るので、分割払いの審査に落ちてしまいます。

自動車ローン、住宅ローン、奨学金、公共料金の滞納記録だけでなく、消費者金融の多額の借金、債務整理などの履歴も信用情報を悪化させます。

携帯電話料金と同様に、滞納している借金は速やかに支払いを済ませましょう。

支払いをしても滞納の記録は暫く残ってしまいますが、滞納状態を続けているよりは、審査が幾分通りやすくなる可能性はあります。

10万円以上のスマホ

スマホの金額によっても、分割払いの審査の厳しさが変わります。

具体的な基準は10万円ですね。

割賦販売法では、支払い能力を超える与信を禁止していますが、例外的に比較的少額(10万円以下)の生活必需品については、支払い可能見込額を超えて分割払が利用で出来るとしています。

ただし、滞納などが無い事が条件です。

つまり、10万円を超えるスマホを購入しようとすると、審査落ちのリスクも高くなるということです。

クレジットヒストリーがない

クレジットカードや分割払いによる買物を過去に一度もしたことがない人は、そもそも信用情報の履歴(クレジットヒストリー)がありません。

このような真っ白な状態については、支払い能力を判断する材料がない(信用実績がない)ということで、高額スマホの分割払いが承認されにくくなります。

過去の滞納など事故情報がないことは良い事ですが、まったく履歴がないのもデメリットとなります。

また、クレジットヒストリーの有無が重視されるか否かは、年齢によっても異なります。

年齢が上がれば上がるほど、クレジットヒストリーが無い事が不利になると考えられます。

なるべく20代の若い頃から返済実績をコツコツと積み上げておくと、将来ローンを組みたいときに役立つでしょう。

ドコモ・au・ソフトバンクで携帯審査に通るか確認する方法がある?

ドコモ・au・ソフトバンクと大手の携帯会社ですが、審査に通るか確認する方法があるのかどうか調べてみました。

それぞれ順番に確認していきましょう。

ドコモで携帯審査に通るか確認する方法はある(機種変更のみ)

ドコモは、現在すでに携帯回線を契約中の人が機種変更をする場合に限り、端末の分割払いの審査に撮るか事前に確認する方法があります。

その方法とは、会員サイト「My docomo」内にある「電話機購入時確認サイト」を利用する方法です。

電話機購入時確認サイトを利用するには、まず契約中のドコモの携帯dを使って「My docomo」にログインします。

その後、画面を下までスクロールすると、「電話機購入時確認サイト」という文字があるので、そちらを確認してください。

あとは画面の指示に従い、必要事項を入力すれば、分割払の審査に通るか簡易的な確認が出来ます。

ただし「審査に通過します」などの明確な回答が得られる訳ではありませんので、注意してください。

また下記のような契約不可の文章が表示された場合は、残念ながら審査に通過するのは難しいと判断できます。

【利用不可のメッセージ】

  • 「審査基準を満たしておりません」
  • 「端末の分割払契約件数を超えています」

上記のような利用不可のメッセージがでなければ、審査に通過する可能性は高いと考えてもいいでしょう。

auは携帯審査に通るか確認する方法はない!

残念ながらauでは事前に携帯審査に通るか確認する方法はありません。

分割払の審査はもちろん、新規契約審査についても基準が非公開なので、事前に調べるのは不可能です。

ただし、個人信用情報に問題がないか、自分で開示請求をして調べることはできます。

分割払いの審査が不安な人は、個人信用情報の開示請求も検討してみるといいでしょう。

ソフトバンクで携帯審査に通るか確認する方法はない!

フトバンクでも残念ながら携帯審査に通るか事前に調べる方法はありません。

分割払い審査だけで無く、新規契約審査についても、基準は非公開の為実際申し込んで見るしか方法はありません。

しかしauと同じように個人信用情報を自分で調べることは出来るので、不安な場合は個人信用情報をチェックしてくださいね。

分割払いでスマホが買えない場合の対処法

スマホが分割払いでも購入出来ない時はどうしたらいいでしょうか?

今の時代スマホを持たないという選択はありませんし、スマホは生活に必要ですよね。

ということで、スマホが買えないときの対処法をご紹介します。

滞納料金は一刻は早く支払う

もし料金を滞納している場合は、一刻も早く支払いましょう。

事故情報は約5年間残りますが、その間必ずしも分割払いの審査に通らないという訳ではありません。

10万円以下のスマホなら審査が下りる可能性も

前述の通り、スマホの金額によっても審査基準の厳しさは異なります。

10万円以下の生活必需品については、審査が緩和されますので、なるべく安いスマホを選んでみましょう。

お金を貯めて一括払いで購入するのが一番オススメですけどね。

スマホ以外の支払いも厳しいなら債務整理を検討も

スマホだけで無く、他の生活費についても支払いが厳しいのであれば、債務整理を検討してみましょう。

債務整理とは、借金が膨らんで支払いが難しくなった場合に、法律に基づいて借金を減額したり返済を面積したりしてもらえる手続きのことです。

債務整理には、任意整理、自己破産などがありますよ。

自分で債務整理を行うことも法律上は禁止されていませんが、専門知識を要する難しい手続きであるため、弁護士に依頼する人が多いです。

借金問題は、放置する時間が長ければ長いほど、利息は遅延損害金が膨らんで悪化してしまいます。

事務所によっては後払いなど柔軟に対応してくれるので、早めに弁護士に相談してみましょう。

まとめ

現在の収入や過去の滞納履歴により、スマホの分割払い審査に落ちてしまうこともあります。

またスマホの金額が10万円を超える場合にも、審査が厳しいといえますね。

どうしてもスマホを購入したい場合は、滞納分があれば一刻も早く返済し、現金一括払いをするか、10万円以下のスマホを購入するようにしましょう。

滞納の返済が難しい、厳しい場合は、早めに弁護士に相談してくださいね。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする