法人口座なら住信SBIネット銀行がオススメ!メリットや基本機能も紹介!

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

オンラインで取引を行えるインターネット専業型の銀行が注目されています。

今回ご紹介する「住信SBIネット銀行」は口座開設や取引先への送金をパソコンで全て行えるのでとても便利!

ということで、住信SBIネット銀行法人口座のオススメ理由や基本機能などご紹介しましょう。

住信SBIネット銀行の口座登録はコチラから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

記事の目次

(1)住信SBIネット銀行法人口座開設の審査期間

住信SBIネット銀行とは?

住信SBIネット銀行は、インターネット専業銀行になります。

あらゆる業種に銀行機能を溶け込ませる「NEOBANK」構想を掲げていて、JALマイレージバンク会員向けのサービスも展開していますよ。

住信SBIネット銀行法人口座の基本機能を紹介!

インターネット専業銀行の住信ネット銀行は、業務効率の向上に繋がる基本機能が付いています。

24時間365日取引可能な「インターネットバンキング」はもちろん、経理業務の負担を軽減する「デビット機能付きキャッシュカード」を利用できますよ。

オンラインで取引可能な「インターネットバンキング」

住信SBIネット銀行の法人口座には、「インターネットバンキング」を備えています。

メンテナンスをのぞく24時間365日での「振込」「残高照会」に対応していますね。

インターネットバンキングを利用すると、パソコンやスマートフォンで手続を行えるので、ATMや銀行窓口に行く必要がありません。

業務が忙しい中でも、会社から簡単に取引先への送金が可能なのはメリットですね。

経費管理に便利な「デビット機能付きキャッシュカード」

住信SBIネット銀行で法人口座を開設すると、審査不要で「デビット機能付きキャッシュカード」を発行できます。

キャッシュレスでの支払いが可能になるため、経費の立替手続を減らせるほか、利用明細をオンライン上で管理しておきたい方に便利ですよ。

また、月間の利用金額から「1000円」ごとにポイントが還元されるんです。(VISAは6ポイント、MasterCardは8ポイント)。

「1ポイント=1円」として現金に交換可能で、経費削減にも役立ちますね。

起業家に嬉しいサービス!住信SBIネット銀行の法人口座の4つの特徴を紹介!

住信SBIネット銀行の法人口座には4つの特徴が有りますよ。

1つずつ詳しくご紹介しましょう。

1.コスト削減に直結!ネット銀行ならではの振込手数料がお得!

住信SBIネット銀行は月額手数料、口座維持手数料がかかりません。

ネット銀行ならではの手数料水準で、住信SBIネット銀行口座を使うだけで、コスト削減につながります。

当行への振込 他の金融機関への振込
振込手数料 無料 145円(税込)

また、他行と比べてもこんなにお得ですよ。

毎月何回も使う物ですから、小さな手数料の差が大きなコストの違いになります。

住信SBIネット銀行 都市銀行A 差額
1ヶ月(30回)の振込手数料 4,350円 19,800円 ▲15,450円
1年間(360回)の振込手数料 52,200円 237,600円 ▲185,400円

ご覧のように1年間で約18万円の振込手数料の違いが発生します。

この差は大きいですよね。

※1回あたりの振込金額が30,000円以上、かつ他の金融機関への振込を行った場合(2021年10月時点)

さらに、利用状況に応じて、振込手数料が無料になるサービスも!

それは・・・

口座開設日の当月および翌月は、振込手数料が付き10回無料!

翌々月以降はご利用状況に応じて、振込手数料が最大付き20回無料!

2.来店不要で簡単に開設OK!WEB申し込み入浴は最短7分という手軽さ!

住信SBIネット銀行はネット専用銀行なので、口座開設手続の際に店頭へ行く必要もありません。

忙しい経営者の方でも時間を気にせず開設手続ができますよ。

固定電話が無くても開設可能!ですしとても便利です。

3.24時間365日ネットバンキングが利用可能!

振込・残高照会・入出金明細照会などが、パソコンやスマートフォンから24時間365日利用可能です。

銀行に行かずに銀行サービスを利用出来るのは嬉しいね。

またパソコンはウィンドウズ・Mac共に操作可能ですよ。

またパソコン以外でもタブレット、スマートフォンの各端末でも利用できます。

4.決算書不要で融資サービスの利用が可能!

住信SBIネット銀行なら、法人口座を利用するだけで「事業性融資dayta」が利用できますよ。

「事業性融資 dayta」とは、口座の利用履歴(データ)に基づいて借入条件を毎月お知らせするレコメンド型のトランザクションレンディングになります。

決算書不要で、借入をしたいその日に借りる事ができますよ。

最大3,000万円まで借入可能ですね。

【daytaの3特徴特徴】

  • ネットで申し込み最短当日借入
  • 書類準備や面談不要
  • 借入条件を毎月お知らせ

【daytaの商品概要】

借入可能額 50万円~3,000万円(10万円単位)
保証人・担保・必要書類 不要
借入利率 借入利率は借入条件のお知らせにて、お客様毎に通知
利用用途 運転資金

住信SBIネット銀行の口座登録はコチラから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓


(1)住信SBIネット銀行法人口座開設の審査期間

住信SBIネット銀行の法人口座を利用するメリットは?

住信SBIネット銀行には、ビジネスを円滑に進められるメリットがあります。

自社に適用する可能性のある助成金・補助金を調べられる「Jシステム」や法人口座向けの「振込優待プログラム」を活用し、手数料をお得に利用できますよ。

助成金・補助金支援を申請できる「Jシステム」

住信SBIネット銀行では、法人企業向けの助成金・補助金の活用支援を行っています。

ホームページから自動診断システムの「Jシステム」を利用することで、自社に適用可能性がある助成金・補助金を無料で調べられます。

従業員や事業の状況といった約5分ほどで完了する簡単なアンケートで、時間を掛けずに行えるのが便利ですね。

創業したばかりで、金銭的な支援を受けたい場合に活用出来ます。

法人用クレジットカード「ミライノカードBusiness」

住信SBIネット銀行は「ミライノカード」と呼ばれる法人専用のクレジットカードを発行しています。

申し込みの際に決算書や確定申告書を提出する必要が無いため、創業期の法人でも発行可能。

カードのアカウントを、クラウド会計ソフトと連携することで、取引明細が自動で入力されますし、デビットカードも選べます。

アプリ「住信SBIネット銀行」が便利!

残高や明細確認はもちろん、ほとんどの銀行取引がアプリ1人で安心便利に利用できます。

生体認証でのログインで、セキュアに、スムーズな取引が可能!

口座開設やATMの入出金も可能ですよ。

開設前に確認しよう!住信SBIネット銀行法人口座のデメリットは?

住信SBIネット銀行法人口座を開設する前に、デメリットについても確認しておきましょう。

インターネットによる取引は手数料の優遇サービスが適用されますが、ATMでの預り入れや、引き出しには手数料が発生します。

また、インターネット専業銀行であるため、窓口での相談を行えない点も注意が必要ですよ。

窓口での取引や相談が行えない!

住信SBIネット銀行は、インターネット専業銀行のため、一般的な銀行にある「窓口」が用意されていません。

口座開設や取引をインターネットから行える点は便利ですが、相談をしたいときには不便に感じる可能性がありますね。

しかし窓口でのやりとりが出来ない代わりに、専用ダイヤルとメールでの問い合わせには対応していますので、そちらを利用しましょう。

ATM手数料が有料!

インターネットバンキングでの優遇があるものの、ATMを利用した場合は、手数料が発生します。

ATMの種類にかかわらず、預り入れ、引き出しともに「110円(税込)」がかかるのがデメリットと言えるでしょう。

住信SBIネット銀行法人口座の申し込みから取引開始までの流れ!

住信SBIネット銀行なら店頭への来店不要!

オンライン口座開設と郵送口座開設の2種類から、お客様にあった方法で口座開設申し込みが可能ですよ!

オンライン口座開設【オススメ】

オンライン口座開設なら必要書類の郵送不要で、最短営業日で口座開設可能です。

※法人代表者が取引担当社になります

※法人代表者の運転免許証および顔写真をスマートフォンで撮影する必要があります。

1.口座開設の申し込み

代表者さまの運転免許証を用意し、お手持ちのスマートフォンで、申し込みフォームに入力後、流れにそって本人確認を行って下さい。

2.初期設定口座のご利用

口座開設完了のメールが届き次第、振込などのお取引が可能になります。最短は翌営業日ですね。

3.カードお届け

デビット付きキャッシュカードが届いたら、ATMの利用が可能になります。

通常4~5営業日です。

郵送口座開設

必要書類を郵送し、書類到着後2~3週間程度で口座開設が可能です。

オンラインよりも時間がかかりますね。

1.口座開設の申し込み

お手持ちのPC・スマートフォンより、規定等を確認・同意の上、必要事項を入力しお申し込み下さい。

2.必要書類を郵送

口座開設申込書、本人確認書類および法人番号指定通知書等の必要書類を準備して、郵送しましょう。

3.書類審査・カードお届け

提出した書類を元に、審査を行い、審査通過後、登録の住所宛にカードが届きます。

4.初期設定・利用開始

初めてログインする際に、初期設定画面が表示されます。

初期設定完了後、銀行口座のご利用が可能となります。

法人口座は審査が厳しい?

会社を設立したら、法人口座の開設ですが、早めに済ませておきたいですよね。

住信SBIネット銀行の法人口座を開設するといっても、すぐには開設出来ません。

さらに近年はマネー・ロンタリングのような口座を悪用した行為などが多発しています。

そのような行為の防止策として、金融機関の審査が非常に厳しくなっているという現実もありますよ。

個人口座で会社経営をするという方法もありますが、オススメはしません。

個人口座のママでは金融機関は対法人取引とは見なしてくれないため、融資などで金融機関と交渉する際にデメリットになる可能性も有りますからね。

相手が法人なのに個人口座に振込をする事には抵抗もありますし、脱税を疑われることもありますよ。

そういう意味では法人口座はしっかりと作っておきましょうね。

住信SBIネット銀行の法人口座開設に必要な書類

口座開設には色々な書類が必要になりますので、そちらをまとめました。

・履歴事項全部証明書(登記簿謄本):発行日より3ヶ月以内の原本

・法人の印鑑登録証明書:発行日より3ヶ月以内の原本

・設立後半年以内の法人は、下記の種類のうち1点のコピーが必要

(1)所轄税務署あての法人設立届出書:税務署受付印が押印された者のコピー

(2)所轄税務署あての青色申告承認申請書

(3)主たる事務所の建物登記簿謄本(現在事項証明書)

(4)主たる事務所の建物賃貸借契約書

・法人番号に係わる書類(下記の2種類よりどれか1点)

(1)法人番号指定通知書(国税庁から郵送されたもの):発行日から6ヶ月以内のコピー

(2)法人番号情報印刷書類(国税庁法人番号公表サイトから印刷した物):6ヶ月以内に印刷したもの

・代表者:担当者の本人確認書類(下記のいずれか1点)

※代表者と担当社が異なる場合、両者それぞれの本人確認書類が必要

(1)運転免許証:有効期限内のコピー

(2)住民票の写し・住民票記載事項証明書:発行日より3ヶ月以内の原本

(3)住民基本台帳カード(写真付き):有効期限内のコピー

(4)在留カード・特別永住者証明書:有効期限内のコピー

(5)印鑑登録証明書:発行日より3ヶ月以内の原本

(6)各種健康保険証:現在有効なもののコピー

事前にしっかり準備して、間違いのないように用意しておきましょう。

二度手間にならないようにって事ですね。

一度の書類不備でやり直すのは面倒ですから。

まとめ

信用情報

住信SBIネット銀行の法人口座は、オンライン上で取引を行えるほか、審査不要のデビットカードを提供していたり、業務効率を向上出来るのがメリットです。

利用実績に応じて、取引手数料が最大20回無料になる優待サービスもあり、経費を抑えたい起業家にもオススメですね。

ただし、インターネット専業銀行であることから、窓口での取り合わせを行えない点には注意しましょう。

住信SBIネット銀行は特に手数料の安さでは、他の銀行に比べてもかなりお得です。

しかし会社によって必要となることは違うので、自分の会社のニーズを把握し、最適な銀行を選びましょうね。

住信SBIネット銀行の口座登録はコチラから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓



【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする