消費者金融を利用するときのメリットとデメリットは?サラ金と闇金の違いも調査!

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

カードローンと聞くと思い浮かべるのは「消費者金融」ではありませんか?

といっても消費者金融業者に怖いイメージがある人いるのではないでしょうか?

私も消費者金融=闇金、というイメージがありますが、違うのかな?

今回は消費者金融系カードローンのメリットやデメリット、そして闇金やサラ金についてもご紹介しましょう。

消費者金融業者って何?

消費者金融とは、融資事業に特化した金融機関です。

一般の個人に対して融資を行っている業者と言えるででしょう。

同じく金融機関である銀行は融資事業の他にも、預金業もしているといった違いがありますね。

代表的なところでは、プロミス、アコム、アイフルなどで、CMもバンバン流れてますし知らない人はいないでしょう。

現在の消費者金融は「貸金業法」という法律に則って融資を行います。

なので法的な金利で貸し付けしたり、苛酷な取り立てをしたりすることはありません。

また多くの消費者金融は、自動契約機の設置など、カードローンに特化したサービスを提供しているのも特徴ですね。

闇金・街金・サラ金とは?違いはあるの?

昔よく聞いたことのある闇金、そしてサラ金ですが、今はあまり耳にしませんよね。

実はかつてサラ金と言われていたのが現在の消費者金融です。

サラ金は「サラリーマン金融」の略ですが、主にサラリーマンや主婦、学生を相手に担保無しで高利の小口金融業者のことを言いました。

消費者金融と呼ばれる様になった理由は色々ありますが、やはりサラ金という悪いイメージを払拭したい意味合いもこめられているでしょう。

サラ金って怖いイメージがありますからね。

危ない消費者金融というイメージもあります。

そのサラ金に似た言葉に「街金」や「闇金」という言葉もありますよね。

街金というのはアコムやプロミスなどCMでよく知られている大手消費者金融以外の中小消費者金融の事です。

地方都市に存在し、地域を中心に小口の融資を行っていて、大手と比べ融資対象者やサービスなどに違いがあります。

この中小消費者金融は大手の審査に通らなかった人や、いわゆる「金融ブラック」と呼ばれる人を対象にしているので、借りられる可能性は高いといえますね。

他に「闇金」という業者もありますが、こちらは悪徳業者のイメージがあります。

「闇金」とは業者登録せずに貸金業を行っている業者のこと。

高い金利でお金を貸し付けたり、返済出来ない時は会社や家まで押しかけてきて返済を迫るなどの違法行為を行う業者になります。

「闇金」も中小消費者金融と同じ、大手で借りられなかった人や金融ブラックになっている人を融資対象にしていますね。

そのためにネット上でも「必ず貨します」「審査なしで即日融資OK」「借入件数関係無し」などといった広告を出しています。

まあ、他で借りる事が出来ない人が、藁にもすがる思いで闇金からお金を借りるというパターンですね。

しかし「闇金」に一度手を出してしまうと、個人で解決することは難しく、警察や弁護士に依頼しなければならなくなります。

そうならないための方法もありますので、ご紹介しましょう。

闇金を見分ける方法は?

とても怖い闇金ですが、見つける方法もあります。

貸金業を営む場合は、都道府県へ届けて登録する事が義務づけられています。

正規の貸金業者は必ずこの登録番号を持っているという事。

また、貸金業者が広告を掲載する時は、登録番号や商号、所在地、代表者名、代表電話番号などを必ず明示しなければいけません。

つまり、正規の貸金業者かどうかを調べるには、金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」から登録番号や商号などのどれから一つの項目を入力して検索すると、該当する貸金業者があれば表示されます。

検索した結果、内容と広告の記載内容が違うときは、闇金の可能性が高いと言えるでしょう。

消費者金融系と銀行系・信販・クレジット系の違いは何?

個人向け融資のサービスを提供しているカードローンは、大きく3つに分けられます。

  • 消費者金融系カードローン
  • 銀行系カードローン
  • 信販・クレジット系カードローン

違いがありますので、ご紹介しましょう。

消費者金融系カードローン

消費者金融系のカードローンは、借入までのスピードが早い事が特徴です。

しかし、銀行系や信販・クレジット系と比較すると金利がやや高めですね。

その代わり「最初の30日間は利息ゼロ」など、無利息期間を設けている会社も多くなっていますよ。

銀行系カードローン

銀行系カードローンは、大手銀行や地方銀行などの金融機関が提供しているサービスです。

消費者金融系と比較すると、金利は低めに設定されていますが、審査や借入までに時間がかかるのがデメリット。

それでもメガバンクが運営しているカードローンであれば、安心感は高いですね。

信販・クレジット系カードローン

信販・クレジット系のカードローンは、銀行系とほぼ同じ特徴と考えて良いでしょう。

最高金利も銀行系と同じぐらいのレベルデ、消費者金融系よりも金利はやや低めに設定されています。

長期の借入を考えている人にとっては、金利の総額を低く抑えることができるので、オススメですよ。

消費者金融は危ないサービスじゃない!

消費者金融は、かつてはサラ金と呼ばれ危ないサービスでしたが、今では安心して利用出来るようになりました。

消費者金融は昔と比べて何が変わったのか確認してみましたよ。

サラ金地獄を無くすために定められた総量規制!

サラ金と呼ばれていた時代には、融資に関する制限がなく、貸せると思った人にはどんどん貸し付けしていました。

やがて利用者は返済が続けられ無くなり、返済のために新たな借入をするという自転車操業を繰り返し、返済出来なくなると、ヤクザまがいの取り立てで夜逃げするハメになったり、自殺をするという社会問題にも発展。

だからこそ「サラ金は怖い」という印象があったのでしょうね。

そこで2006年に消費者を守ると言う立場から、金融庁が貸金業法の改正を行いました。

貸金業法は2010年から完全施行され、その中でも「年収の3分の1を超える貸付を原則禁止する」という総量規制が導入!

他にも、金利の上下や融資限度額、取り立て方法など法律で厳しく規制されるようになり、サラ金時代と変わり格段に安全性が高くなりました。

サラ金時代の恐怖の取り立てが無くなった!

サラ金時代は、人を脅して従わせるような恐怖の取り立てを行っていましたが、改正貸金業法21条第1項により違法な消費者金融の取立行為として以下のように具体的に定められ、罰則の引き上げにより厳しく規制されるようになりました。

  • 正当な理由無く夜間や早朝に自宅を訪問する行為
  • 正当な理由無く勤務先など自宅以外へ電話やFAX、訪問などをする行為
  • 返済や連絡をした、または連絡を受ける時期を申告した場合に、正当な理由無く夜間や早朝に電話やFAX、訪問する行為
  • 張り紙や立て看板などの方法で借入やプライベートに関する事実を明らかにする行為
  • 退去するよう意思表示したにも係わらず家や勤務先など、その場に居座る行為
  • 貸金業者や家族など他社からの借入により返済するよう要求する行為
  • 家族や友人など他社への取立行為
  • 家族などが取り立てに協力することを拒否している場合に無理矢理協力するよう要求する行為
  • 弁護士や司法書士が介入しているにもかかわらず債務者と接触する行為
  • 債務者にこれらいずれかの禁止行為をすると予告する行為

以上のような違法な取立行為を行った場合、2年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金またはその両方が科されます。

確かに上記のような嫌がらせをしてるのがサラ金のイメージですね。

今だと闇金がこういった行為を行っているのかもしれませんけど・・。

高金利がなくなり法定金利が定められた!

消費者金融の上限金利は「利息制限法」」と「出資法」という二つの法律で規制されています。

しかし2006年の貸金業法の改正前、利息制限法では15~20%で、出資法では29.2%と、定める金利の上限は異なっていました。

そして出資法の29.2%を越える上限金利では刑事罰対象になりましたが、出資法と利息制限法の上限金利の間の金利帯(15~20%から29.2%の間)は、グレーゾーンとして有効と見なされていたんですね。

いわゆる「グレーゾーン金利訴訟」が始まったのはこれが原因です。

これが現在は出資法の上限金利が29.2%かあ20%に引き下げられ、グレーゾーン金利は撤廃!

現在でも出資法と利息制限法の上限金利に差はありますが、

  • 利息制限法の上限を超過した分は超過部分が無料・行政処分の対象
  • 出資法の上限を超える部分は刑事罰の対象

とか割っていて、以前のように高金利で融資することはなくなりました。

ネットを利用した手軽な申し込みが主流!

インターネットが普及した現代はスマホからも手軽に申し込みが出来るようになりました。

基本的な申し込み条件は「20歳以上の安定した収入がある人」と代わりはしませんが、申し込みが便利になったことで、利用者も多くなりましたね。

消費者金融系カードローンの利用の仕方

消費者金融系カードローンは、必要な時に必要な分だけ借入ができる便利なサービスです。

しかし、借りたお金は勿論返さなくてはいけません。

賢く計画的に利用するのが大切ですよ。

【ポイントは3つ!】

  1. 「初回利息サービス」を利用するなど、なるべく金利を抑える
  2. お金を借入する目的が、本当に必要なのかをしっかり考える
  3. 収入のタイミング及び金額を考慮し、返済の目処をしっかり立ててから借入する

本当に借りる必要があるお金なのかしっかり考えてから借入しましょう。

消費者金融系カードローンの特徴は?

消費者金融系のカードローンの特徴についてご紹介しましょう。

全体的な特徴で、全ての消費者金融系カードローンに当てはまるわけではないので、参考という事で読んでくださいね。

1.口座の開設が不要

消費者金融会社は銀行とは違い、お金を預ける機能を持っていません。

そのため、カードローンを利用する際に口座を開設する必要がありません。

銀行系カードローンの場合は,その銀行の口座を開設しないと利用出来ないケースもあります。

また、信販会社は消費者金融会社と同じく、預金機能を持っていませんので,信販系カードローンを利用する際は、特定の口座を用意する必要がありません。

口座を開設すること自体、デメリットとは一概にはいえませんが、そもそも開設手続をする行為や、今後管理していかなければいけないものが増えるということは手間となります。

ですので、口座の開設が不要であるという点は、消費者金融系のカードローンのメリットと言えるでしょう。

2.融資のスピードが早い

大手の消費者金融系カードローンでは、審査の時間が最短30分、融資までが最短1時間と非常にスピードが早いのがメリットでしょう。

融資スピードは銀行系や信販系のカードローン比べると圧倒的な早さですね。

銀行系カードローンでは、最短でも審査は翌日、かかるところでは数日と言うところも少なくありません。

また、先程書いた様に口座の開設も不要ですから、消費者金融のカードローンは、利用したいと思ったその時にすぐ使えるというのが最大の強みですね。

3.金利は高めの事が多い

消費者金融系カードローンは、審査スピードの速さが強みとなります。

その一方で金利は高めに設定されているケースが多くあります。

カードローン会社毎の金利をチェックしながら、じっくり検討するようにしましょう。

4.無利息期間があるカードローンもある

無利息期間とは、この期間内に借りたお金に対して金利が発生しない期間をいいます。

金利は、借りたお金に対して発生する利息の割合のことですね。

通常は借りたお金に対して利息が派生しますが、それが無利息0円という素晴らしいサービスです。

アコムやアイフル、プロミスなら30日間、レイクALSAは60日間~180日間も無利息期間がありますよ、

いずれも始めて利用する人を対象にしているので、お試しで利用するのも良いかもしれません。

5.総量規制の対象になる

銀行は銀行法、信販会社と消費者金融会社には貸金業法という法律がそれぞれ適用されています。

そのなかで、使用者にとって一番大きな違いとなるのが「総量規制」の問題です。

貸金業者では、総量規制が適用され、本人の年収の3分の1以上の融資を受けることは出来ません。

そのため大きな額の借入や、収入が内人は消費者金融系カードローンでお金を借りる事ができないので注意しましょう。

まとめ

消費者金融に対してあまりいいイメージが無い人も多いでしょうが、今の消費者金融カードローンは安心して利用できます。

昔のサラ金とは違い、悪質な取り立てなどもありませんよ。

といっても借りたお金ですので、きちんと返すのが鉄則です!

収支のバランスを考え、計画的な利用を心掛けましょう。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする