他社借入に含まれる?クレカのショッピングリボを解説

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

カードローンを利用している人というのは、既にどこからキャッシング会社から借入をしているというケースが非常に多いために、1枚や2枚のクレジットカードを持っているというケースはとても多くなっています。

この際に注意しなければならないのがクレジットカードのショッピング枠を利用している際にリボ払いを選択していると、他社借入に含めなければならないのかということになります。

カードローンの審査を行う際に申告をする他社借入というのは、原則として他社で利用している無担保ローンを申告するということになっていて、住宅ローンのように担保を提供するようなタイプのローン商品については申告しなくても良いということになっています。

しかし、クレジットカードでキャッシング枠を利用している場合には、当然のことながら無担保ローンに含まれることになりますので申告しなければいけません。

そして、クレジットカードのショッピング枠についても申告しなければいけないのかという問題についてですが、こちらは状況によって大きく異なるということになっていますので、どのような状況の時には申告しなければいけないのかということについて詳しく紹介していきます。

ショッピング枠の利用は他社借入であって、他社借入ではない

クレジットカードを利用している人の多くは、キャッシング枠の利用のみというような使い方ではなく、キャッシング枠とショッピング枠を合わせて使っているという人のほうが多くなっています。

中には、キャッシング枠が付与されているのにも関わらず、ショッピング枠のみの利用をしているという人も多くなっていますので、キャッシング枠の存在自体を知らないという人も少なくないのが特徴的です。

そして、クレジットカードに付帯されているショッピング枠の扱いについてですが、ショッピング枠を利用することによって信販会社から借り入れをしているということになりますので、借入金額に含まれることに関しては間違いありません

さらに、新規に申し込みをしようと考えているローンを提供している企業とは別の会社から借り入れをしているために、他社借入に含まれるように見えるかもしれませんが、一般的にはクレジットカードのショッピング枠をリボ払いで支払いをしている場合には他社借入に含まれないとされています。

ただし、同じリボ払いでも、1回払いを選択している場合には他社借入に含まれるケースもあります。

他社借入件数が複数あっても融資可能!返済能力があれば大丈夫!
他社借入利用中でもまずはお試し診断!⇒おすすめランキング一覧はコチラ! 他社借入件数が複数?まだまだ大丈夫!アコムならあなたの強い味方! ...

これは、貸金業法の中で定められているのではなく、ローンを提供している企業が独自に制定しているルールとなっていますので、ローンの申し込みをする企業によって異なるということを知っておいて下さい。

ショッピングリボを利用している場合に、ローンを利用したい場合はどうすれば良いのか?

クレジットカードのショッピング枠を利用している際に、新たに現金の借り入れをしたいということでローンの申し込みをする際にはどうすれば良いのかということについて詳しく紹介していきます。

始めに言っておくと、ローンの審査に申し込みをする際に他社借入の項目で誤申告やウソの記述をしてしまうと審査に落とされてしまうということについては問題ないと思われます。

しかし、出来る限り他社借入の情報については隠したいもしくは知られたくないというのも事実だと思われますので、隠せる情報については隠すというスタンスを取りたいという人は非常に多いです。

そして、クレジットカードのショッピング枠の利用に関しては、他社借入に含まれるケースと含まれないケースがあって、それはローンを提供している企業によって大きく異なることになります。

そのため、既にクレジットカードをショッピングリボで利用している人がどのような行動をすれば良いのかというと、最もオススメなのは「ローン会社に問い合わせをする」ということになります。

ローン会社に問い合わせをして、ショッピングリボが他社借入に含まれないという情報を得たとしても、ショッピングリボについて問い合わせをしたということはショッピングリボを利用していることが知られてしまうのではないかと不安を感じる人も多いかもしれません。

しかし、それは問い合わせの際に個人情報を通達している場合に考えられる状況ということになりますので、匿名で問い合わせをすることによって不安を解消することが可能です。

大手の消費者金融の中でも、クレジットカードをショッピングリボで利用している人が他社借入に含まれるのかということは、企業によって異なってしまいますので、正しい情報というのは、そのタイミングでしか手に入れることが出来ません。

そして、自分の情報を相手に伝わるのも嫌だという人が多いと思われますので、そのような場合には、匿名で問い合わせをして答えを得てから申し込みをすることによって問題点を解消することが出来ます。

出来る限りクレジットカードを利用している情報が知られたくないということなら、1社だけではなく複数の企業に問い合わせをして、クレジットカードのショッピング枠の利用なら他社借入に含めないという答えをもらった企業に申し込みをすれば良いだけとなっていますので、誰でも簡単に手続きをすることが出来ます。

ショッピングリボが他社借入に含まれない場合でも注意するポイント

クレジットカードのショッピング枠を利用している状態で、新たにカードローンの審査に申し込みをしたいという場合には、ショッピングリボの扱いについて企業に問い合わせをするというのは上記でも紹介しました。

しかし、ショッピングリボが他社借入に含まれないという判断をしたローン会社に申し込みをする場合でも注意しなければならないポイントがあります。

それはリボ払いの返済を遅滞していないということになっていて、ショッピングリボの支払いを遅滞していなければ他社借入に含まれないというようなケースでも、返済の遅滞をしていると他社借入とは別の部分で審査に落とされてしまう可能性があります

クレジットカードのショッピング枠を利用している人で、新たにカードローンの申し込みをしようとする人の多くは、現金が必要な方だと思われますが、そのような場合に重要なのが信用情報に傷をつけないということです。

近年では、支払いを伴うすべてのことに対して信用情報が絡んでくるケースが多いです。

身近なもので挙げるのなら、携帯電話の料金支払いについても延滞していると個人信用情報機関に登録されることになりますので、カードローンやクレジットカードの申し込みをする際に不利に働くことがあります。

これと同じように、クレジットカードをショッピングリボで利用している場合でも、返済の遅滞をしてしまうとカードローンの審査に通過することが出来ないケースもありますので、ショッピングリボを他社借入として含まないというローン会社に申し込みをする際には、これらのポイントについても十分に注意して申し込みをするようにして下さい。

他社借入件数が4件以上と多い方も融資可能!
他社借入複数あってもまずは数分でできるお試し審査!⇒おすすめ一覧はコチラ 他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアコム! ⇒...

まとめ:

いかがだったでしょうか?

冒頭でも紹介したように、カードローンに申し込みをしようとしている人の多くは、何らかの形でクレジットカードを持っているという人が多くなっています。

そして、クレジットカードをショッピン枠のみで利用しているという人も多くなっていますが、ショッピングリボで利用している場合にローン会社に申告しなければならない他社借入として含まれるのかということについては、企業によって異なるということになります。

そのため、十分な対策をしてからローン会社に申し込みをするようにして下さい。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする