日本政策金融公庫の審査では他社借入についてどのような扱いになるのか

緊急でお金が必要!プロミスはあなたの強い味方! プロミス ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

個人事業主や法人の経営者など、今まで事業を行っていた人が事業の拡大をする際や、これから新しく事業を始めようとする人が事業をするための資金を借り入れるために、真っ先に考えるのが日本政策金融公庫から借り入れをするというものだと思われます。

日本政策金融公庫というのは、事業を行う人に対して低金利で貸し付けをしている団体となっていて、一般的な銀行や金融機関から借入をするよりも遥かに低金利で多額の融資を利用することが出来るためにオススメの方法となっています。

今回は、この日本政策金融公庫から借入をする場合の状況について紹介していきますが、日本政策金融公庫に申し込みをする際には必ず審査が行われることになりますが、その際には他社借入についてどのような扱いになるのかということです。

あまりにも他社借入が多すぎると日本政策金融公庫から借入をすることが出来ないのではないかと不安を感じる人も多いと思われますので、こちらでは日本政策金融公庫を利用する際の他社借入について詳しく紹介していきます。

日本政策金融公庫の審査では現在の状況について正直に申告する

日本政策金融公庫が貸し付けをしているのは、申し込み者の事業に対して貸付をするということになっていますので、基本的には一般的に利用されているビジネスローンと同じような仕組みになっていることが挙げられます。

そのため、設備資金や運営資金として利用する分の資金を借り入れることが出来るということになっていますが、一般的に提供されているビジネスローンと比較すると審査が厳格になっていることが挙げられます。

しかし、日本政策金融公庫が提供している融資というのは、新規にビジネスを始めようとしている人も対象となっていますので、銀行が提供している企業に向けての融資と比較すると審査の難易度に関しては易しくなっていることが特徴的です。

そのため、審査の難易度が低いからといって必要な情報を申告しなければ良いというように判断してしまう人が多くなっていますが、日本政策金融公庫へ申し込みをする場合は、一般的な金融機関が提供しているビジネスローンを利用するよりも詳細な情報を申告しなければいけないということを知っておいて下さい。

今までの貯金額や、個人の方の場合は他社借入の情報、そして今後の事業計画やどのように収益を上げていくのかというプランまで詳細に説明しなければならないことになりますので、審査の難易度に関しては易しくなっていることが挙げられますが、審査に至るまでの手続きに関しては難しくなっています

気をつけなければならないポイントとしては、現在の状況を正直に申告するということになっていますので、指定された書式で正確な情報を記載すれば良いということになりますが、ここで問題となるのが他社借入に関する問題となっています。

基本的に日本政策金融公庫で借入をすることが出来る融資に関しても、ローンと同じような扱いになるために、他社借入が多すぎる人の場合は借入をすることが出来ないケースがあります。

また、日本政策金融公庫が提供している融資というのは、非常に低金利で利用することが出来るために、現在利用しているローンを借り換えるために利用しようと考える人が非常に多くなっています。

そのため、クレジットカードやカードローンなどを利用している人の場合は借入をすることが出来ないケースもありますので、その点に関しては注意しなければいけません。

新規に事業を始める場合に他社借入があると審査で不利になる

日本政策金融公庫から借入をするということは、何かの事業を始めるということだと思われますが、新規に事業を始める際に他社借入がある状態だと審査で大きく不利になってしまいます。

基本的に個人から法人または個人事業主として事業を起こす場合は、今までに得ていた給料という報酬が無くなるということになりますので、既に他社借入をしていて借金があるという場合には、返済をする能力が一時的に失われてしまうということになります。

また、日本政策金融公庫から借入をする場合には、今までの貯蓄額などについても厳密に審査が行われることになりますので、基本的に貯蓄がゼロの状態だと審査に通過することが出来ません

これは、資本金がゼロの状態で新規に事業を始めようとする人に対して貸し付けをしても返済が出来なくなってしまう可能性が高いためだとされています。

また、日本政策金融公庫から借入をする場合には、事業に必要な資金の半額程度となっているケースが多いために、半分に関しては自己資金で用意しなければならないということになります。

そして、貯蓄があるのにも関わらず他社借入が残っているという状態になると、意味のない利息を払い続けている人間というように判断されてしまうことになりますので、信用度が大きく下がることに繋がるために、日本政策金融公庫の審査に通過することが難しくなってしまうということです。

他社借入がある状態で、日本政策金融公庫を利用するために必要なこととは

他社借入がある状態でも、日本政策金融公庫を利用したいという人は多いと思われます。

しかし、上記でも紹介したように他社借入がある状態だと日本政策金融公庫の審査に通過することが出来ない可能性が高くなってしまいますので、このような状態で日本政策金融公庫を利用したいという場合にはどうすれば良いのかということについて詳しく紹介していきます。

まずは基本的なことになりますが、他社借入を無くすということが前提となります。

日本政策金融公庫を利用したいということは、新たに事業を始めるということになると思われますが、新たに事業を始めるのならば、事業を始めるために貯めた現金があると思われますので、その現金を使って他社借入を全て返済します。

あくまでも一時的な返済ということになりますが、他社借入がある状態だと日本政策金融公庫に申し込みをしても審査に通過する可能性が低いということになりますので、少しでも可能性を高めるために、一時的にでも他社借入をゼロの状態にしたほうが良いでしょう。

最後にアドバイスとなりますが、日本政策金融公庫の審査に通過することが出来るのかどうかというのは、今までの実績や信用に関わる部分が非常に大きくなっています。

そのため、極端な話をすると信用があれば借入をすることが出来るということになりますので、信用を作るために記録として残らない現金を借りてでも他社借入を無くすことが重要です。

友人や知人、親兄弟から借りて他社借入をなくして、貯金がある状態で日本政策金融公庫の審査に臨むという状態がベストだということになりますが、資金繰りに余裕がある状態だと審査に通過しやすくなるのは間違いありませんので、この点に注意して利用するようにして下さい。

まとめ:

いかがだったでしょうか?

新たに事業を始める人にとって、日本政策金融公庫の審査というのは初めの難関ということになるケースが多いです。

日本で利用することが出来る融資の中で最も低いと言っても過言ではない貸付金利となっていますので、日本政策金融公庫の融資を利用することが出来れば事業を行うのも楽になります。

ただし、基本的に日本政策金融公庫を利用する場合には他社借入がある状態だと借入をすることが出来ない仕組みになっていますので、その点に関しては注意するようにして下さい。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする