『キャッシング』の危険なこと―“延滞”を避ける方法!!

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

冠婚葬祭や出産祝いなど、どうしても“数日中に数万円捻出しなければいけない”とき――『借りる相手』がいるでしょうか?

両親・兄弟姉妹には“身近過ぎるがため”に借金の申し込みはできない。

そしてまた、友人や恋人には“プライドが許さない”ため、「お金を貸してくれ」何て言えない。

――別に以上のようなことは、オカシクも何でもありません。

いたって、“普通のこと”――もっと言えば、そういった感情は『常識的・良心的な人間』という証明でもあります。

『借金をする人』というのは、世間ではいわば“非常識な人間”と思われがちですけれども、そんなことはありません。

『借金のこと』でご相談なさる方のほとんどに共通する点が――

    • ・真面目(マジメがゆえに、他人から借りられない)

    • ・優しい(貸す側の気持ちを理解しているがゆえに、借りられない)

    • ・信頼あり(友人や知人が多く、周囲の人から信頼されている)

    • ・家族想い(家族と温和な関係にある)

    • ・常識家(人として守るべき道をかたくなに守っている)

――上記の5つのポイントです。

やはり「社会的な自立をしている人」「責任をひとりで抱え込む人」などが“借金をしやすい傾向”にあり、かえって「社会的に自立をしていない人」「責任を他人に押し付けるような人」は“借金をしようとしない傾向”があります。

『他人を自分の“金銭問題”に関わらせたくない』

――そう考えている人ほど、周囲を見渡せば“お金を貸してくれる人”が沢山いるのにもかかわらず、[キャッシング・サービス]を利用します。

必要なときに“必要な分”だけ借りることのできる[キャッシング・サービス]

昨今では――

    • ・即借り入れ可能

    • ・低金利

    • ・WEBからの申し込みが可能

    • ・インターネット上からの借入管理

    • ・多彩なサービス

               ……etc.

――多くの機能を備えていて、周囲の人に“バレる心配”も極力少なく、本当に≪便利≫ですよね。

確かに『便利』ですけれど『便利』なことだらけで“危険”はどこにもないのでしょうか?

――いいえ。
通常の利用では充分すぎるほど『便利』ですけれども、間違った利用方法をしてしまえばもちろん“危険”なことも……。

そこで、≪キャッシングにおける『危険』についての例≫および≪危険の回避方法≫をご解説・ご紹介します。

キャッシングの『危険』なこと

返済の延滞

キャッシングのご利用において、もっとも注意しなければならないことが“借りたお金を期日までにちゃんと返済する”ということです。

返済を怠るとどうなるか――

①ブラックリスト

金融関連における“いざこざ・問題”のことを総称して『金融事故』と呼ばれています。

≪『金融事故者リスト』=ブラックリスト≫

一度、罪を犯した者の名前が警察のデータのなかにずっと残ってしまうように、金融関連における“事故者”というのも、無論、残ってしまうので気を付けましょう。

金融事故者リストに名が記載されてしまうと、その後、“金融関連の企業から借り入れすること”が非常に難しくなります。

②損害遅延金の支払い

【損害遅延金:20%(年率)】

どの金融企業のHPにも『損害遅延金』というものが記載されています。

<現金50万円を借り入れした場合>

借り入れ額 :50万円
利率    :18%(年率)
借り入れ日数:30日(ひと月)

[通常]

50万(借り入れ額)×0.18(利率)÷365(一年)×30(ひと月)=7,397円

返済額は[507,397円]ということになります。

[滞納(1日遅れ)]

50万(借り入れ額)×0.18(利率)÷365(一年)×31(ひと月+滞納日数)=7,643円

返済額とは別に、『損害遅延金』を算出し支払わなければなりません。

50万(借り入れ額)×0.20(利率)÷365(一年)×1(滞納日数)=273円

返済額は[507,916円]ということになります。

[滞納(60日遅れ)]

50万(借り入れ額)×0.18(利率)÷365(一年)×90(ひと月+滞納日数)=22,191円

50万(借り入れ額)×0.20(利率)÷365(一年)×60(滞納日数)=16,438円

返済額は[538,629円]ということになります。

上記のように、どんどん転がって行くように“借金が増えてしまうそんなことが実際にあり得るのです。

返済をするにしても[18%/利率]分と[20%/滞納利率]分を返済するだけでもいっぱいっぱいになってしまえば――もう、返済する方法は“他人を頼る”または“自己破産”しか方法がありません。

このような

“金融事故”

を起こさないためにも、まずはあらかじめ『対策法』を利用することがポイントです。

返済の延滞をしないための対策

支払いスケジュール
カテゴリ: ファイナンス, ビジネス

このアプリは、今や、生活のなかで欠かせなくなった“スマートフォン”内にて『支出/収入・支払いなど』をそれぞれ記録/管理することができます。

“支払いリスト”「キャッシングの返済」を追加しておけば、当月に『支払わなければならない支出分』をまとめられるので、支払い忘れ/返済不可能などを防止することが可能。

現代ならではの『滞納/延滞防止』法で、返済が滞らないように気を付けましょう。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする