借入を40~50万円した場合の利息はいくら?金利の低いカードローンを徹底調査

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

お金を借りたら、元金だけを返済するのではなく、利息分を支払わなければいけません。

この記事を読んでいる方の中にも、貸付業者から融資を受けたことがある、という方もいるのではないでしょうか?

元金 利息 カードローン

実際に融資を受けるのであれば、ある程度の知識を身に付けておくことをオススメします。

今回は、元金に対してかかる利息の仕組みについて解説していきます。

また、低金利で利用できるカードローンを選ぶことによって、経済的な負担を軽減できるでしょう。

借入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

よく使われている専門用語について

カードローン 専門用語

カードローンを利用する場合は、実際に使われている専門用語の意味をしっかりと理解することが重要です。

例えば、冒頭の説明で登場した「金利」という言葉の意味をご存じですか?

金利とは、借入している元金に応じて支払う利息の割合のことを指します。

金融機関や貸付業者と契約を結んでいる場合、契約者は金利を支払う義務があります。

いわば、お金を借りるための手数料のようなものなのです。

設定されている数値はそれぞれの機関によって異なるため、より低金利で利用できるカードローンを探しているという方は少なくありません。

また、似たような言葉で「利息」「利子」というものがあります。

利息とは貸している側がお金を受け取ることを言い、利子とは借りている契約者が、元金にプラスして支払うことを言います。

これは、銀行でお金を引き出す際の手数料のようなものです。

金利 設定数値

この際、どちらも金額は同一であり、差が生じることはありませんが、お金を貸すか借りるかの立場によって、名称が変わるのです。

このように、よく使われる専門的な用語を理解することによって、損のない利用が可能になります。

実際に利用する前に、計算式を用いて支払う金額について考えてみましょう。

計算方法について

利息 計算方法

「利息額=元金×金利(利率)÷365×借りている期間」といった計算式を使うのが一般的です。

利率の表示単位には、1日あたりの割合を示す「日歩」、1ヶ月あたりの割合を示す「月利」、1年あたりの割合を示す「年利」の3つがあります。

日歩は「○銭○厘」、月利と年利は「%」で表します。

実質年率とは

実質年率

1年で発生する金利を百分率で示したものです。

会社によっては、利息の他にも事務手数料や諸経費などが生じる場合があります。

また、貸付業者は実質年率を提示することが法律で義務付けられているため、各社のホームページに設定されている数値を掲載しなければいけません。

この数値は、利用する人が混乱しないように表示方法は「年率」で統一されています。

低金利で利用するにはどうすればいいのか?

低金利 カードローン

カードローンを低金利で利用するにはどうすればよいのか、ここから解説していきます。

各社を比較する方法

金利 各社 比較

「利息制限法」に基づき、貸付業者は元金に応じて年15~20%の上限金利で、融資を行わなければいけません。

借入の申請をする際、金利として設定できる金額にはこのように上限があります。

そのため、各社を比較する場合は、定められた上限よりもどれくらい低金利なのかを確かめるようにしましょう。

金利の相場

金利 相場

初めて融資を受ける場合、金利の相場が一体どれくらいなのか分からないという方も少なくありませんが、あらかじめ金利の相場について確認しておきましょう。

各社で多少の差が生じますが、借入額が10~100万円未満であれば金利は18%、100万円以上であれば15.0%とされています。

18%以下というケースは極めて少なく、それ以上の低金利を求めているのであれば、各社が独自に行っている「金額還元サービス」や「利息0円期間」などのサービスを利用してみましょう。

各社を徹底比較した結果

カードローン 金利 比較

発生する利息を最小限に抑え、低金利で利用するためには各社を比較した上で検討することが欠かせません。

ここでは、プロミス、アイフル、アコム、モビット、バンクイックを比較した結果についてご紹介します。

それぞれの特徴や、提供しているサービスにも違いがあるので、ぜひチェックしてみてください。

ここから。実際に40、50万円を借りて、30日間で返済した場合の例について見ていきましょう。

各社の金利は以下のとおりとなり、プロミス、バンクイック以外は、上限設定が同一です。

プロミス
年4.5~17.8%
アイフル
年3.0~18.0%
アコム
年3.0~18.0%
モビット
年3.0~18.0%
バンクイック
1.8~14.6%

このように比較してみると、消費者金融のカードローンと銀行のカードローンに違いがあることが分かります。

初めて利用する場合は上限金利が適用されやすいため、今回はその数値で考え、各社の特徴や、実際に借入を行った場合の例について解説していきます。

プロミス

プロミス
大手消費者金融機関であるプロミスは、最短30分で審査することができ、即日融資も可能です。

そのため、すぐにお金が必要な方などからの利用も多いのではないでしょうか?

17.8%が適用された場合、支払わなければいけない利息額は40万円の場合585円、50万円の場合732円となります。

スピード審査を売りにしているプロミスは、24時間、土日も振込が可能です。

アイフル

アイフル

WEBから気軽に申し込みができるアイフルでは、18.0%が適用された場合、40万円で592円、50万円で740円を支払わなければいけません。

アイフルには、全ての手続きをWEB上で行える手軽さがあります。

アコム

アコム

初めての利用で選ばれることが多く、アイフルと同様の金額になります。

この会社もWEBでの申し込み、手続きが可能です。

返済期日をお知らせしてくれたり、インターネット返済ができたりと、充実したサービスを提供しています。

モビット

モビット

モビットは10秒で簡易的な審査結果が表示されるのが特徴となります。

近日中にお金を借りたい方や、いち早く審査結果を知りたい方、時間を気にせずに借入・返済をしたい方にオススメです。

18.0%が適用された場合、40万円の場合592円、50万円の場合740円となります。

バンクイック

バンクイックは、全国のセブン銀行・ローソン銀行・イーネットATMで利用可能になっており、借入・返済共に手数料が発生しません。

また、プロミス、アイフル、アコム、モビットとは違い、バンクイックは三菱UFJ銀行系カードローンとなっています。

少額の利用から、まとまった資金まで、様々な場面で気軽に利用できるのが特徴的で、14.6%が適用された場合、利息額は40万円で480円、50万円で600円です。

各社を比較すると差が生じることが分かり、このような結果を踏まえ低金利で利用できるのは、キャッシング会社であればプロミス、銀行であればバンクイックということになります。

カードローンを利用する際は、1、2社見て決めるのではなく、より多くの会社を比較することで、損のない利用ができるので、申請前にそれぞれのメリット・デメリットを把握しておくと、各社を吟味する際に役立つでしょう。

最近では、多くの会社が実際に利用した場合のシミュレーションをWEB上で行えるようになっているので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

また、利用する場合に着目すべきなのが、各社が行っている独自のサービスで、特に、消費者金融は様々なサービスを提供しているので、事前にチェックしておきましょう。

それぞれの異なる特徴を把握し、金利などを各社を比較した上で検討することは非常に重要です

カードローンは、自身の状況や利用期間、借入金額などをしっかり踏まえ、無理のない継続的な返済をしてください。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする