低金利で資金調達!~事業資金借入の種類について

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

事業資金や開業資金を調達するにあたって、借入方法はしっかりと理解しておかなければなりません。

事業資金借入方法はいくつか種類があり、どこから借入するかによって審査基準や金利などが異なります。

新規事業立ち上げや、その他設備投資にはできるだけ低金利で資金を調達したいものでしょう。

そこで今回は、事業資金借入方法の種類や金利などを紹介します。

事業資金の借入先はどこがあるの?

事業資金 借入先 どこ

多くの人は、事業資金調達のための借入というと銀行融資をまず思い浮かべるでしょう。

金融商品を取り扱っている金融機関は、銀行はもちろん信用金庫や公庫なども含まれ、「プロパー融資」や「保証付き融資」などを行っています。

プロパー融資は保証会社を利用せず、保証人・担保・またはその両方を付けて融資するという仕組みがあります。

ローン 保証人
一方、保証付き融資は名前の通り保証会社に保証料を支払い、第三者の保証人を付けず低金利で融資が受けられる仕組みです。

保証付き融資は、基本的には信用保証協会法に基づき設立された公的機関が信用保証協会の保証を受けます。

信用保証協会が保証に付くことで、金融機関は融資のリスクを軽減できるため、低金利が実現できます。

信用保証協会の保証を付けるのは、銀行・信用金庫のみで、国の税金で成り立っている公庫は保証協会を使いません。

信用保証協会は担保の有無で保証限度額に違いがありますが、多額融資でも少額融資でも柔軟に対応してくれます。

銀行は「株式会社」であり、信用金庫は「地域密着型の組合組織」、公庫は「日本政策金融公庫の金融機関」となり、全て同じ金融機関ではありますが、組織形態や特徴が大きく異なり、融資の手続きも違いがあります。

また、銀行融資や公庫の融資のほかに、ビジネスローンを活用して資金調達している方も多くいます。

自社にとって無理のない範囲で借入するには、どこの借入先が適しているのかわからない人は、それぞれの特徴や金利、借入方法を比較すると良いでしょう。

金融機関による融資の特徴や金利

金融機関 融資 特徴や金利

まず、銀行・信用金庫・日本政策金融公庫の特徴を紹介しましょう。

どの金融機関も金融商品を扱っていますが、組織や経営の目的が異なります。

銀行

銀行 借入

銀行融資は、企業の信用が重要視されるのが特徴で、銀行との取引や審査において評価を受けなければなりません。

そのため企業の信用があるかどうか判断するための期間がかかってしまいますが、、銀行融資は低金利で借入を行っているケースが多く、多額の事業資金が必要な時に適しています。

特に、給与振込の受け取り口座指定をしている企業や、公共料金の引き落とし口座指定している企業など、メインバンクとして利用している企業に対して、低金利で貸付する傾向があります。

銀行によって異なりますが、銀行融資の金利は2~3%が相場ですが、融資期間や調達方法、事業規模に応じて金利を下げてくれることもあります。

住宅ローン

企業ではなく個人の場合は信用情報が重要視されるので、返済能力や返済状況などを今一度確認しておくと良いです。

住宅ローンの契約をしている銀行であれば、その分金利の引き下げを行っている所も多いです。

近年は、大きな企業はもちろんのこと、個人事業主や中小企業にも積極的に事業融資を行っています。

信用金庫

信用金庫

前述したように、信用金庫は地域密着型の組合組織であり、信用保証協会による保証を付けて融資するのが特徴です。

株式会社である銀行と違い、利益を追求するよりも地域の発展に向けた取り組みに積極的なので、事業資金借入においても顧客に寄り添ってくれるでしょう。

事業資金融資は、自ら役所へ行き証明書類や手続きを行う必要がありますが、信用金庫は事前に委任状を渡すことで代行しれくれるため、事業所内で申し込み・手続きが完結するのも大きな特徴です。

企業の審査基準も銀行程厳しくなく、少額融資でも柔軟に対応してくれますが、銀行よりも資金力が弱いので、高額融資の場合は対応できない場合もあります。

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫

公庫も国の税金から成り立つ金融機関であり、営利を目的としないため顧客に寄り添った対応をしてくれます。

担保や制度によっては金利が変わってきますが、政府金融機関なので低金利で融資を行っているのが特徴です。

例えば、担保が不要の場合は金利が0.41~0.30%、担保有りの場合は0.30~2.25%、新規事業や創業のための融資では0.96~2.85%です。

低金利で比較的借入しやすいですが、融資までに時間がかかることがあります。

融資 審査 契約 面談

その理由は、審査・契約それぞれに面談が設けられているからです。

事業資金調達でたとえ少額の融資であっても、1ヶ月程度要すると考えておきましょう。

ただ、事業資金・開業資金・設備投資など様々な用途の融資に柔軟に対応しているので、借入しやすいことは大きなメリットです。

ビジネスローンで借入する方法もあるがリスクがある

ビジネスローン 借入 リスク

事業資金としてすぐに借入したい場合、ビジネスローンを検討する企業も多いです。

銀行や信用金庫といった公的融資よりも審査が甘く、すぐに資金が必要な時に利用しやすいといった特徴があります。

ビジネスローンの申し込みには、確定申告書・収入証明書などが必要になるため、開業後すぐの申し込みや開業資金として利用することはできません。

借入先としては、銀行とノンバンクと呼ばれる信販会社・ビジネスローン専門業者・消費者金融などがあります。

銀行は最短1週間、その他は最短2~3日と早いですが、金利は銀行が10%、ノンバンク18%と公的融資よりも金利が高めです。

即日融資を検討しているのであればノンバンクで対応できますが、中には悪徳業者が融資を行っているケースもあるので注意しなければなりません。

また、ノンバンクは公的融資と異なり、債務状況やクレジットカードなどの借入金が全て照会され信用情報を審査されます。

信用情報ブラック登録者や、所得の過少申告者は審査が通らない可能性があります。

より低金利で借入するには?

低金利 借入

借入先によって金利は異なりますが、同じ借入先であってもより低金利で融資を受けるにはどうしたら良いのでしょうか?

融資期間を短期間にする

融資期間

金融機関にとって、融資期間は長ければ長い程資金回収が遅れるのでリスクとなるので、できるだけ融資期間が短い人に融資の対応をしたいと考えます。

1年未満の借入の場合、手形貸付として分割返済できるので、できるだけ融資を短期間にしましょう。

融資期間を長く設けると、月々の返済額の負担も軽減されますが、その分金利が高くなる可能性があります。

売上が入金される口座を返済口座にする

売上入金口座 返済

返済が遅れると、その後の金利が高くなってしまったり、遅延利息が発生してしまったりと様々な問題が起こります。

返済の遅れがないようにするためにも、売上金が入金される口座を返済口座として登録するよよいでしょう。

確実に引き落としできる状態にしておけば、リスクが軽減する分金利を下げてくれる可能性があります。

担当者との面談で定性分析の評価を上げる

担当者 面談 定性分析 評価

融資の審査においては、企業の決算書を基にした定量分析による評価と、経営者の人柄・考え方を基にした定性分析による評価も行われます。

より低金利で融資を受けるには、企業の安定した業績が条件となりますが、面談で自社の魅力や収益性をアピールするのも方法の1つです。

融資の決裁者とされる支店長や融資部長と直接面談したり、担当が違っていれば事業所で会った時に自社の魅力をアピールしたりと意識しておくと良いでしょう。

また、業績が低迷した時の対策や災害・盗難等のリスクヘッジについても話しておくと、信頼度が高まります。

事業資金や開業資金でまとまった資金が必要になったとき、事前に借入先や借入方法が理解できていれば融資を受けるまでがスムーズに進みます。

事業資金の借入をする場合、自社の規模や業績、また融資期間などを考慮して、低金利である等、最も適している借入方法を選択するようにしましょう。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする