プロミスの一次審査とは、審査を通過するために必要なものは?

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

プロミスの一次審査とは?

プロミスに申し込みを行う場合、必ず通過しなくてはいけないのが審査となります。

この審査は申し込み者に問題が無いのかどうかを詳しく調べるために行うものであり、プロミス側も審査をすることで出来るだけ貸し付けした際の借り逃げといったリスクを軽減する狙いがあります。

もし審査を行わずにお金を貸し付けしていた場合、貸す人がどんな人なのかも全く分からないままお金を貸すことにもなりますし、住所などに嘘があっても審査をしていなければその嘘を見抜くことも出来ません。

そして仕事をしていない場合でも審査を行わない場合にはそれが分らない為、収入の無い人に貸し付けしてしまうというリスクが高まってしまうことになります。

現在では貸金業法が強化され総量規制があるため無職への貸し付けは出来なくなっていますが、仮に記載した収入が嘘であった場合や勤務先に虚偽があった場合でも審査をしていなければそれを知ることが出来ないと言うことになります。

そのためプロミスだけでなく全てのカードローンには審査があるのが当たり前と言えますし、審査をすることで貸す側も利用者を厳選することが可能になるわけです。

プロミスでは審査が二段階になっており一次審査と二次審査に分かれています。これは一次審査と二次審査で審査の内容が異なっているためで、一次審査を通過出来た人のみが二次審査という本審査に進むことが出来る仕組みとなっています。

プロミスの一次審査は基本的にプロミスの決めた返済能力などの審査基準を満たしている人だけが通過できるシステムとなっており、人の手ではなく機械を使用して審査を行うことになります。

これは一次審査の段階で利用者をふるいにかける必要性があるため機械を使用してお借入診断を行うことになっています。

何故一次審査が必要なのかと言えば、プロミスに申し込みをする人の数は毎日相当数の人数が申し込みを行っているため、それをいきなり人の手で詳しく審査しているとカードローンのメリットの一つである即日審査・即日融資が難しくなってしまいます。

もし即日利用が審査の問題で出来ないとなると利用者側にとってはプロミスを利用する魅力が半減しますし、それならば他のカードローンを利用しようと考える人も増加することになります。

これはプロミスの経営にも関わる重大な問題となるため一次審査を導入することで素早く利用できるかどうかの仮審査を可能にしていると言えます。

一次審査では氏名や住所、勤務先などの情報を信用情報機関の情報と照らし合わせることで申し込み者の過去に金融事故などの問題が無いかどうか、現在の状況はどうなのかを審査することが出来ます。

この段階で信用情報に問題がある場合は一次審査を通過出来ずプロミスの利用は出来ないと言う判断に至るため、お借入診断は問題のある申し込み者を大幅に減らすことが出来るわけです。

そうすることで数多く申し込まれている中から問題がないであろう人を選別することが出来、一次審査を通過した人だけを二次審査で詳しく審査することが可能になります。

このことにより即日審査・即日融資が可能となり利用者側の利便性もアップすることに繋がっていると言えます。

ただ一次審査のお借入診断はプロミスの決めたポイントさえクリアできていれば審査を通過出来ることになり、その場合実際には問題を抱えている人が審査を通過してしまう場合も有ります。

例えば結婚して名字が変わっている場合には結婚前のカードローン情報は一次審査で意味を成さないことになります。

その場合問題を抱えているのにもかかわらず審査を通過してしまい、そのまま契約してしまうとプロミス側に大きな痛手になることも考えられます。

それを防止するために二次審査が行われることになり、その段階で一次審査で問題が無かった人をさらに詳しく審査することになります。

プロミスの二次審査とは?

プロミスの二次審査は本審査と呼ばれるものであり、一次審査が機械を使用したお借入診断だったのに対し二次審査は人の手を使用して事細かに申し込み者のことを調べていく審査となります。

この二次審査では一次審査では氏名や住所、勤務先だけだった情報に、さらに勤続年数や年収、記載情報に虚偽が無いかどうかを調べる審査を行うことになります。

二次審査では人の手を利用した電話での本人確認や記載した勤務先に本当に所属しているのかどうかを確認するための在籍確認も行われることになります。

何故本人確認や在籍確認が必要になるのかと言えば、本人を装って他人が申し込みをしている可能性もあるため本当に申し込みをしたのが本人なのかどうかを確かめることでトラブルを未然に防ぐ意味もあります。

在籍確認に関しても在籍していることを確認することで安定した収入があり返済に問題が生じないであろうことを確かめるために必要となるわけです。

機械での審査ではこういった細かい審査は不可能ですので、人の手を利用してさらに審査を行い貸し付けするのに問題が無いかどうかを調べることになります。

この二次審査では勤続年数なども大きく影響することになり、仕事をしていても勤続年数が短い場合は安定した収入が無いと見なされてしまうことも少なくないですので、一次審査は通過出来たが二次審査で落とされると言うこともあります。

それと申し込み金額が多すぎる場合もそれが影響することで審査を通過できないケースも考えられます。

貸し付けする側からしてみればリスクを軽減するために審査を行うわけですので、少しでも問題があると感じた場合にはそれを取り除くのは当然のことだと言えるでしょう。

審査に落ちないためにすべきこと

プロミスの審査を通過するためには出来るだけ審査で問題ありと判断されないことが重要となります。

一次審査の場合他社の借り入れがある場合はその金額が審査に影響することもありますし、過去にカードローンの利用で問題を起こしていた場合も一次審査を通過出来ずプロミスの利用は不可能となることもあります。

なんとか一次審査を通過出来ても二次審査で問題が発覚すれば結局利用は出来ませんし、他社での借り入れ金額は貸金業法の総量規制の対象となるため、プロミスに申し込んだ金額次第では総量規制の規制に引っ掛かり審査通過できないこともあります。

そのためプロミスを利用する場合には出来るだけ他社の借り入れは無い状態で申し込むことが重要となります。

それと同時にいきなり多額の金額での申し込みはしないほうが良いと言えるでしょう。

これは多額の金額での申し込みの場合総量規制に引っ掛かるケースと金額が大きすぎて収入とのバランスを考えた場合に審査を通過できなくなると言うことがあります。

所得とのバランスを考え、少額の申込み、または借り入れ希望金額が20万円以下のほうがスムーズに審査を通過できるといえます。

プロミス側も少額であれば貸すリスクが低くなるわけですので、申し込みの際には20万円以下での申し込みを行いましょう。

それと記載した情報に虚偽や間違いがあればそれが審査を妨げることにもなるので、提出する情報はウソの無いように細心の注意を払うことが審査を通過するためのポイントとなります。

身分証明書の住所と提出した住所が違うだけでも虚偽扱いになるのでそういった小さなミスが無いようにすることが重要となります。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする