永住権がない外国人でもカードローンは借りられる?おすすめの消費者金融を比較!

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

今すぐお金が必要だけど、永住権がない外国人ってお金を借りられるのかな?

そういう心配がある外国人の人も多いかもしれませんね。

ということで、永住権がなくてもお金は借りられるのかを調査してみました。

あわせてオススメの消費者金融もご紹介しますので、最後までご覧くださいね。

カードローンは永住権なしの外国人でも借りられるの?

永住権なしの外国人でも、アイフルやプロミスなどの消費者金融のカードローンであればお金が借りられます。

しかし、全ての金融機関が、外国人の申し込みを受け付けているわけではありませんので、注意は必要ですよ。

日本国籍または永住権を持たない外国人がカードローンを利用するためには、申し込み先選びが重要になります。

まずは「永住権なしの外国人の申し込みを受け付けている会社」「そうでない会社」について解説していきましょう。

①消費者金融のカードローンは永住権のない外国人でも借りられる!

「永住権を持たない外国人」の申し込みを受け付けているのは、主に「消費者金融会社」と呼ばれる個人融資(一般にカードローン)を専門とする金融機関です。

具体例を挙げると「アイフル」「プロミス」などですね。

こういった金融機関のカードローンは、後に触れる銀行とは異なり外国人の申し込みを禁止していません。

また公式HP上にも「永住権を持たない外国人」の申し込みを想定した文面が見られます。

申し込み後は所定の「審査」に通過する必要がありますが、通過できれば、外国籍であっても問題無くカードローンを利用出来るでしょう。

ただし、例外的に「アコム」は永住権を持たない外国人の申し込みを受け付けていないので注意してくださいね。

②銀行カードローンを借りるには「日本国籍または永住権」がほぼ必須!

各消費者金融会社が外国人の申し込みを受け付けているのに対し、原則として銀行はカードローン契約を結ぶ上で「日本国籍」または「永住権」を要求しています。

「永住権なしの外国人」がカードローンを利用する場合は「消費者金融会社」を選ぶのが基本になりますね。

また、カードローンと同様、銀行の「自動車ローン」「住宅ローン」などへ申し込む場合も日本国籍または永住権はほぼ必須になります。

永住権のない外国人がカードローン審査に通る為の4つの条件!

外国人の申し込みを受け付けている消費者金融会社ですが、実際にお金を借りるには各社の「審査」に通過しなければなりません。

ここから永住権無しの外国人が「消費者金融会社」のカードローン審査に通過するための条件として下記のようなものがあります。

【審査に通過するための条件】

  • 「仕事に就き、収入を得ている」こと
  • 日本語での電話対応と読み書きが出来る事
  • 「在留カード」をはじめとする必要書類が用意できること
  • 客観的にみて、当分日本を離れそうにない状態にあること

それではそれぞれについて詳しくご紹介しましょう。

1.「仕事に就き収入を得ている」こと

一般的な消費者金融会社系カードローンの申し込み条件にもありますが、

「20歳以上であること」「安定した収入を得ている」というのは外国人だけじゃなく、日本人に対しても審査の申し込み条件になっています。

この2つの条件を満たさない限り、国籍にかかわらず審査を通ることはありません。

基本的に「給与明細書」「源泉徴収票」などを受け取っているのであれば、収入を証明できるので申し込んで問題無いでしょう。

しかし「給料が手渡しで給与明細を貰っていない」「収入に対し、税金を払っていない」というケースでは、申し込み出来ない可能性もありますので、注意しましょう。

2.日本語での電話対応と読み書きができること

消費者金融会社を利用する上では「日本語を読み書き話す」能力が必須になります。

これは単に消費者金融会社が日本語以外での申し込みや案内に対応していないこと、そしてカードローンの契約過程では在籍確認などで、電話対応が求められるケースがあるからです。

3.「在留カード」をはじめとする必要書類が用意出来ること

カードローンを利用するにあたり、その金融機関が定める必要書類を提出する必要があります。

永住権がない外国人が利用する場合は、「在留カード」が必要になりますよ。

また、希望限度額が50万円を越える場合、もしくは他社を含めた借入総額が100万円を越える場合には、収入証明書の提出が必須になります。

4.客観的に見て、当分日本を離れそうにない状態であること

外国人にお金を貸すときにもっとも心配なのは「借り逃げ」です。

外国人の場合、カードローン残高が残ったまま、帰国してしまう可能性がありますよね。

そのため、審査に通過しやすいのは、「客観的に見て当分日本にいてくれる人」になります。

つまり・・・

  • 日本人の配偶者がいる
  • 自分名義の持ち家がある
  • 日本の会社に正社員として勤めている

と言う条件に当てはまる人なら問題ないといえるでしょう。

他にも1年以上日本に滞在していたり、1年以上滞在予定の場合は審査に通りやすいと言われています。

永住権無しの外国人にオススメのカードローン3選!

永住権のない外国人デモ借りられるカードローンのオススメは「アイフル」「プロミス」「SMBCモビット」の3社になります。

各カードローンの審査の特徴をご紹介しましょう。

アイフル

カードレスキャッシング アイフル

【オススメポイント】

  • 最短25分で審査完了!即日融資も可能
  • 誰にも知られずWeb完結!郵送物一切なし
  • 初めての方なら最大30日間利息0円
実質年率 3.00~18.00%
借入限度額 1万円~800万円
審査時間 最短25分
融資時間 最短1時間
コンビニ セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート等
収入証明書 原則不要

永住権なしの外国人にとっておそらくもっとも申し込みやすい消費者金融会社が「アイフル」だと思われます。

アイフルは、自動契約機やWEB完結で申し込みが可能となっていて、最短審査時間30分、融資60分の最短時間で利用出来ます。

また、事前の1秒診断で審査の可否が大まかに分かるサービスや、申込者にあわせた借方診断など初心者向けのサービスが豊富なため、永住権のない外国人でも利用しやすいでしょう。

プロミス

【オススメポイント】

  • 申し込み~融資までのスピードが早い!
  • 無担保で借入できる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能!
実質年率 4.50~17.80%
借入限度額 1万円~500万円
審査時間 最短30分
コンビニ セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート他
収入証明書 50万円まで原則不要

プロミスはアイフルと同じく「郵送物なし+来店無し」のWEB完結で申し込みができます。

また、24時間365日指定金融機関であれば、最短10秒で振込融資が完了する「瞬フリ」と呼ばれるサービスもありますよ。

ただし、プロミスの場合、在留カード1枚では「本人確認書類」として承認されません。

申し込みに当たっては在留カードに加え、運転免許証や健康保険証など、日本国内で発行された公的な本人確認書類が必要になります。

SMBCモビット

【オススメポイント】

  • 年会費・入会金が無料!
  • 最短10秒簡易審査・最短即日融資!
  • 来店不要でカード発行!
実質年率 3.00~18.00%
借入限度額 1万円~800万円
審査時間 10秒簡易審査
コンビニ セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート他
収入証明書

SMBCモビットは2017年にモビットからSMBCモビットへ社名を変えた大手カードローン会社になります。

WEB申し込みであれば、最短10秒の簡易審査や、即日融資にも対応していますよ。

また、三井住友銀行内にあるローン契約機でカードローンの契約や、ローンカードの受け取りをする事が出来るので、パソコンやスマホの操作が苦手な人でも簡単に申し込みができるのも嬉しいですね。

お金が必要な外国人への支援制度もご紹介!

カードローンを利用するためには、審査に通過する必要がありますが、場合によっては審査に落ちてしまう可能性もあります。

審査に落ちてしまった時は、お金に困っている人に向けた公的な支援制度を活用するのも手ですよ。

公的な支援制度を活用すれば、お金の借入れ、保険量などの減額ができ、経済的にゆとりを持てます。

ということで、外国人が利用出来る公的な支援制度をいくつかご紹介しましょう。

緊急小口資金

緊急小口資金とは、緊急かつ一時的に生計の維持が困難になった場合に、10万円までのお金を貸してくれる制度です。

2021年9月現在で、緊急小口資金貸出制度については新型コロナウイルス関連の特例措置が設けられていますが、ここでは通常の「生活福祉資金貸付制度」に基づく一般制度について紹介していますよ。

下記のいずれかに当てはまる人を対象にしていて、審査に通過すれば外国人でも永住権がある・ないにかかわらず利用出来ます。

【緊急小口資金の対象者】

  • 必要な資金を他から借りることが困難な低所得者世帯
  • 障害者手帳などの交付を受けた人が属する障害者世帯
  • 65歳以上の高齢者が属する高齢者世帯

借入れのために連帯保証人を用意する必要は無く、利子もかかりません。

申し込みは、各自治体の社会福祉協議会の窓口から行えます。

申込書の入手方法は各自治体で変わってくるので、まずは住んでいる地域の社会福祉協議会へ問い合わせてみましょう。

総合支援資金

総合支援資金とは、審査に通貨する事で社会福祉協議会からお金を借り入れ出来る制度です。

失業などによって生活に困窮している人を対象にしていて、永住権のない外国人でも利用できますよ。

借入れ出来る資金は、生活を再建するまでに必要な生活費を借入れできる「生活支援金」、住宅の賃貸契約を結ぶ際に発生するお金を借り入れできる「住宅入居費」、生活の再建に一時的に必要となる資金などを借入れできる「一時再建生活費」の3つになります。

それぞれ以下の様になっておりますので、確認してください。

資金の種類 貸付限度額
生活支援費 2人以上の場合は付き20万円以内

単身の場合は付き15万円以内

貸付期間は原則3ヶ月(最長12ヶ月以内)

住宅入居費 40万円以内
一時再建生活費 60万円以内

緊急小口資金の場合と同様に、総合支援資金も連帯保証人は必要ありません。

ただし、連帯保証人がいない場合は、年1.5%の利子が発生するので注意しましょう。

申し込みや相談は各自治体の社会福祉協議会の窓口から行えますよ。

保険料の減額や支払いの免除

収入が少ないなどの理由で国民年金保険料の支払いが難しい場合は、保険料免除制度を活用しましょう。

保険料免除制度とは、年金保険料の全額、または一部が免除される制度の事です。

前年度の所得などを元に審査を行い、承認されると年金保険料が免除されます。

住んでいる地域の市区役所の国民年金担当窓口、または年金事務所に申請書を提出すると申し込み手続きができます。

申請書は日本年金機構のホームページなどからダウンロード出来るので、必要な人は入手しておきましょうね。

外国人が消費者金融で借入するためにやっておきたいこと!

外国人の場合はやはり、日本人よりはお金を借りる為のハードルは高いと言えるでしょう。

やはり貸す側としても日本人よりもリスクがあると思っているからですよね。

お金を貸しても返ってこないかもしれない、外国へ逃げちゃうかもしれないなどそういった理由があるので、貸す側も渋ると言うことでしょう。

それでも外国人は今後更に増えていくでしょうし、もっともっと外国人に対しても貸付を行って欲しいですよね。

ここでは、実際に借りる為にしておいた方が良いことをご紹介します。

【確実に借りるためには】

  • 中長期または永住権の滞在資格を持っている
  • 滞在資格に期限がある場合でも、残存期間が長い
  • 勤務先などが明確で6ヶ月以上は継続して勤務している
  • 連絡がすぐに取れる(自分用の携帯電話などを所持している)
  • 日本語の読み書きができる

上記のようなポイントが大事ですね。

貸す方としては「きちんと返して欲しい」という前提がありますので、そのためには日本語も出来た方が良いですし、きちんとした安定収入、そして生活を贈っている外国人なら問題が無いと考えられるでしょう。

まとめ

永住権のない外国人でも「借りて、返せる能力と意志がある」と判断出来れば、カードローンの利用は可能です。

また永住権のない外国人が銀行カードローンを利用するのは難しいので、消費者金融会社を選ぶのが一般的ですね。

ムリのない返済計画で、しっかりと借入理由を述べることができれば、借入も問題無いでしょう。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする