返済日に間に合わない場合

キャッシング初めての方トップ

 借金について           消費者金融って怖くない?

 申し込み時に必要なもの      審査について

 返済方法は?           返済日に間に合わない!?

 利息は高い?           ネットで申し込むって大丈夫?

返済日に間に合わない?

借りたのはいいけど、返済日に間に合わない!!

借りた時は大丈夫だと思っていても、実際は返済日が給料日前だったりして間に合わないってことにはならないように、まずは、借りる時にしっかりと返済日はチェックしましょう。

それでも、どうしても間に合わない場合はどうすればいいのか?

あらかじめ分かっている場合は、すぐに電話して返済が遅れる旨を伝えましょう。
そして、●月×日にはきっちりと返済できますと言ってみることです。

いつもきっちりと返済していれば、たいていはOKしてくれますが、だからといって2週間や3週間も待ってくれたりしないのでご注意を。

悪いのは返済日まで放っておく人です。
返済日が過ぎると督促の電話がかかってきますが、この時に「今日入金します!」とか「明日間違いなく!」などと調子のいいことを言ってしまって、実際入金ができないと、どんどんイメージが悪くなります。

最終的にはあなたの言うことは信じてもらえなくなりますから、ウソはやめましょう。

また「財布を盗まれた」とか「お金を落とした」とか、しまいには「間違えて他社に振り込んでしまった」とか、いろいろと言い訳を並べ立てる人もいるようですが、彼らからしてみれば、そんなことはどうでもいいことなんです。

余計な理由など考えても、同情してくれたりしません。

彼らが知りたいのは、「いつあなたが確実に入金してくれるか」ということだけです。

「遅れるのが分かった時点ですぐに連絡する」これが基本です。

【返済日に返済をすることが出来ない場合は、どうすれば良いのか】

消費者金融を利用した場合は、必ず返済日に返済をしなければならないということになりますが、何らかのトラブルによって返済が出来なくなってしまうという可能性もあります。

一番問題とされているのは、怠惰によって返済日に返済をしないということになりますが、返済日に返済をしないということは、消費者金融に対する信用を失うということになりますので、その情報が信用情報機関に記録されてしまうということに繋がります。

この信用情報機関というのは、消費者金融の利用者がローンをどのように利用しているのかということが記録されているデータベースとなっていて、通常に利用している分には何の問題もない情報となりますが、返済の延滞や無視というようなことが起きると5年間~10年間ほど記録が残り続けるということになります。

そして、この情報というのは返済をしなかった消費者金融だけではなく、その信用情報機関を利用している金融機関なら誰でも閲覧することの出来る情報となっているために、新たに別のローンを利用するという場合でも、返済をしなかったという情報が残されているために審査に通過することが出来ないという状況が発生してしまいます。

そのため、信用情報機関に記録されるということについては、絶対に避けなければならない状況になりますが、それでは返済日に返済をすることが出来ない場合には、どうすれば良いのかということについて詳しく紹介していきます。

まずは、返済しなければならない消費者金融のカスタマーセンターに連絡をして、なぜ返済をすることが出来なくなったのかということを説明して下さい。

理由に関しては様々なことが考えられると思われますが、その理由を正直に話すようにして、その後に何日なら返済をすることが出来るのかということを伝えてください。

その際に、1週間や10日間ぐらいなら返済を待ってくれるということもありますが、2週間も3週間も待ってくれるということはありません。

そして、1回あたりの返済額というのは高額でも2~3万円程度となっているために、1週間~10日間もあれば派遣会社に登録をして稼ぐということも出来るために、わずかの猶予で信用情報機関に記録されるという事態を防ぐことが出来ます。

近年では、信用情報機関に記録されることによって、携帯電話の機種代金を分割で支払うということも出来なくなっているケースもありますので、信用情報機関に記録されるということは日常生活において非常にデメリットが多いということが挙げられます。

 【下手な言い訳ではなく、確実に返済できる日を伝える】

返済日に返済を怠ってしまうと、翌日には消費者金融から電話が掛かってくることになります。

その際に、本当に忘れているだけで、すぐに返済をすることが出来る状態ならそれほど大きな問題になることはありませんが、何らかの事情によって返済をすることが出来ない状態になってしまった場合は、消費者金融から詰問されることによって焦ってしまって下手な言い訳を重ねてしまったり、場合によっては嘘をついてしまったりすることもあります。

そうすると、さらに信用が無くなることになりますので、近日中に信用情報機関に記録されてしまうという事態に陥ってしまいますので、返済を怠ってしまって消費者金融から連絡が来た場合には返済をすることが出来なかった理由を正直に話して、確実に返済をすることが出来る日を伝えることが大切です。

利用者の中には、給料の支払いが遅れているために返済をすることが出来なかったというケースや、会社が倒産してしまって仕事が無くなってしまったというようなケースもありますので、正直に理由を話すことで何日かの猶予をもらうことが出来ます

その間に派遣でも日雇い労働でもすることによって1回分の返済金額を貯めることは可能なので、まずは返済ができない理由を正直に話して下さい。

  【返済日までに余裕を持たせるために、給料日から数日後を返済日にする】

消費者金融を初めて利用する人というのは、給料日を返済日に設定する人が非常に多いですが、これは大きな間違いとなります。

給料の支払日というのは、何らかの事情によって遅れてしまうこともあり、銀行が休業日の場合は翌営業日に給料が振り込まれるということも十分に考えられますので、一般的に消費者金融を利用する場合には、返済日の設定を給料日から数日後にするのがオススメです。

この場合、ゴールデンウィークや盆正月などによって銀行の休業日が重なってしまった場合でも安心して返済をすることが出来ます。

また、何らかの事情で給料の支払いが滞ってしまった場合でも対処をすることが出来るだけの時間的な猶予があるということになりますので、万が一の場合でも安心することが出来ます。

これらのことから、原則として返済日を厳守するというのは消費者金融を利用する人にとって当然のこととなっていますが、何らかのトラブルが発生してしまった場合には、そのことを正直に伝えることが大切だということになります。

一番悪いのは嘘をついたり誤魔化したりすることになっていますので、それだけは絶対にしないようにして下さい。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 土日祝日も!どうしても今すぐ借りたい!
  詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする