他社借入をしている状態でアコムの借入をすることは可能なのか?

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

消費者金融のアコムというのは、2017年現在、日本にある消費者金融の中では大手に含まれることになります。

大手の消費者金融ということは、誰もが利用しようとする消費者金融ということになりますので、他社借り入れをしている状態だと不利になると思っている人が多いかもしれません。

しかし、アコムというのは上記でも紹介したように消費者金融となっていますので、お金を貸し付けることによって利益を得ている企業ということになります。

そのため、多少の他社借り入れをしている状態ならば、それほど気にする必要はないということを知っておいて下さい。

ただし、それは他社借り入れをしていることがアコムのカードローンを利用する際に、プラスに働くということではなく、他社借り入れをしているという状態は、どのようなローン商品を利用する場合でもマイナスになってしまうということを念頭に置いておく必要があります。

こちらでは、他社借り入れをしている状態でアコムを利用することが出来るのか、利用することが出来る場合はどのような対処をすれば良いのかということについて詳しく紹介していきます。

アコムでは他社借り入れが3件までなら貸し付け実績も多い

消費者金融のアコムを利用する場合に、既に他社借入件数と他社借入残高が多くなっているという人も多いと思われますが、アコムでは他社借り入れが3件までなら貸し付け実績も多くなっています。

ただし、2010年に貸金業法が改正されてから、年収の3分の1を超えて貸し付けをすることが出来なくなっていますので、既に年収の3分の1近くの借入があるという方の場合は、残念ながらアコムのカードローンを利用することが出来ませんので注意して下さい。

この際に申告する年収に関しては一般的に、「税込年収+ボーナス」となっていますので、この金額の3分の1以上の借入をしているのかどうかということがカードローンの申し込みをする際に重要なポイントとなります。

年収の3分の1を超えていない場合は、他者借入が3件以内ならアコムのカードローンに申し込みをしても借り入れをすることが出来る可能性は高くなっています。

他社借入件数が複数あっても融資可能!返済能力があれば大丈夫!
他社借入利用中でもまずはお試し診断!⇒おすすめランキング一覧はコチラ! 他社借入件数が複数?まだまだ大丈夫!アコムならあなたの強い味方! ...

ただし、既に利用しているローンの返済で、返済の遅滞などをしている場合には年収の3分の1以下の借入残高だった場合でも利用することが出来ない可能性が高くなってしまいますので、その点に関しては注意しなければいけません。

アコムのカードローンを利用する上で注意しなければならないポイントとしては、他者借入よりも、現在利用しているローンの返済状況ということになります。

そして、ローン以外にも携帯電話料金の支払いを遅滞しているというような場合には審査に通過することが出来ない可能性が高いので、その点に関しても注意するようにして下さい。

もし、審査のときに嘘をついたら、、こちらのようになります。
ATMでの審査、操作なども写真付きで掲載しており、まだアコムで借入をしたことがない人には必見です。

アコム申込み審査で年収を嘘偽っても自動契約機(むじんくん)審査は通る?実体験
今回はアコムの無人「自動契約機(むじんくん)」で借り入れの審査申し込みをしてみます! アコムでカード発行できるのか、カード発行当日にお金を...

他者借入が多すぎてアコムを利用することが出来なかった場合はどうすれば良いのか

上記で紹介したように、他者借入が3件以内なら消費者金融のアコムでカードローンを利用することが出来る可能性というのは、それなりに高くなっていますが、それでも他者借入が多すぎることによってアコムを利用することが出来ない可能性というのはあります。

こちらでは、そのような場合に、どのような対処をすれば良いのかということについて詳しく紹介していきます。

まず、アコムを利用しようと思った目的を考えてもらいたいのですが、基本的に既に他社の借り入れがある状況で新規にアコムのカードローンを利用したいという方は、「現金の借り入れがしたい」という目的で利用する人が多いと思われます。

そして、既に借り入れをしている他社のローンは利用限度額の上限まで借り入れをしているために追加で借り入れをすることが出来ないという状況に陥っている人が多いと思われますが、このような場合にオススメなのは、現在の他社借入を一本化するということになります。

これは、おまとめローンや借り換えローンというようなローン商品を利用するということになりますが、おまとめローンや借り換えローンというのは、現在利用している他社借入残高を新規のローンに一本化するというものになっていますので、言い換えるのならば新規に借り入れをすることが出来るということになります。

ただし、おまとめローンや借り換えローンを利用して借り入れをした分に関してはすぐに現在借り入れをしている他社のローンを返済しなければならないということになりますが、新規にローンの利用をすることが出来るという点に関しては同じものとなっています。

例えば既に3社から借り入れをしていて、それぞれの借入金額と利用限度額が40万円、30万円、30万円の合計100万円だとすると、おまとめローンや借り換えローンを利用することによって、100万円の借り入れを新規に行うということになります。

そして、既に利用している3社に対して完済をするということになりますが、完済したことによっておまとめローンや借り換えローンを利用しているローン会社に対して100万円の借金を背負うというように切り替わることになります。

そのため、今まで利用していた3社の利用限度額はゼロに戻るということになりますので、そこから借り入れをすることによって、流れは異なりますが、新規に借り入れをすることが出来て現金を手にすることが出来るということ繋がるために、目的を達成することが出来るということになります。

この方法を利用すれば、アコムのカードローンを新規に利用しなくても、現金を借り入れることが出来るということになりますので、他社借入が多すぎることによってアコムのカードローンを利用することが出来なかったという場合には、試してみて下さい。

アコムの審査は他社借り入れに対しては寛容になっている

上記でも紹介したように、アコムというのは、消費者金融の中でも大手となっていて、貸し付けをすることによって利益を得ている企業の一つです。

そのため、よほどのことがないとカードローンの審査に通過することが出来ないということは無いとされていますが、上記で紹介したように年収の制限や、現在のローンの利用状況などによっては審査に通過することが出来なくなる可能性もあります。

これは言い換えるのならば、「キチンと返済をしてくれる人なら貸し付けをしてくれる」というように考えることも出来ますので、申し込み者が考えるのは「返済能力がある」ということを示すことになります。

近年では基本的に無職の方の場合は貸し付けをしてくれるということがありません。

貸金業が全盛期と呼ばれていた1980年~1990年頃の場合は、申し込み者が無職でも未成年でも貸し付けをしていたというようなこともありましたが、近年では法整備もキッチリとされていますので、誰でも良いから貸し付けるというようなことは考えられません。

しかし、貸し付けをしないと利益を上げることが出来ないというのも事実となっていますので、キチンとした実績を持っていて信用がある人の場合は貸し付けをしてくれるということになりますので、他社借り入れに関してはそれほど気にする必要がないということを知っておいて下さい。

もしも、他社借り入れが原因で借り入れをすることができなかったという場合には、上記で紹介したように、おまとめローンや借り換えローンを利用することによって目的を達成するようにして下さい。

他社借入件数が4件以上と多い方も融資可能!
他社借入複数あってもまずは数分でできるお試し審査!⇒おすすめ一覧はコチラ 他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアコム! ⇒...

まとめ:

いかがだったでしょうか?

アコムというのは、消費者金融の大手となっているために利用者の数が多いことでも知られていますが、他社借り入れに対しては寛容であるという一面もあります。

そのため、キチンとした返済実績を残している方なら、他社借り入れに関してはそれほど気にする必要はありません

他社借入が多い方でも借りられる可能性は十分にありますし方法もあります。既にアコムで借りている方で他の金融機関もお考えの方はこちらの記事も参考にしてください。

他社借入ありでも借りれるローン商品の注意点と探し方をご紹介
他社借り入れがあるという状態は、基本的にローンの申し込みをする際にプラスに働くということがありません。 そして、他社借り入れ件数が多すぎる...

ネットでの申込手順はこちらが詳しいです。

アコムで他社借り入れできるか無料の三秒診断してみました
既に消費者金融で80万円の借り入れをしている私、が消費者金融大手のアコムで追加借り入れできるか確かめてみました。 アコムには3診断という、...

【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする