借入の目的が投資だと危ない理由とは

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

最近では仮想通貨で投資を初めたというような声を聞くことも多くなってきましたが、中にはカードローンやフリーローンなどを利用して軍資金を集めて投資をしたいという人も多いかもしれません。

しかし、一般的に銀行や消費者金融が提供しているローンプランの場合は、資金使途として原則自由となっていますが、残念ながら投資性資金のためには利用することが出来なくなっているケースが多いです。

そこで今回は、投資をするための軍資金としてカードローンやフリーローンを利用することは可能なのかということについて詳しく紹介していきます。

基本的に投資目的の借入は禁止されている

原則として消費者金融や銀行が提供しているフリーローンやカードローンの場合は資金使途が自由とされていますが、事業性資金や投資性資金のために利用することが出来ない仕様になっています。

特に借入をする際に資金使途証明書を提出しなければならないタイプのローン商品の場合は何のために借り入れをするのかということを証明しなければならないために投資目的で借り入れをするのは不可能です。

しかし、どのようなことにも抜け道というものはあります。

逆に言えば資金使途証明書を提出しなくても良いタイプのローン商品の場合は利用者が何のために借入をしたのかということを証明しなくても良いということになりますので、借入をした後に投資目的で利用するということは可能です。

注意するポイントとしては、資金使途証明書を提出しなくても良いタイプのローン商品の場合は貸付金利が高く設定されているケースが非常に多くなっています。

投資をする目的というのは、あくまでも現在の資金を増やす目的で始める人が多いと思われますが、投資をするための資金を借りることによって利息が発生すると投資を初めてプラマイゼロの状態でも利息分だけマイナスになります。

そのため、投資をするためにカードローンやフリーローンを利用するというのは、リスクを増やしている行為ということになりますので、その点については注意しなければいけません。

また、投資で大きなマイナスになってしまった場合は自己破産が認められないケースがあります。

もちろん、借り入れをしているローンの分に関しても自己破産が認められないということになりますので、通常のローンを利用するよりも遥かにハイリスクだということを覚えておいてください。

投資目的のための融資は審査時にチェックされる

どのようなローンプランに申し込みをする際でも必ず資金使途については聞かれることになります。

証書貸付タイプのローン商品の場合は、上記でも紹介したように資金使途証明書の提出が求められるケースが多くなっていますが、カードローンのように資金使途を利用者が自由に設定することが出来るタイプのローン商品でも審査をする際に何のために借り入れをするのかということが問われます。

この際の回答によって審査のポイントが変動することになりますので、覚えておくと良いでしょう。

例えば、旅行をするための資金が足りないために借入をするというケースと、生活費が足らなくて借入をするというケースでは借り入れをするための理由が異なります。

そして、旅行のためのお金というのは、あくまでもレジャー費という扱いになるために、生活費に困窮していないということにもなりますので、まだまだ余裕があるということに繋がります。

しかし、生活費が足りないということは、収入に対して計画的に現金を使うことが出来ない人というような印象を与えてしまうために審査に通りづらくなってしまうということです。

ちなみに今回のケースだと、利用者が資金使途を自由に設定することが出来るタイプのカードローンでも、事業性資金や投資性資金のために借り入れをするというのは禁止しているローン商品が多いので、正直に回答すると審査に通らなくなってしまう可能性が高いです。

そのため、借り入れをする際には旅行やレジャーのための費用を借り入れたいというような話をすることになりますが、審査を担当する保証会社の人も専門家なので辻褄が合わない話をすると疑われることになります。

例えば国内旅行をするのに50万円~100万円の借り入れをしたいというような話をすると、どこにどれくらいの期間滞在するのかという細かい質問をされることもあります。

また、そこから話が膨らんで見積書や請求書のコピーを提出するように求められるようなケースもありますので、審査の際にどのようなことでも嘘をつくというのはリスクがあるということを知っておいてください。

投資目的のために借入をしたい場合は、どうすれば良いのか?

上記でも紹介したように投資のための借り入れをするというのはオススメすることが出来ません。

これは、ローン商品を提供している消費者金融や銀行のローンプランで投資性資金のための貸付を禁止しているケースが多いということも理由の一つですが、それよりも借入をした軍資金では利益率が低くなってしまうためです。

例えば、100万円の借り入れをして投資の軍資金にして年間の利回りが10%になったとします。

投資をして利回りが10%というと、かなり大きな数字ということになりますが、一般的に消費者金融や銀行が提供しているローン商品で100万円の借り入れをすると貸付金利が14%~18%となります。

つまり、投資で利回りが10%という、かなり大きな利益を上げているような状態でも、ローンを利用していることによって年間4%~8%の赤字になってしまうということです。

しかも、元金については一切返済できていない状態となりますので、投資で利益を上げることが出来ていても状況は悪くなっていくことになるので、投資のために借り入れをするということはオススメすることが出来ないということに繋がります。

もしも、投資目的のために借入をしたいという場合には、自分が上げることのできる利益率よりも低い貸付金利を設定しているローン商品を利用することがオススメです。

注意点としては、貸付金利を低く設定しているローンプランの場合は資金使途が明確にされているプランが多くなっているために、投資目的のための借入では審査に通過することが出来ない可能性が高いです。

投資目的で借り入れをするためには、これらのことを考慮してローンプランを厳選することから初めて見ると良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

最近では仮想通貨に投資をして億万長者になったという話を耳にすることも多いですが、逆に言えば仮想通貨に投資をしたことによって数千万円がゼロ以下になってしまったという話も多くなっています。

確かに急激な値動きがある投資市場というのは魅力的に見えるかもしれませんが、根拠が無い投資というのは簡単に言えばギャンブルと同じことになりますので、長期的に見て利益を上げ続けるのは難しいです。

投資をするための資金を借り入れたい場合は、無利息期間があるタイプのローン商品を利用することによって、短期間ならば利息をゼロにして軍資金にすることも可能です。

しかし、短期間での投資というのは投資を本業とする人からすると投資というよりも投機に近くなっていますので、その点については注意しなければいけません。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする