他社借入ありでも借りれるローン商品の注意点と探し方をご紹介

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

他社借り入れがあるという状態は、基本的にローンの申し込みをする際にプラスに働くということがありません。

そして、他社借り入れ件数が多すぎると新規の借り入れに関しては審査に通過することが出来なくなるケースが非常に多いために、他者借り入れ件数が多すぎる人の場合は、新規に借りることが出来るローン商品を吟味しなければならないという状況に陥ることになります。

そのような状況で、何も考えずに一般的なカードローンを提供しているような消費者金融や銀行に申し込みをしても審査に通過することが出来ないということが挙げられますので、こちらでは、他社借り入れありでも借りられるローン商品について詳しく紹介していきます。

他社借入件数が複数あっても融資可能!返済能力があれば大丈夫!
他社借入利用中でもまずはお試し診断!⇒おすすめランキング一覧はコチラ! 他社借入件数が複数?まだまだ大丈夫!アコムならあなたの強い味方! ...
他社借入件数が4件以上と多い方も融資可能!
他社借入複数あってもまずは数分でできるお試し審査!⇒おすすめ一覧はコチラ 他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアコム! ⇒...

他社借り入れが多くてもおまとめローンや借り換えローンは通りやすい

他社借り入れ件数が多いという状況で、新たにローンを利用したいという場合にオススメなのが、おまとめローン借り換えローンといった、複数の貸金業者から借りているローンを一本化することが出来るローン商品となっています。

おまとめローンや借り換えローンというようなローン商品の場合は、貸金業法で定められている制限から除外されるローン商品となっていますので、年収の3分の1を超えて借り入れをすることも可能となっていることが特徴的です。

そして、おまとめローンや借り換えローンというのは、上記でも紹介したように他社からの借り入れを一本化するために用意されているローン商品となっているので、当然のことながら他社借り入れ件数がゼロの場合だと利用することが出来ないローン商品です。

そのため、複数の貸金業者からローンの借り入れをしていることが前提となっているローン商品なので、他社借り入れ件数が多い状態でも利用することが出来やすいローン商品の一つとなっています。

他社借り入れ件数が多い状態で新規にローンの借り入れをしたいという場合にオススメすることが出来るおまとめローンや借り換えローンについてですが、これらのローン商品に申し込みをする場合には、今までに取引実績がない金融機関に申し込みをするケースと、既に取引実績がある金融機関に申し込みをするケースの2つがあります。

この場合にオススメすることが出来るポイントは「キチンと返済実績のある金融機関を選択する」ということになります。

ローンを新規に利用する際には証明することが出来ない実績の一つに返済実績というものがあり、これは毎月の返済日にキチンと返済をしていたということを証明するための実績となります。

おまとめローンや借り換えローンを利用しなければならない方の場合は、収入に対しての返済が過剰となっているために、返済が滞りがちになりやすいです。

このような状態になると、返済を遅滞したという扱いになってしまうために、個人信用情報機関に記録されてしまう可能性が高いです。

個人信用情報機関に記録されてしまうと、社会的な信用が急激に落ち込むことになりますので、おまとめローンや借り換えローンの審査に申し込みをした場合でも審査に通過することが出来なくなる恐れがあります。

そのため、出来る限り長い期間、キチンと返済を続けている金融機関が提供しているおまとめローンや借り換えローンを利用することが、最も審査に通過しやすい方法となっています。

借り入れ件数が6件以上でも諦めない!中小消費者金融のおまとめローン
件数がかなり多い方、他社借り入れ件数が6件、7件、8件となってしまった方は!? 他社の借り入れ件数が膨れ上がってしまって月々の返済が困...

担保や保証人が必要なローン商品は審査に通過しやすい

他社借り入れがある状態というのは、上記でも紹介したように新規でローンを利用することが難しい状態となっています。

しかし、他社借り入れが多いという状態でも新規に借りることが出来るローン商品というのは確かに存在していますので、正しい知識と対策を取るということが重要です。

そしてこちらで紹介するローン商品というのは、「保証人や担保を用意することが出来るローン商品」となっていて、一般的に利用されているカードローンやクレジットカードのキャッシング枠というのは基本的に無担保での貸し付けとなります。

無担保での貸し付けというのは、利用者本人の社会的ステータスや返済能力の有無を判断して貸し付けをするというような仕組みになっているために、他社借り入れが多い状態だと審査に通過することが難しくなってしまいます。

しかし、担保や保証人を用意しなければならないようなローン商品の場合は、申し込みをした本人が返済することが出来なくなってしまった場合でも、担保を取り上げたり保証人に請求したりすることが出来るために、ローン審査の難易度自体は下がる傾向にあります。

保証人や担保を用意しなければならないローン商品というのは、多額の借り入れをするようなローンを思い浮かべる人が多く、住宅ローンやリフォームローンに代表されるような1,000万円を超えるような借り入れをイメージしている人が多いです。

しかし、実際には数百万円程度の借り入れをする、おまとめローンや借り換えローンなどのローン商品でも保証人を求められるケースが多くなっていて、このような場合でも保証人を用意することによって審査の難易度を引き下げることが可能になっています。

注意するポイントとしては、おまとめローンや借り換えローンというのは、複数の他社借り入れ件数を1件にまとめるためのローン商品だとされていますが、あまりにも借り入れ件数が多い場合には利用することが出来ないケースが多いです。

そして、おまとめローンや借り換えローンを利用しなければならない人の場合は多重債務者となっているケースが多いために、そのような場合では返済が滞っているケースも多いために、その点から審査に通過することが出来ないということになります。

しかし、保証人や担保を用意することによって審査に通過することが出来るようになりますので、そうすることで貸付金利の低いローンに乗り換えることが出来て、さらに返済回数も少なくなりますので、生活環境を立て直すことが出来るということに繋がります。

大手の貸金業者ではなく、中小の貸金業者を探す

一般的に、他社借り入れ件数が3~4件になると大手の消費者金融では新規の借り入れを断られるケースが非常に多くなります。

ここで言うところの大手というのは、テレビのCMや雑誌の広告などでも頻繁に目にする消費者金融となっていますので、地方にある貸金業者に関しては含まれません。

地方にある貸金業者の場合は、地元では有名だが全国的には知られていないというケースが非常に多いために、このような場合は中小の貸金業者に含まれます。

そして、一般的には初めてカードローンを利用するという人の場合は、大半が大手の消費者金融を利用することになりますので、大手の消費者金融で借りることが出来なくなった人が地方にある中小の貸金業者を頼るというケースが非常に多いです。

そのため、審査の難易度だけで判断をするのなら大手の消費者金融よりも地方にある中小の貸金業者の方が審査の難易度が低くなっているということが挙げられます。

ただし、借り入れをすることが出来る金額に関しては、大手の消費者金融に比べて中小の貸金業者は低くなっているということが非常に多いために、必要な金額を借りることが出来ないケースが多いので、その点に関しては注意しなければいけません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

他社借り入れ件数や他社借り入れ金額が多いために、新規にローンを利用することが出来なくなって、どうすることも出来ないというように嘆いていた人も多いかもしれませんが、知識と実績を上手く活用することによって借りることが出来るということが分かってもらえたと思います。

こちらで紹介したのは、他社借り入れがあっても借りることが出来るテクニックの一例となっていますので、その他のテクニックを知りたいという方は、他の記事を読んでみて下さい。

中堅消費者金融なら他社借入件数が8社以上でもおまとめローンは可能?
『中堅の消費者金融なら、他社借入件数が8社以上でもおまとめローンを利用できる?』 2016年現在、他社の借入件数が8件以上になっているとい...

【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする