クレジットカードでの他社借入が、カードローン審査に及ぼす影響

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

カードローンをする際には、一般的に他社の借入件数や借入金額を提示しなければならないということになっていますが、クレジットカードを利用している人の場合は自分の利用金額を完璧に把握している人というのが少ないです。

これは、クレジットカード利用者の多くがリボ払いを選択しているためとされていてリボ払いの場合は現在の利用残高を把握するのが難しくなってしまうためとされています。

そこでこちらでは、クレジットカードを利用している人がカードローンを利用しようとしている場合に、他者借入がカードローンの審査にどのような影響を及ぼすのかということについて詳しく紹介していきます。

クレジットカードの利用金額はカードローンの他社借入と関係は?

カードローンの審査に申し込みをする際に提示する他者借入というのは、クレジットカードの情報が含まれないという情報を目にするケースも非常に多いです。

結論から紹介するとクレジットカードを利用している状態の借入というのは無担保融資に含まれることになりますので、カードローンの審査には影響を与えるということを知っておいて下さい。

2000年以前ぐらいの場合は、クレジットカードを管理している信販会社とカードローンを管理している貸金業者の間に情報を交換するというようなシステムが無かったために、高齢者の方の場合は「クレジットカードを利用していてもカードローンを利用することが出来る」というようなイメージを持っている人が多いです。

しかし、近年では個人信用情報機関がしっかりと全ての情報を管理していますので、クレジットカードの利用金額というのは、カードローンの審査にもキッチリと反映される仕組みになっています

そのため、クレジットカードの支払いに困窮してしまって、一時的にカードローンを利用することによって支払いに充当しようと考えている方は十分に注意するようにして下さい。

クレジットカードの支払い状況に関してもカードローンの審査で確認されることになりますので、「カードローンではなくクレジットカードだから」と言って申告しないと申告を隠していると判断されるケースがありますので、その場合はカードローンを利用することが出来る基準に達している場合でも審査に通過することが出来なくなる恐れもあります。

これらのことから、クレジットカードを利用した場合の他者借入がカードローンの審査に影響を及ぼさないから気にしないということではなく、実際に審査される際には十分に影響を及ぼすということになるために、クレジットカードの利用に関しても計画的に行わなければならないということを知っておいて下さい。

他社借入が多い場合の、クレジットカードとカードローンの審査の難易度について

クレジットカードやカードローンなどのローン商品を利用したいと考える人の多くは、「お金が必要な人」となっているケースが多いです。

そして、クレジットカードの場合は高いグレードのクレジットカードを所有することによって社会的なステータスとなるために持っておきたいという人も多いでしょう。

しかし、大半の場合は現金が必要なためにクレジットカードやカードローンに申し込みをするという方が多くなっていますので、こちらでは他社借入がある場合に、クレジットカードとカードローンでは、どちらの審査の方が通過しやすいのかということについて詳しく紹介していきます。

クレジットカードとカードローンのローン商品を比較した場合に、クレジットカードというのは商品を購入するためだけに利用することが出来ると考えている人が多いですが、近年のクレジットカードには、キャッシング枠というものが設けられているケースが多いので、実際には現金を借り入れることも可能になっています。

ただし、カードローンのように、キャッシング枠がメインということではなく、あくまでもメインとなるのはショッピング枠での利用となっていますので、クレジットカードの申し込みをした場合でもキャッシング枠の審査に通過することが出来ないケースもあります。

カードローンの場合は、審査に通過することが出来ると自動的にクレジットカードでいうところのキャッシング枠での利用ということになるために、現金を借り入れることが可能となります。

次に肝心なことについてですが、他社借入が多い場合にクレジットカードとカードローンでは、どちらの審査が通過しやすいのかということについてですが、こちらは比較の対象が難しくなっていますが、「現金を借りる」という目的に沿った場合ならカードローンの方が審査の難易度は低いということが挙げられます。

カードローンを提供している金融機関の場合は、他社借入が多すぎる場合に借り換えローンやおまとめローンなどで、他社の借り入れを一本化するというローン商品を提供しているケースが多いですが、クレジットカードの利用の場合は他社借入に対して敏感に反応するケースが多くなっています。

これらのことから、他社借入が多すぎる状態でさらに借り入れをしたいという場合はクレジットカードではなくカードローンを利用するように検討したほうが良いでしょう

他社借入件数が複数あっても融資可能!返済能力があれば大丈夫!
他社借入利用中でもまずはお試し診断!⇒おすすめランキング一覧はコチラ! 他社借入件数が複数?まだまだ大丈夫!アコムならあなたの強い味方! ...

クレジットカードを利用した他社借入で、最も重要視されるポイントとは

クレジットカードやカードローンを利用する際に、申し込みの時点で提示しなければならない情報の中に他社借入の情報について記載する欄があります。

これは、どのようなローン商品を利用する際にも提示しなければならない項目となっていますが、他社借入があることによって、クレジットカードやカードローンの審査でどのような影響を及ぼすのかということについて詳しく紹介していきます。

ローン商品の審査の際に設けられている他社借入という項目は、申し込み者の返済能力を測るために設けられています。

実際にお金を借りている人を想像すれば分かりやすいですが、例えば100万円を借りている人を見た場合に、同じ年収や社会的ステータスだったとすると、5社から借りている人と1社から借りている人では、どちらの方が返済能力を有しているでしょうか?

この場合は、1社から100万円を借りている人ということになります。

その理由としては、カードローンやクレジットカードを利用する人の多くは、「現在必要な分のお金を借りるためにローンを利用する」ということが挙げられますので、5社から借りている人の場合でも、初めは1社ずつ利用していたという背景があります。

しかし、1社ずつ利用していたのでは必要な分を借り入れることが出来なかったということが考えられるために、他社借入が多くなるということは、社会的な信用を切り売りしているということに繋がるということです。

これらのことから、他社借入というのは「金額」ではなく「件数」が重要視されるということを知っておいて下さい。

他社借入件数が4件以上と多い方も融資可能!
他社借入複数あってもまずは数分でできるお試し審査!⇒おすすめ一覧はコチラ 他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアコム! ⇒...

まとめ:

いかがだったでしょうか?

クレジットカードの他社借入が他のローン商品を利用する際の審査にどのような影響を与えるのかということについては、十分に理解してもらえたと思います。

基本的にはクレジットカードもカードローンも現金を借りるということについては、同じこととなっていますので、ローン商品の審査の際に他社借入について記入する欄がある場合には、どちらも記入しなければいけないということを知っておいて下さい。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする