キャッシングにおける“身の毛もよだつ話”―『一括返済』しよう!!

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

「借金だけはするなッ!」

――“借金に関する注意”は、ほとんどの家庭で子供の頃から口すっぱく説教されてきたことでしょう。

長いあいだ言われ続けているだけに、『借金=怖いこと』というような印象を植え付けられてしまったものの、子供ながらに――

≪何故、借金をしてはいけないのか?≫

――というような、根本的な疑問を抱いた方も少なくないはず。

意外にも、この「借金はするな!」という教えは、今より数百年も前、1600年頃に活動していたシェイクスピアという作家も『ハムレット』という代表作のなかで説法しています。

偉大な作家シェイクスピアが言うことには――

お金を借りれば、貸した側は“お金を貸したこと”をずっと覚えている。たとえ、借りた分を返したとしても、貸した側は貸したことをいつまでもしつこく述べてくるのだ。

――さすが、偉人だけあって、偉いことを説きますね。

さてしかし、いくら『借金はしてはいけない』と説かれようとも、場合によってはしなくてはならないときが人生のなかには誰しも数度あります。

そして、そういった“借金をしなければならない状況”におかれたとき、金銭を気軽に貸してくれる機関がすぐ身近にあれば、人はそれを利用してしまうのが常。

たとえ精神を鍛えた偉人であれそれは無理な話で、有名なところで言えば、文豪・太宰治――。

太宰治はシェイクスピアを尊敬していましたので『新ハムレット』という作品を残しています。

無論、自分でも「借金をしてはいけない」ということを執筆していますけれど、あろうことか本人が、当時“1万円以上”もの借金をこさえてしまったそうです。

昭和初期、一般家庭4人家族が15円あれば一ヶ月余裕をもって暮らせたと言いますから、当時の1万円がどれほど『大きな借金』であるか、は推測することができるでしょう。

また、西洋で言えば、ドストエフスキーやバルザックなどの偉人が借金に苦しんだことで有名です。

いくらお金を稼ぎ、名誉を得ても借金が影法師のようにずっと後ろからついてきたというのだから、そら恐ろしい。

それほどの偉人たちであれ、『借金』をせずにはいられなかったというのだから“借金を作らずに生きる”というのは、大変難しいことなのです。

『借金』で困ったことにならないためには、借金の説法など必要なく、“借金の怖い話”を多く知っておくことがポイント。

そこで、現代における“借金地獄の末路”――『借金の怖い話』をご紹介します。

キャッシング・身の毛もよだつ話

少ない“返済額”で良いと思っていたら……

毎月「1万円程度~」返済することのできる“リボルビング方式”の支払い。

返済に追われることもありませんし、自動的に引き落としてくれるので、何より“落ち着いた心持”を維持できる返済システムです。

Aさんはキャッシングを利用し始めてから、お金を借りることにハマり、月々の支払いを一括で返済するのが困難になって、リボで……リボで……と積み重ねていったら、いつのまにやら『100万』円も借金をこさえてしまいました。

リボで返済で金利は“15%/年率”とのこと。

年率15%というのは、『一ヶ月=1.25%の利息支払い』ということを覚えておきましょう。

Aさんは「毎月2万円ずつ、コツコツ返済していけば……」と考えていたそうですけれど、一年経ち、二年経ち……それでも、借金はなかなか減っていない。

「何故!?」

それもそのはず、100万円の借金における1.25%は『12,500円』だからです。

毎月せっせと2万円返済しても、結局のところほとんどが利息の支払いになり、返済しているのはたったの「7,500円」だけ――。

7,500円×12カ月(一年)=90,000円(一年での返済額)

150,000円(一年目の利息支払い額)

910,000(二年目の借金残高)×15%(年率)=136,500(二年目の利息支払い額)

――毎月2万円の返済にて、100万円の返済に二年掛けたら「480,000円」を支払ったにもかかわらず、利息分だけで「286,500円」必要になるわけです。

二年でたったの「20万の返済」しか済まず、残高は八割残るわけですから、想像しただけでも戦慄もの――。

返済方法は『一括返済』がオススメ

上記の借金地獄に堕ち込んだAさんの話では、“リボルビング方式”が非常に怖いように感じられますけれど、大金を借金しなければ、リボ払いは実用的な返済方法です。

しかしながら、どうしても多くの金銭をまとめて返すのが億劫になり、“最低返済額”にて少しずつ少しずつ返済していくと実に怖い……。

そこで、“一括返済”を目安にし、返済できないと感じたら「それ以上借金しない」ようにキャッシングカードを財布から取り出してしまうことが重要。

さて、『一括返済の方法』についてですけれど、ATMから設定を変更したり利用したキャッシング会社に連絡したりすれば、簡単に“返済方法”を変更することが可能です。

一度リボ払い設定をしてしまっていても、あとから「リボ残高のまとめ払い」という方法もありますのでご安心ください。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする