カードローンの申し込みでは何を聞かれるの?

他社借入件数が多い方、急ぎでお金が必要な方は、まずはアイフル! ⇒お試し診断もあるので、諦めずにまずはやってみよう! 詳細はこちらから!

人生において、お金が足りなくなり困ってしまった…という経験はありませんか。

どうすることもできなくなった場合親や友人、親戚など、様々な人に助けが求められればお金を借りることはできます。

消費者金融 借入

しかし、「信頼できる知り合いがいない」「人に迷惑をかけたくない」「心配されたくない」という理由で銀行や消費者金融から借り入れを検討する人もいます。

初めてのカードローンであれば不安なことも多く、何を聞かれるのか、審査の基準とはなにか…不安な要素ばかりが頭をよぎってしまいます。

今回は、カードローンの借入時に聞かれる内容についてご紹介していきますので、カードローンに不安を抱えている人は参考にしてください。

申し込み時に聞かれる内容について

目的 聞かれる

必要書類などを記入すれば申し込めると考えている人もいますが、カードローンはスタッフと話しをしながら審査や契約が進められます。

窓口や電話など、方法は様々ですが聞かれる内容については以下のようになっています。

個人情報

キャッシング 個人情報

個人情報なので、あまり話したくないと感じる人もいますが、お金を貸す・借りることなので個人情報を把握することは大切なことです。

一般的に聞かれる個人情報
・氏名
・住所
・生年月日
・電話番号
・メールアドレス、など

その際、内容が正しいか判断するために、運転免許証や健康保険証など身分証明が必要となる場合もあるので必ず用意しておきましょう。

勤務先

勤務先

安定した収入があれば信用があると判断されます。

一般的に勤務先について聞かれること
・勤務先の名称
・勤務先の住所
・勤務先の電話番号
・入社年月日
・勤務形態(正社員やアルバイトなど)
・社員の数
・事業内容
・職種
・健康保険証の種類、など

公務員や正社員は、審査で有利になると考えられていますが、アルバイトでも安定的な収入があれば悪影響を及ぼすことはありません。

勤続年数が長いことも有利な条件で、離職するリスクが低いと判断され返済能力があると判断されるからです。

勤続年数が分かる資料などがあれば念の為に用意しておきましょう。

住まい

家族構成

自分の住まいに関しては関係ないと感じますが、種類や住宅ローンの有無が重要なポイントとなります。

・住まいの種類
・入居年月日
・住宅ローンについて

上記のようなことを聞かれ、賃貸物件であると毎月支払う家賃があるため返済が難しくなる可能性があると判断されることもあります。

高い家賃に住んでいると審査が厳しくなるので注意が必要です。

持ち家は返済能力があると判断されますが、住宅ローンが多く残っている場合にはマイナスな印象となるので気を付けてください。

ただし、居住年数が長く住宅ローンを長い間支払ってきた事実があれば、生活が安定していると判断されるので有利となります。

家族構成

家族構成

家族構成では、独身か既婚者かなどの他に、子どもがいれば子どもの人数などを質問されます。

収入

収入

収入はどの程度のお金を貸すことができるのか判断するために重要な要素となるので、以下のような内容が聞かれることがありますが正確に答えてください。

・月収
・ボーナス額を含めた年収
・給料日

また、借りる金額が50万円以上の場合は、収入が本当なのか確かめるために給与支払明細書や源泉徴収票などの提出を求められるので、あらかじめ用意しておきましょう。

借り入れ状況

借入状況

他社から借り入れを行っているのかは要なポイントのひとつでしょう。

すでにいくつかの会社から融資を受けている場合は、毎月の返済があるので新しく融資をすることはリスクを伴います。

余裕を持って無理なく返済してもらうためにも、借り入れ状況を把握することは大切なので、嘘のないように答えてください。

利用する目的は聞かれる?

利用 目的

上記のように様々なことを聞かれますが、利用する目的については聞かれないと考えている人は多いです。

しかし、ローン会社によっては目的を聞かれることもあります。

目的を聞く理由
・返済能力がある人物なのか見極めるため。
・借り入れ目的に事件性がないか判断するため。など

詐欺にあっていることが分からずに、ローンの申し込みをする人もなかにはいるので、事件を未然に防ぐためにも理由を聞くことがあります。

返済能力があるのか判断するためにも理由が質問されますが、その答えによっては審査がNGとなってしまうこともあるので気を付けてください。

印象の良い利用目的
・壊れた家電製品があり買い替えたい。
・海外旅行に行くための費用を賄いたい。
・資格を取得するための費用に充てたい。

などの、一時的にお金が不足していることが分かる内容。

印象が悪くなる目的
・転職をするため新しい仕事が見つかるまでの生活費用に充てたいから。
・病気になり働くことができないから。
・親の介護で働けなくなったから。など

「働けなくなる」ということから、収入がなくなるため返済能力がないと判断されるケースもあります。

また、以下のような目的の場合は信用できないと判断されるため審査に通らない可能性が高いです。

・投資のための使いたい。
・宝くじや競馬の費用に充てたい。
・他社のローン返済のために。
・事業をスタートさせるための資金にする。

質問への答え方に注意しよう!

答える

上記のような質問がされますが、緊張してしまう人もなかにはいます。

答え方によっては、不信感を与えてしまうので以下の点に注意して質問に答えるようにしましょう。

シンプルに答える

目的 聞かれる

質問は、できるだけシンプルに答えましょう。

勤務先の名称を聞かれただけなのに、全く関係のないことまで話せば、「隠していることでもあるのか?」などと勘違いされる可能性があります。

住所を聞かれた際に持ち家か賃貸か、住宅ローンの状況など、聞かれてもいないことを話すことも避けてください。

住所を聞かれた際には住所だけを答え、勤務先の名称を聞かれた時には名称だけを答えるなど、聞かれたことだけに答えるようにしましょう。

嘘を言わない

嘘 言わない

嘘を言わないことは最も重要なことです。

氏名や住所に関しては、身分証明書を提示した時に知られてしまいますし、勤務先については、在籍確認の際にバレてしまいます。

他社からの借り入れに関しても、信用情報機関に問い合わせを行えばすぐに分かることなので真実を答えるようにしましょう。

嘘を言った場合、信用できない人物だと判断されてしまいます。

お金を借りたいがために、どうしても嘘をつきたい時もありますが審査に悪影響を及ぼす可能性もあるので、正直に答えた方が後悔しない結果となるはずです。

落ち着く

落ち着く 答える

初めてのカードローンであれば緊張してしまいます。

質問されて不安になり、慌ててしまう人もなかにはいるでしょうが、落ち着くことが大切です。

緊張しすぎて質問が聞き取れないと相手に迷惑をかけてしまいますし、間違って答えてしまった場合には、嘘だと認識されてしまうこともあるので信用度にも影響を与えてしまいます。

間違った判断をされないためにも、落ち着いて申し込みを行いましょう。

カードローンの契約には審査が必要です。

審査の時に、間違ったことや嘘を言ってしまえば一気に信用がなくなってしまいます。

返済能力のある人物だと感じてもらうためにも、好印象となるように落ち着いて質問には答えていきましょう。

審査に通るためには、自分自身の情報について聞かれた時に、正しい内容を伝えることが何よりも肝心です。

その際には、上記を参考にしてカードローンの契約を行ってください。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 低金利かつ土日祝日も!どうしても借りたい!
詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする