カードローン審査に落ちた時考えられる全ての理由について

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

自動車の購入や、借り入れの返済をするためにカードローンの利用を検討している人もいるのではないでしょうか?

カードローンとは、金融会社や資金業者が個人に向けて融資を行うサービスのことです。

カードが連携している場合、コンビニのATMや銀行で簡単に引き出せるので、お金が必要になった場合すぐに利用できる便利なサービスです。

カードローン ATM

また、お金の使い道の自由度も高いためすでに利用している人、利用を検討している人も増加しています。

しかし、カードローンは借り入れの申し込みをし、審査を通過しなければ利用できません。

今回は、カードローンの審査に落ちた時に考えられる理由について解説します。

他社での借り入れ状況

他社 借入状況

審査に落ちる理由の一つとして、他社での借り入れ状況が大きく影響しているという事例が多く見れられます。

例えば、今回A社の借り入れ審査に申し込みをしたとしても、すでにB社・C社・D社・E社から借入をしている場合、審査を通る確率は低くなります。

一般的な消費者金融は、他社での借り入れが最大でも4件としているところが多く、それ以上は難しくなっています。

銀行カードローン

また、銀行カードローンは審査が厳しいため、他社での借り入れは最大でも2~3件が限界です。

同時進行で他社へ借り入れの申し込みをしていると、審査に通りにくくなってしまう恐れがあります。

審査は現状だけではなく、過去に利用した履歴も審査基準に入ります。

過去にカードローンやキャッシングを利用しており、そこで返済が3ヶ月以上遅延している場合、審査に落ちることはほぼ確定と言っても過言ではありません。

ブラックリストに登録されている

ブラックリスト キャッシング

貸付をするカードローン会社は個人の信用情報をもとに審査を行っています。

過去に金融事故を起こし、信用情報に債務回収・債務整理・保証履行・強制解約・破産申立・債権譲渡などの記載がある場合は、貸付を行いません。

また、このような情報は契約終了後5年以内は残るため、しばらくの間、審査を通過できなくなってしまいます。

ブラックリストに入るような金融事故は避けましょう。

記入不備や虚偽の記入

虚偽 申告

借り入れの申し込みをする際、申し込み情報に不備があったり、虚偽の情報を申込書に書いてしまうと、不信感を抱かれ通過できない可能性があります。

名前や生年月日など、絶対に間違えるはずのない情報に不備があった場合、名義貸しの可能性があると判断され、審査を通過できなくなってしまうのです。

審査を通過したいのであれば、申し込み情報に虚偽の情報を記入することは絶対に避けてください。

虚偽の情報を記入していたとしても必ず事実が判明し、不正な内容だったと判断されてしまい、場合によっては、会社のサービスを受けられなくなってしまう可能性もあるので、十分注意しましょう。

正直に正確な情報を記入することが非常に重要です。

本人確認ができない

本人確認 出来ない

申し込みをする際に必要になってくるのが本人確認です。

審査に通らない理由として、本人確認の際に必要な身分証明書が用意できなかったというケースがあります。

このように身分証明ができない場合、詐欺の可能性があると判断され、審査通過は不可能になるのです。

最近では、確実に身分証明を行うためにマイナンバーカードの提示を求めることもあるため、本人確認は必須となります。

代金支払いの滞納

代金 滞納

クレジットカード払いや、分割払いはその場で決済するのではなく、後に手元に請求書が届きます。

そのため、うっかりしていると商品代金の支払いが滞納してしまう恐れがあるのです。

審査に通らなかった人には、このような理由がありました。

クレジットカードの滞納

クレジットカード 滞納

信用情報に登録されているのは、カードローンやキャッシングの利用履歴だけではないということをご存じでしたか?

実は、日常的に利用しているクレジットカードの情報も含まれているのです。

クレジットカードで支払った代金は、2~3ヶ月以上滞納していると、カード自体の利用が停止されてしまいます。

そのような情報は全て信用情報に記録されるので、カードローンの借り入れをする際不利になる可能性があります。

1年に1回以上支払いを滞納すると審査に大きく影響するので、将来的に借り入れを検討している人は、支払いの滞納を避けてください。

携帯電話本体料金支払い滞納

携帯料金 滞納

ネットが普及した現代において、私たちの生活に欠かせないのがスマートフォンです。

スマートフォンを購入する際、本体料金を分割で支払うといった内容で契約をしているも多いのではないでしょうか?

月額料金は問題ありませんが、携帯本体料金を滞納していると信用情報に記録されてしまうかもしれません。

3ヶ月以上の滞納は大きく影響するので、携帯本体料金を分割で支払っている場合、定期的にチェックしておきましょう。

総量規制

sピサおる旺盛

総量規制とは貸金業法に基づき、金融会社や資金業者などから借りる金額の上限を規制する法律です。

申し込み者は、自身の年収の3分の1を超える貸付はできないとされており、それを超えると審査を通過することはできません。

しかし、銀行カードローンは総量規制が適用されないため、自身の年収の3分の1を超える融資額を希望しても、審査を通過する可能性があります。

希望する融資額が高い

希望融資額 高い

これは上記でご紹介した総量規制とも関係しています。

どの金融機関もそうですが、「継続的な返済ができる」と判断された人が審査を通過しています。

そのため、継続的な返済が見込めないような融資額を希望していることが理由になっているのかもしれません。

たとえ総量規制が適用されない銀行カードローンでも、希望する金額が高い場合は、審査通過が困難になります。

自分の置かれている状況をよく見て判断し、返済可能な相応の融資額を希望しましょう。

申し込みブラック

キャッシング 申込ブラック

ブラックという言葉が入っていますが、これは過去に金融事故を起こした場合に登録されるブラックリストとは全く異なる物です。

申し込みブラックとは、短期間の間に立て続けに借り入れを申し込んだことによって、審査の通過を妨げている状態のことを言います。

審査結果に関係なく、カードローンへの申し込みは個人の信用情報に記載されるため、申し込みをしたという事実は隠せません。

申し込みブラック

カードローン会社から見ると、申し込みブラックの記録がある人は、「よほどお金に困っている」「何か借りれない理由があるかもしれない」という印象を与えてしまいます。

そのため、返済能力がないと判断され、審査を通過できないという事例が実際にあるのです。

また、申し込みブラックの場合、犯罪に利用される可能性もあるとみて、カードローン会社に警戒されることがあります。

一度このように記録されると、半年の間信用情報に残るので注意が必要です。

カードローン会社からの信用を失うような記録が残らないようにしましょう。

このように、カードローン審査に通過できないのには様々な理由があります。

しかし、審査基準は各社で異なるため、利用を検討している人は慎重に手続きを行いましょう。

まずは、自身がどのような状況下に置かれているのか理解することが非常に重要です。

今までに何度も落ちているという人は、一度信用情報機関に情報の開示を求めてみてはいかがでしょうか?

原因が分かることによって、どのように改善するのが良いか明確になるので、ぜひ問い合わせてみてください。