借入は、19歳の未成年でもすることは可能なのか?

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

19歳というと、高校を卒業後に就職をした場合は新社会人から2年目ということになり、大学に進学した場合は大学の2回生ということになります。

19歳という年齢は、普通に生活をしていてもお金が掛かってしまうシーンや誘惑が多い年齢でもありますので、アルバイトや仕送りなどで生活をしている人でも一時的にお金が足りなくなってしまうというようなことはよくあります。

このような場合に助かるのが、現金を借り入れることによって、急場をしのぐということになりますが、原則として19歳というのは未成年になってしまうために消費者金融や銀行から借入をするということは出来ません

しかし、特定の手順を踏むことによって、借入をすることが出来るようになりますので、こちらでは19歳の未成年が借入をするためにはどのような手続きを行えば良いのかということについて詳しく紹介していきます。

ただし、19歳の未成年が借入をしたという場合でも、キチンと返済をしなければならないということに関しては20歳以上の人と同じことになっていますので、その点に関しては注意するようにして下さい。

19歳の未成年が借入をするためには親権者の保証が必要

こちらでは、19歳の未成年が消費者金融や銀行などの金融機関から借り入れをするために必要なことについて紹介していきます。

まずは基本的に必要となっているのが、親権者の同意および保証が必要となっているケースが多く、19歳の未成年が消費者金融や銀行から借入をする場合には、親権者が保証人として登録することが必要となっています。

そのため、「親に黙って借りたい」ということは基本的に出来なくなっていますので、その点に関しては注意するようにして下さい。

19歳の未成年が通常の借入をすることが出来ない理由としては、未成年というのは「社会的責任能力が未熟だ」という判断をされてしまいますので、未成年が商取引や契約をすることは法律によって禁止されています。

そのため、極端な話をすれば19歳の人が希望して消費者金融から借入をした場合に、返済をすることが出来なくなったというようなケースになると、利用している人の側から契約を打ち切るということが出来てしまいます。

このような状況になると貸し付けをしている金融機関からするとリスクしか無いということに繋がってしまいますので、未成年が借入をする場合には責任能力のある大人が保証しなければならないということになります。

大学生を対象にしている学生ローンなどの場合は、未成年でも借入をすることが出来るというケースもありますが、この場合でも19歳以下の未成年の場合は親の承諾が必要となるケースが多くなっていて、基本的に本人だけの責任で借入をすることは不可能となっています。

19歳の未成年でも成人扱いになって、借入をすることが出来るケースもある

19歳の未成年の場合は、上記でも紹介したように1人で金融機関から借入をするということは不可能に近くなっていますが、19歳の未成年でも社会的に成年として扱われるケースがあります。

それは、就職の有無や結婚の有無となっていて、成人の定義というのは時代によって移り変わるものだとされています。

日本でも古くは15歳で成人だとみなされていた時代があったように、近年でも選挙権が18歳からとなっていますので、19歳の未成年でも成人として扱われるということは可能です。

このように、社会的に成人だと判断されている場合だと、金融機関から借入をすることが出来るケースもあります。

ただし、近年では大学や専門学校に進学する人の割合が多くなっていて、同じ19歳でも学生の場合は基本的に未成年として扱われることになりますので、学生が借入をしたいという場合には、20歳以上になってアルバイトなどをしていることが条件となっていますので、その点に関しては注意して下さい。

また、結婚や就職をしていることによって社会的には成人として扱われることになりますが、上記でも紹介したように19歳というのは未成年となっていて、法律上では責任能力が無いというような判断をされてしまいます。

そのため、借入をすることが出来る可能性が高まるが、20歳以上の人に比べると圧倒的に借入をすることが出来る可能性は低いということは知っておいて下さい。

19歳の未成年でもクレジットカードのキャッシング枠で借入が可能

19歳で借入をしたいという人の目的としては「現金が欲しい」ということになると思いますので、現金を借り入れることが出来る方法があれば問題ないということになります。

一般的に現金を借り入れる方法として思い浮かべるのは、消費者金融や銀行などの金融機関が提供しているカードローンやフリーローンを利用するという人が多いと思われますが、クレジットカードのキャッシング枠を利用することによって借入をすることも可能だということを知っておいて下さい。

クレジットカードには、基本的にショッピング枠とキャッシング枠の2つがあって、ショッピング枠というのは文字通りショッピングをする際にクレジットカードで支払いをすることによって支払日を繰り越すことが出来るというものです。

そしてキャッシング枠というのは、一般的に提供されているカードローンと同じような仕組みで利用することが出来る借り入れ方法となっていますので、現金を手にすることが出来るということになります。

街中ではクレジットカードのショッピング枠を現金化するというような広告を見かけることがありますが、基本的にクレジットカードのショッピング枠を現金化することはクレジットカードの利用規約に違反しているケースが多いです。

ここで注意してもらいたいのが、違法行為ということではなく、あくまでも違反行為だということです。

そのため、上手く活用することが出来ればショッピング枠を現金化することも可能となっていますが、ショッピング枠の現金化に関しては詐欺行為も多くなっていますので、ローンだけが残ってしまって現金を手にすることができなかったというケースも多くなっていますので、その点に関しては自己責任で行うようにして下さい。

そして肝心の19歳の未成年でもクレジットカードを作成することが出来るのかという問題についてですが、基本的に未成年でもクレジットカードを作成することは可能になっています

ただし、持っているだけで社会的にステータスが認められるような高ランクのクレジットカードについては、当然のことながら作成することが出来ませんので、その点に関しては注意が必要です。

19歳の未成年が作ることの出来るクレジットカードというのは、基本的にショッピング枠やキャッシング枠が少額のタイプが多くなっていますので、一時的に利用する場合には問題がないかもしれませんが、あまり使いすぎると返済が困難になりますので、その点に関しては注意しなければいけません。

まとめ:

いかがだったでしょうか?

19歳の未成年が借入をするというのは、普通の方法を利用していると借入をすることが出来ないということになりますので、特定の手順について知っていなければいけません。

しかし、特定の手順を知っていれば、その通りに行動をするだけとなっていますので、何も難しいことはありませんので安心して下さい。

ただし、基本的には親の承諾が必要となりますので、親に知られずに現金を借り入れたいという場合には不向きだということについても知っておいて下さい。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする