カードローンで借り換えをする前に確認するべきところは?

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

カードローンを利用した場合、返済額に加えて利息の返金も必要になってきます。

中にはカードローンを利用したものの、利息が高くて毎月の返済額が負担に感じている人も多くいます。

カードローン 借り換え

このような場合、カードローンの借り換えによって負担が軽減できるケースがありますが、借り換えを安易に行うのはあまりお勧めできません。

そこで、カードローンの借り換えをする前に確認したいポイントや、カードローン会社の商品を比較していきます。

カードローンの借り換えを検討している場合は、この記事を参考にしてみてください。

カードローンの借り換えとは?借り換える意味はある?

カードローン 借り換え

カードローンの借り換えとは、現在使用しているカードローン会社から、他のカードローン会社に乗り換えることを意味しています。

例えばA社でカードローンを契約していた場合、新たにB社から借り入れてA社のカードローンを完済するという方法です。

基本的にカードローンは、B社から借り入れてA社に返すというような流れが基本ですが、複数の借入れをまとめた総額をC社から借り入れて全て完済するものもあります。

このような場合は、おまとめローンなどを呼ばれ、借り換えとは別の返済方法になっています。

カードローン メリット デメリット

そもそもカードローンとなっていても、商品によって金利やサービス内容が異なるため、利用者にとってメリットが多いのか、デメリットになってしまうのかも変わってきます。

A社とB社のカードローンの違いを知らずに借りてしまった結果、利息が高くて返済が厳しくなった、返済計画が狂ってしまったという事態を招く場合があります。

このように、カードローンの商品やサービスの違いを知らずに借りてしまうと、結果的に借り換えが必要になってしまう場合もあるので、金利や返済額などに違和感があればカードローンの借り換えを検討してみましょう。

カードローンを借り換える前にチェックしたいポイント

借り換え チェックポイント

カードローンは、借り換えによって利息を減らすことができます。

しかし、カードローンの借り換え前にはいくつかの内容をチェックしておかなければカードローンの借り換えでのメリットが得られません。

ここでは、カードローンを借り換える前にチェックしたいポイントをいくつか紹介していきます。

カードローン会社が1社かどうか

カードローン 1社

カードローン会社の借り換えを行う場合、契約をしているカードローン会社が1社かどうかを確認しましょう。

カードローン会社複数から借り入れている場合、借り換えではなくおまとめローンとなってしまうからです。

総額を知るためにも、借り入れている所がどこなのか把握しておくようにしてください。

借り換えが必要かどうか

カードローン 借り換え 必要

現在のカードローン会社から、借り換えが本当に必要なのか再度考えてみてください。

チェックしたいのは利息や返済額の部分だけではなく、毎月の返済額と返済総額についてです。

毎月の返済額が大きいと負担に感じやすく、これにより借り換えを検討する場合があります。

しかし、新たなカードローン会社の返済方法や毎月の返済額によっては、完済までの返済期間が長めになるだけでなく、返済総額が高くなってしまう場合もあります。

返済総額を減少させたいのか、毎月の返済額を変えたいのか、目的を確認してから借り換えを検討をしてみてください。

総量規制に関しての問題はないか

総裁量規制

カードローンは申し込み時に用途確認がないため、審査する側も通常の審査と同様に借り換えの審査を行います。

利用者側は借り換えを目的としていても、カードローン会社側は借り換えかどうかを知ることができません。

このような場合に気になるのが総量規制で、総量規制は貸金業法によって適用されているもので、カードローンにも該当します。

この規制では、年収の3分の1を超える貸し付けをしてはいけないという決まりがあり、利用する側からしたら年収の3分の1以上を借りることができないということです。

つまり、借り換えを前提にしていたとしても総量規制の対象となってしまえば、審査が厳しくなったり、通らなくなったりしてしまいます。

カードローン会社で借り換えできる?サービス内容を比較しよう

カードローン サービス比較

カードローン会社の借り換えには、チェックしておきたいポイントがいくつかありましたが、実際にカードローン会社で借り換えを行うことはできるのでしょうか?

ここではカードローン会社の借り換えが可能なのか、どのようなサービスなのかを比較していきます。

プロミス

プロミス

三井住友フィナンシャルグループの完全子会社であるプロミスは、ノンバンクカードローン会社で顧客満足度調査ナンバーワンを獲得しています。

プロミスでは、事前にお借入れシミュレーション診断を取り入れているため、借り換え時にどのような返済方法となるのか調べられます。

また、初めての利用なら30日間利息が不要で、利息は日数計算方式を取り入れているため、短期間の返済に向いています。

アイフル

アイフル

東証一部上場企業であるアイフルは、「かりかえMAX」で借り換えを目的とした人向けのサービスを提供しています。

かりかえMAXは、現在よりも低い金利で毎月の返済額負担が軽減できるだけでなく、銀行ローンやリボ払いなど、対象内容を幅広く設けているのが特徴です。

手続きは無人店舗や店頭窓口でも可能ですが、郵送契約も選択できます。

アコム

アコム

国内唯一の消費者金融事業者となるアコムは、借り換え専用ローンサービスを提供しています。

これを利用することにより、毎月の返済金額や利息の負担軽減が期待でき、さらに返済日は毎月1回で、返済回数が増えることで残高も減少していくのが特徴です。

返済期間や計画によって返済額が増えてしまう場合がありますが、借り換えの負担減少に役立ちます。

モビット

モビット

日本の銀行系消費者金融会社であるモビットでは、借り換え専用ローンの取り扱いがないので、借り換えにはフリーローンを使用する必要があります。

フリーローンそのものは、用途が自由なので借り入れ目的などに関わらず借りることができます。

利用者側に借り換えという目的があったとしても、それをモビット側が知ることもありません。

バンクイック

バンクイック

株式会社三菱UFJ銀行によって発行されたバンクイックは、消費者金融系に比べて金利が低いだけでなく、借り換えが早く行えるのが特徴です。

利用限度額に合わせて適用金利が決まっていて、利用限度額が高額になるほど金利も低くなっています。

借り換え総額を減らす目的であれば、利用しやすいサービスになります。

レイク

レイク

レイクは、株式会社新生銀行のカードローン商品です。

以前のレイクは、消費者金融時代に借り換え専用のサービスを取り扱っていましたが、現在のレイクでは同等のサービスの取り扱いがありません。

しかし、レイクと同じ新生銀行グループに所属する新生パーソナルローンには借り換え専用のサービスがあります。

カードローンは手軽に借りられるため、困った時に頼りたくなる存在ですが、カードローンの特徴を知らずに借りてしまうと、返済の継続が困難になってしまうケースもあります。

毎月の返済が負担に感じたり、返済総額を少なくしたいと考えたりした場合は、借り換えを検討するのがおすすめです。

しかし、カードローン会社には様々なサービスがあり、似たような内容であっても目的によって選び方が異なります。

借り換えをする前に各カードローン会社のサービス内容を確認し、何を目的に借り換えが必要なのか、借り換えがメリットになるのかを考えてから利用しましょう。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする