他社借入があっても審査をクリアしやすくなる方法について

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

何らかの理由でお金が必要になったけれどすぐに捻出できないというケースは少なくありません。

そのような時には、カードローンが利用できます。

カードローンはお金を借りやすい方法だと思っている人も多いかもしれませんが、複数から借入をしている場合などは審査落ちになってしまう場合もあります。

今回は、審査落ちしてしまう理由や他社借入があっても利用できる可能性が高いカードローン、他社借入があっても審査をクリアしやすくなる方法について解説していきます。

カードローンの審査に落ちてしまう…その理由とは?

カードローン審査 落ちる 理由

はじめに、カードローンの審査に落ちてしまう理由にはどのようなものがあるのか説明していきます。

貸付の条件を満たしていない

貸付の条件 満たしていない

カードローンの貸し付け条件を満たしていなければ、利用はできません。

20歳以上69歳以下で安定した収入があれば問題ないケースが多いです。

しかし、借入の上限年齢はカードローンによって異なるため、あらかじめ確認しておく必要があります。

安定した収入というのは、毎月一定の給料を得ているという状態を意味します。

毎月の収入がバラバラな人や、働き始めてから1ヶ月~2ヶ月ほどしか経っていない人などは、安定した収入を得ていると認めてもらえない場合もあるので要注意です。

いくつかのカードローンに同じタイミングで申し込みをしている

カードローン 複数 申し込み

いくつかのカードローンに同じタイミングで申し込みをしている場合も、審査に通らない可能性が高まるので要注意です。

その理由は、審査を担当するスタッフが「他では借入ができないような理由があるのではないか」と不信感を覚えてしまうからです。

短期間にいくつもの消費者金融、カードローンなどに申し込んでしまうことで、審査に通りにくくなってしまうことを申し込みブラックと言います。

すでに他から借入をしている

他社借入 審査

他から年収の1/3以上の借入がある場合は、審査落ちしてしまいます。

これには、貸金業法の中にある総量規制が関係しており、総量規制は、借入可能なのは年収の1/3までだということを示したものです。

いくつもの会社から借入していると、返済ができない状態になっているとみなされてしまいまい、そのような状態だと返済してもらえる可能性も低くなるため、審査落ちしてしまうのです。

多重債務者になっている人は、借金の一本化するなどの対策を講じてから新たに借入を検討する必要があります。

信用情報に何らかの問題がある

ローン 個人情報 問題

カードローンを含む借り入れの際には、信用情報を確認され、信用情報に何らかの問題がある場合も審査落ちの原因になります。

クレジットカードを使ったり、カードローンを使ったりすると、それらの情報が信用情報に記録されるのです。

借入金額や支払い状況も記録されることから、延滞があったり、トラブルが起こったりした場合は、審査落ちの可能性が格段に高まります。

債務整理や延滞、強制解約、代位弁済があると信用情報には異動と記されます。

そうなってしまうと、審査を通過することがかなり難しくなってしまうので延滞や滞納などはしてはいけない行為です。

他社借入があっても借入可能なカードローンとは?

他社借入 カードローン

他社借入があったとしても、絶対に借入ができないというわけではありません。

続いては、他社借入があっても借入可能なカードローンについて解説していきます。

大手消費者金融は積極的な融資をしてくれる

大手消費者金融 融資可能

大手消費者金融は新規顧客を増やそうと考えているため、他社借入があっても積極的に融資を行う傾向があります。

また、銀行とは違って貸付業務の自主規制を行っていないという点も、他社借入があっても借入できる理由だと考えられます。

大手消費者金融であれば借入できる可能性が高いので、どうしてもお金が必要な時は利用を検討する人が多く見られます。

おまとめローンという方法も

おまとめローン

おまとめローンは、借入の総額が年収の1/3を超えていたとしても利用でき、金利も低くなっているので利用者にとってのメリットは大きいです。

利用者側が有利な借入の方法となるので、総量規制の対象外として認められています。

上限も定められていないため、カードローンの審査に落ちてしまう人でも融資を受けられる可能性が高まります。

いくつかの借入を一本化できるので、返済の負担を軽減できるというメリットも享受できます。

中小消費者金融は融通が利きやすい

中小消費者金融 融通 利きやすい

大手消費者金融と違って中小消費者金融は、審査を人の手で行っているケースが多いです。

そのため、他社借入があっても多少であれば融通を利かせてもらえる可能性が高くなっています。

ただし、大手消費者金融よりも金利を高く設定しているところが多いので、結果的な総支払額が増えてしまう点はデメリットだと言えます。

他社借入があっても審査をクリアできる?

他社借入 審査 クリア

他社借入があってもカードローンの審査に通る場合があります。

最後に、他社借入があってもカードローンの審査に通るためにはどうすればいいのか、その方法について解説していきます。

収入証明書を提出する

収入証明書 カードローン

カードローンの審査をする際に、収入証明書を提出すると信用度が格段に高まるので用意しておくのがおすすめです。

1社からの借入額が50万年以下、他社借入も合わせて100万円以下であれば、基本的に収入証明書は必要ありません。

必要ない書類ですが、あえて提出すると返済能力の有無を把握してもらいやすくなります。
そのため、審査に通過できる可能性が高くなるのです。

収入の金額によっては、限度額を引き上げてもらえるケースもあるため、提出した方が良い書類だと言えます。

前回の借入から1ヶ月以上期間をあける

前回借入 1ヶ月 あける

前回の借入から1ヶ月以上期間をあけることによって、申し込みブラックにならずに済みます。

申し込みブラックになってしまうと最大で6ヶ月間ローンを組めなくなってしまうため、借入をするなら1ヶ月以上期間をあけるように意識してみてください。

頻繁に借入していると、常にお金が足りない状態だとみなされてしまうことから、金融機関から敬遠されてしまうのが原因です。

申し込み時の借入件数は誤魔化さない

借入件数 虚偽申請

お金が必要だからと言って、申し込み時の借入件数を誤魔化してしまうのはよくありません。

ウソの借入件数を伝えても審査の中でバレてしまいます。

ウソの申告をしてしまうと、信用度が一気に下がってしまい、審査通過も難しい状況になってしまうので注意しなければいけません。

借入額は少なめにする

借入金額 少ない

借入額が大きいと「計画性がない」とみなされてしまう可能性があります。

そうなってしまうと、将来的に返済できなくなるリスクがあるという理由から審査落ちしてしまうのです。

それに対して借入額が少ない人は、完済できる可能性が高いので審査に通りやすくなります。

収入と借入金額のバランスをチェックした時にも、借り過ぎているという印象を与えにくくなります。

奨学金を滞納しないようにする

奨学金 返済 滞納しない

日本学生支援機構に登録している貸金業者から借りている奨学金は、他社借入には含まれません。

しかし、長い間滞納している場合は個人の信用情報に記録されてしまい、信用情報に記録されるということは、審査にも良くない影響を及ぼしてしまいます。

そのため、奨学金を借りた経験がある人は、あたり前のことですがしっかりと返済しなければいけません。

奨学金の滞納が原因となって、カードローンの審査に通らないという結果になりかねないからです。

カードローンは審査に通過しなければ利用できません。

しかし他社借入が多いと新たな借入ができなくなってしまう可能性が高まるので注意が必要です。

どうしてもお金が必要な場合は、他社借入があっても借入可能なカードローンの利用を検討したり、他社借入があってもカードローンの審査に通るため方法を実践したりしてみてください。

ただし、借入件数が増えれば増えるほど支払いの負担も増えてしまうので、お金の使い方を見直すことも重要です。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする