他社借入が4件以上!返済が厳しい時の対処法について

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

急な出費があったり、収入が減ったりしてしまうと、お金に困ってしまいます。

貯金がしっかりとできていれば多少は工面できるでしょうが、ほとんど貯金ができていない人の場合は出費によって生活が苦しくなる可能性も考えられます。

カードローン

そのような時に、カードローンを使ってお金を工面しようとする人もいるでしょう。

最初のうちは借入額が少ないですが、自転車操業になってしまうと借入額や借り入れしている会社の数が増えてしまうというケースもあります。

そこで今回は、借金の件数4件以上になると要注意だと言われている理由やどうしても返済が
厳しくなってしまった時の対処法について解説していきます。

借入をするなら総量規制について知っておこう

借入 総量規制

いくつかの会社から借入をしていると、新たな借り入れができなくなってしまう場合があります。

それには総量規制が関係しています。

まずは、総量規制とは何か、借金の件数が多くなると新しく借金ができなくなる理由といった点について解説していきます。

総量規制とは?

借入 総量規制

裁量規制は、借りる人の年収などを基準にして計算される金額となり、算出された金額の1/3を超える金額を貸付してはいけないと定められています。

つまり、返済能力を超えた貸付はしてもらえないということです。

年収300万円の人が借入しようとした場合は、最大100万円までが貸付可能金額となります。

総量規制と他社借入の関係

借入 総量規制 他社 関係

裁量規制によって、年収の1/3を超える借入ができないということを知っていただけたでしょう。

しかし、年収の1/3を超える借入は1社からなのか、それとも複数社を合わせた合計なのか、知りたいという人もいるはずです。

この金額は、1社だけではなく複数社の借り入れを合わせたものになります。

年収300万円だった場合、Aから25万円、Bから45万円借りていたとすると、Cからは30万円までしか借りることができなくなります。

借金の件数が多くなると新しく借金ができなくなる理由

件数借入件数 多い 出来ない

新しく借金ができなくなる理由には、返済能力がないとみなされているというものが最も多くなります。

返済しなければいけない数が増えれば、済日も数日に渡るため返済のスケジュールを上手く管理できなくなる可能性があります。

返済スケジュールが管理できないと、返済滞納につながってしまうことも考えられるため、借金の件数や金額が大きいと新たな借入ができなくなってしまいます。

また延滞期間が長引いてしまうと借入残高が膨らんでいき、任意整理や民事再生、自己破産などをするケースも少なくありません。

そうした場合、貸金業者は満額の回収ができなくなってしまうのて、リスクを回避するためにも、返済能力がないと考えられる人にはお金を貸さなくなるのです。

借り入れが増えてしまう人の特徴

借入件数 多い特徴

借入件数が増えてしまい、苦しい状況になってしまう人には共通点があるのですが、つい借入をしてしまう人で、以下条件が当てはまっているなら要注意です。

お金がどのように流れているか把握できていない

目先のお金だけしか見ていないと、お金の流れを把握できなくなります。

そうならないためにも、今月の給料はいくらか、いくらまでなら使っても赤字にならないかをきちんと考える必要があるでしょう。

少なくともこの2点を理解しておかないと、収入が支出を上回り、赤字になってしまう可能性が高まってしまいます。

生活費がどのくらいかかるのかなどをきちんと把握できるようにすれば、収支のバランスを整えることができるので、家計簿をつけるなどして対策をするとよいでしょう。

その時の感情だけでお金を使ってしまう

お金 使う

目先の感情だけでお金を使ってしまう人も、借入件数が多くなる傾向があります。

私たちには生まれつき将来的な利益より、今の利益を優先する現在思考バイアスというものが備わっています。

そのため、長期的なスパンで物事を見られない状況だと言え、意識をしないまま生活していると、その時の感情だけでお金を使ってしまう状態に繋がりやすくなります。

そうすると、お金がどんどん無くなり借入をしなければいけない状況になってしまうので注意が必要です。

浪費してしまう

浪費 借入 多い

つい、浪費してしまう人も借入が多くなりがちだと言えます。

浪費は、ギャンブルや衝動買いなど生活に必要がない無駄な出費のことを指します。

それとは別に、消費は生活するうえで欠かせない食費や光熱費など、投資は自分の将来につながる資産運用費や会食費、資産運用費などを指すので混同しないようにしましょう。

この中で、浪費の割合が著しく多い場合は、危険な状態だと思うべきです。

お金を使う時 考える

お金を使おうとした時に、本当に必要か、人生が豊かになるのかを考える時間をつくるようにしてみると、お金の使い方が変わっていきます。

借金が多くなる人は、どうしてもお金の管理が上手くできない傾向にあるので、誘惑に負けてしまうことは誰にでもありますが、お金を使う際はある程度自制するとが大切です。

特に、浪費を無くすための意識改革は重要になるので意識してみると良いでしょう。

そして、お金がどのように流れているのかという点も把握できるようにしておくと借入残高を減らせるようになっていきます。

返済が辛い場合はどうすべき?

複数社から借入をしていると、返済が大変だと感じるようになってしまうものです。

最後に、返済が辛い場合はどうすべきなのか、その対応策について解説していきます。

おまとめローンを利用する

借入残高 多い

おまとめローンは、複数の借り入れを1つにまとめることができるローンで、これまでの借入で発生した金利と比べると低い金利で借入が可能となります。

さらに、返済先を1つにまとめることができるので返済日を忘れて滞納してしまうリスクを回避できます。

利用するメリット・デメリット

メリット デメリット

おまとめローンを利用することで様々なメリットを享受できますが、デメリットも存在するのであらかじめ把握しておきましょう。

管理がしやすくなる

カードローン 管理 しやすい

借入を1社にまとめることができます。

そのため、どのくらい借入しているのか、いつ返済するのかといった点を把握しやすくなるでしょう。

返済計画も立てやすくなるので、将来の見通しも立てやすくなります。

金利が低くなる場合がある

低金利 低い

最終的に支払わなければいけない利息を軽減できる場合もあります。

借入額が大きければ大きいほど金利は低くなるので、まとめれば負担を低くできます。

追加で借入ができないケースもある

追加 借入 出来ない

返済に特化している商品もあるため、追加の借入ができないケースもあります。

急な出費があった時に、新たにキャッシングしてしまうと結局返済しなければいけない金融機関が増えてしまい、おまとめローンの意味がなくなってしまうため注意が必要です。

もし、さらなる借入が予想されるなら、追加融資に対応しているおまとめローンを選んだ方が良いでしょう。

審査に落ちてしまう場合もある

借入 審査 落ちる

申込をすれば必ず利用できるわけではなく、他のローンと同じように、審査に通過しなければ利用することができません。

これまでに何度も返済を延滞したり、定期的な収入が見込めなかったりする人は、利用できない可能性が高くなります。

何らかの理由でお金が必要になった時、借入をするという人は一定数います。

1件だけならそこまで大きな負担にならないケースが多いですが、借金の件数4件以上になると負担が大きくなってしまうので注意が必要です。

返済が厳しいと感じたら、おまとめローンなどの利用を検討し少しでも負担を軽くしてみましょう。

借入が大きくなる人の特徴に該当すると思ったら、お金の使い方や考え方を改めてみるのも1つの手法です。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする