プロミスで今日お金を借りるための条件や審査について

プロミスで今日お金を借りるための条件

プロミスでは申し込んだ当日に融資を受けられる即日融資サービスなども行われています。プロミスで即日融資サービスを受けるためには次の条件を満たすことが必要といわれています。

振込みを希望する場合にはWeb申込みで平日の14時までに全ての手続きを完了させるということです。全ての手続きとは、申込みから仮審査、必要書類提出を経て、本審査で承認されて、契約が完了するというプロセスになっています。
これらの手続きがその日のうちに完了すればプロミスでその日のうちにお金を借りることができるようになっています。

そして、プロミスの自動契約機や三井住友銀行の自動契約機が近くになるという場合といえます。これは、通常、インターネットで融資の申し込みを完結させる場合は、最短60分くらいは時間がかかってしまうといわれています。
平日なら14時までには契約完了をしておくことが即日融資の条件になります。土日は翌銀行営業日までは振込み融資を受けることができないようになっています。

このような中で申し込んだ当日に融資をしてもらうことができるようにしておくためには、できるだけ効率的に申し込み手続きを行って、決められた時間までに融資の手続きを完了させておくことが必要なのです。

インターネットからWEB申し込みをすれば24時間の対応が期待できます。無事、審査に通過ができれば自動契約機なら午後10時までなら直接キャッシングカードを受け取ることができるようになっているのです。但し、一部の自動契約機は午後9時までという場合もあります。

自動契約機9:00~22:00(一部は21:00)まで、また、三井住友銀行の自動契約機9:00~21:00(契約機によっては営業時間や休日が異なる場合もあります)となっていてそれらの契約機が近くにあるということが望ましいといえます。

プロミスの融資の申し込みについて

実際に、融資を受けるためにはプロミスの審査に通過する必要があります。これについては、プロミスでは現在、様々な方法で融資審査の申し込みができるようになっているのです。

例えば、スマホやパソコン、携帯電話などから24時間申込可能なWEB申込みがあります。また、全国に設置されているプロミスの自動契約機での申し込みもできます。三井住友銀行ローン契約機で申し込むこともできますし、プロミスコールという電話による申し込みも可能です。さらに、サービスプラザという店頭窓口で申し込んだり、郵送で申し込むことができるなど、様々な方法が設けられています。

プロミスの審査に必要な書類について

プロミスの融資に申し込むと、審査を受けることになります。その審査に必要な書類として、運転免許証などの顔写真入りの公的証明書本人確認ができる身分証明書が必要です。転免許証を持っていないといった場合はパスポートや顔写真付きの住基カードでも大丈夫とされています。

本人確認書類記載の住所が、現在の住所と違うという時は、これらの書類に合わせて次のどれか1点の書類が必要とされています。都市ガス・電気・水道・固定電話といった公共料金の領収書住民票の写しか印鑑証明証です。

また、契約額が他の会社を含めて100万円を超えるという場合で、プロミスだけで50万を超える場合は収入証明書が必要です。

プロミスの審査について

融資に申し込んでプロミスの審査を受ける場合、審査が行われるようになっています。ここでは利用者が多い、WEB申し込みでの流れについてご説明したいと思います。

まず、携帯電話やスマホ、パソコンなどのプロミス公式ホームページから融資の申し込みを行っていきます。そして、必要事項を入力していきます。
必要事項には、融資の希望額や氏名や住所、勤務先情報や他社の借入状況などの必要な情報を入力し、入力し終わったら送信ボタンを押していきます。5分ほどで全項目の入力が完了できるかと思います。

WEB申し込みでは24時間受付となっていますが、審査時間は午前9時〜午後9時までになります。
申し込み情報を送信し、申し込みが完了するとプロミスで審査が行われることになります。審査にかかる時間は最短で30分くらいだといわれていますが、混んでいるという時には時間がそれだけかかるといえますので、あくまで最短で30分のため1時間、2時間は見ておいたほうがよいかと思います。そして、その後、審査の結果が通知されます。審査結果は申し込み時に選択したメールや携帯電話などで通知されます。

審査に通過して、承認が得られれば、銀行口座へ振込みを行ってもらうか、または自動契約機でカードを受け取るといったどちらかの方法で即日融資を受けることができ、新規申し込み時にWEBと来店のどちらを希望するかを選択することができるようになっています。

翌日の融資になる場合

プロミスでは次のような場合だと翌日の融資になるといわれています。
まず、振込み希望の場合、申込み手続が14時以降になった場合が挙げられます。また、振込み希望で、土日祝祭日などの銀行が休みの場合などは翌日の融資になります。
そして、自動契約機で、申込み手続きが午後10時を過ぎてしまったという場合も同様です。

基本的には銀行振込みで融資を希望する場合は、金融機関の営業時間内に融資を終わらせることができなければ融資は翌日になってしまうといえます。しかし、その例外として、ジャパンネット銀行や三井住友銀行の銀行口座を持っているという場合24時間365日銀行振込可能でその日のうちに融資をしてもらうことができるのです。

瞬フリについて

プロミスでは、できるだけ早くお客様の口座にふりこみができるように瞬フリと呼ばれる振込キャッシングサービスが提供されています。瞬フリは、パソコンやケータイ、スマホから24時間365日、お客さまの口座へ振込キャッシングするサービスになります。

三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を持っている場合には、24時間、最短10秒で口座へ瞬時に振込みをしてもらえるサービスです。

瞬フリのメリットとして、手数料は0円で即座に振り込みとなり手数料はプロミスに負担してもらえるのです。そして、24時間365日インターネットからいつでも利用申し込みができ、24時間最短10秒で振り込みをしてもらえるというとても便利なメリットがあるのです。そのため、瞬フリは即日融資を希望する人にとってとても便利なサービスといえます。

このようにプロミスでは今日お金を借りたいという人にできるだけ即日融資を利用してもらえるように様々なサービスが提供されています。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 土日祝日も!どうしても今すぐ借りたい!
  詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする