北洋銀行「教育ローン」申込、絶対やるべき金利引下げ方法紹介

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

北洋銀行「教育ローン」お申し込み詳細

 詳細はこちらから

■ 教育に掛かる全ての費用のために利用できる教育ローン
■ 貸付金利は安心の年2.1%という低金利
■ がん保障付団体信用生命保険に加入できるから、万が一にも安心

北洋銀行が提供している「教育ローン」というのは、一般的な金融機関が提供している教育ローンと同じように、教育に掛かる費用のために利用することが出来るローン商品となっています。

入学金や授業料の他に、教科書費用や下宿費用、月々の仕送り資金としても利用することが出来るために、実質的には教育に掛かる費用以外の目的のためにも利用することが出来るとされています。

北洋銀行の「教育ローン」は利用限度額が高額になっていて、貸付金利については低金利となっているために、利用者のメリットが多いことでも知られています。

返済シュミレーション あり
お試し審査 なし
知名度 ★★★★★
パート・アルバイト 可能
即日融資 最短3日間程度で融資が実行される
土日祝日の融資 可能

【北洋銀行 教育ローン 詳細データ】

融資限度額 10~1,000万円
お利息 2.1%(実質年率)
返済方式 元利均等毎月返済方式
返済方法 口座振替返済
申し込み資格
  • 申し込み時の年齢が満20歳~満70歳未満の方
  • 完済時の年齢が満76歳未満の方
  • 道内に居住地と勤務先がある方
  • 保証会社の保証を受けることが出来る方
担保・保証人 原則として不要
遅延利率 14.6%(実質年率)
入会金・年会費 なし
必要書類
  • 本人確認資料(以下の(1)~(2)のいずれか1点)
    (1)運転免許証
    (2)健康保険証
  • 利用限度額の希望額が300万円を超える場合は、所得証明書類(以下の(1)~(4)のいずれか1点)
    (1)源泉徴収票
    (2)住民税決定通知書
    (3)課税証明書
    (4)公的証明書
  • 普通預金口座の届出印
  • 普通預金口座の通帳やキャッシュカード
  • 契約者と子弟の関係が確認出来る書類(住民票謄本など)
  • 入学金や授業料などの納入を通知する書類

北洋銀行の「教育ローン」を利用する際に必要な手続きについて

北洋銀行の「教育ローン」というのは、教育に掛かる費用のために利用することが出来るローン商品となっていて、従来の教育ローンと似たような仕組みになっていることが特徴的です。

こちらでは、北洋銀行が提供している「教育ローン」を利用する際に発生する必要な手続きと、手続きの流れについて詳しく紹介していきます。

まずは申し込みから利用開始に至るまでの全体の流れについて紹介していきますが、北洋銀行の「教育ローン」を利用する際には下記の5つのステップによって構成されていることが挙げられます。

  1. 申し込みをする
  2. 審査が開始されて、電話で結果が通知される
  3. 店舗窓口で契約を締結する
  4. 契約に基づいた金額が指定した口座に入金される
  5. 利用を開始する

このような流れを経ることによって北洋銀行の「教育ローン」を利用することが出来るようになります。

これだけを見ると、銀行を始めとする一般的な金融機関が提供している教育ローンと同じような手続きで利用することが出来るということがよく分かりますが、今までに金融機関が提供している教育ローンを何度も利用しているという人は少ないと思われますので、それぞれの手続きについてもう少し詳細に紹介していきます。

まずは申し込み方法についてですが、北洋銀行の「教育ローン」に申し込みをする方法としては、一般的にインターネット上から申し込みをする方が非常に多いです。

インターネットから申し込みをする方法に関しては、スマートフォンやパソコンなどのインターネットにアクセスをすることが出来る端末から北洋銀行の公式サイトにアクセスをして、「教育ローン」のページに設置されている申し込みフォームから手続きをすることが出来ます。

北洋銀行の「教育ローン」ではインターネットから申し込みをすることによって、金利が年0.1%引き下げられることになりますので、窓口から申し込みをするよりも優遇されているということが挙げられます。

申し込みの手続きが完了すると、次は審査が開始されることになり、最短翌営業日に審査の結果が電話で通知されます。

そして、審査に通過することが出来ていると、次は契約を締結する手続きを行わなければなりませんが、北洋銀行の「教育ローン」では店舗窓口に来店して契約締結の手続きをしなければいけません

契約締結の手続きに関しては土日祝日でも可能となっていて、最短30分程度で完了するために仕事などで時間を取れないという方でも昼休憩中に手続きを完了することが出来ます。

契約締結の手続きが完了すると、契約に基づいた金額が申し込み者の指定する金融機関の口座に入金されることになりますので、その金額をそのまま学校などの教育機関に支払うようにして下さい。

北洋銀行の「教育ローン」の借り入れ方法や返済方法について

こちらでは、北洋銀行の「教育ローン」を利用する際の、借り入れ方法や返済方法について詳しく紹介していきます。

まずは借り入れ方法から紹介していきますが、北洋銀行が提供している「教育ローン」は証書貸付タイプのローン商品となっているために、契約を締結した際に借り入れの手続きが完了する仕組みになっています。

そのため、消費者金融や銀行が提供している一般的なカードローンのように何度でも借り入れをすることが出来るタイプのローン商品ではありませんので、その点に関しては注意して下さい。

教育ローンという性質から、資金が必要なシーンというのは多くなっていますが、北洋銀行の「教育ローン」で利用することが出来るのは1年度分の費用のみとなっていますので、それ以降の利用の場合は完済してから利用するという扱いになります。

そのため、一般的に提供されている教育ローンと比較すると融通が利かないということが挙げられますが、貸付金利が低くなっていて、利用限度額が高いために利用者のメリットがあるということも知っておいて下さい。

次に返済方法について紹介していきますが、北洋銀行の「教育ローン」で用意されている返済方法というのは、返済用の普通預金口座から自動引き落としによって毎月の返済が行われることになります。

そして、自動引き落としによる返済方法と合わせて用意されているのがボーナス併用返済という仕組みになっていて、こちらの場合は年に2回までの6ヶ月間隔で返済をすることが出来るという返済方法ですが、一定に決められている返済金額をアップさせることが出来る返済方法です。

ボーナス併用返済を利用することによって早期に完済することが出来るために、元金の返済が早くなるために毎月発生する利息が軽減されるという効果があります。

ただし、ボーナス併用返済を実行するということは当初に予定されていた返済計画を繰り上げて返済するということになりますので、繰り上げ返済手数料が発生することになります。

そのため、ボーナス併用返済を利用する場合には発生する手数料と減少する利息を計算して計画的に利用するようにして下さい。

最後に、北洋銀行の「教育ローン」では在学中の返済に関して元金を据え置くことが出来るという仕組みが用意されています。

利息に関しては、毎月返済をしなければならないということになりますが、元金の返済をストップすることが出来るために、勉学に集中する環境を作ることが出来るということがメリットの1つとして挙げられます。

もちろん、在学期間中であった場合でも元金の返済をすることは可能なので、早期に完済したい方の場合は積極的に利用するようにして下さい。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする