消費者金融系の金融商品一覧表!特徴は即日融資!

 銀行系の金融商品一覧表

 クレジットカード・信販会社系の金融商品一覧表


消費者金融会社金融商品一覧表

《ア行》

アコム株式会社 アイフル
アルコシステム 学生ローンのイー・キャンパス
学生ローンのアミーゴ オリックスVIPローンカード

《カ行》

キャンパスの学生ローン ご融資ドットコム

《サ行》

サンクス

《タ行》

 中央リテール

《ナ行》

ノーローン(シンキ) ノーローンビジネス「オーナーズセレクトカード」
ネットローン(フレックス自動車販売株式会社)  ニチデン

《ハ行》

フタバ フタバ(レディースフタバ)
プロミス ビジネクスト

《マ行》

モビット

《ヤ行》

ユニバーサルコーポレーションの不動産担保ローン

《ラ・ワ行》

レイク

[掲載終了]
《ア行》
アイクスーパー300/
アイクのテンフリーキャッシング/
アイク目的別ローン50/
アークのフリーローン50/
アークのキャンパスローン/
アスコット/アットローン/アルコ/
インター/
エキサイトローン/
SBIイコール・クレジット/オリエントイーローン(結婚、教育、出産、旅行ローン)

《カ行》
かりれ~るどっとこむ(平野商事)/
クオークローン/
クレディア/
クレディア(オリーブ)/

《サ行》
サンライフ/GEmoney/GMOネットカード/
シティズ/
ショコラ(アルコ)/
スタッフィーの特急キャッシング/

《タ行》
タカチホ(高千穂商事)/武富士/ディック/トーシンファイナンス/トーニチファイナンスのキャンパスローン/トーニチファイナンスのレディースローン/トライト

《ナ行》
キャッシングナカノ/ナショナルクレジットローン(松下電器)/ナショナルクレジットローン/ニッシン/NISグループのスマートトラスト/NISグループファーストプラン/ネットワンクラブ

《ハ行》
ビューファイナンス/ビタミン倶楽部(クオークローン)/プライム/プリーバ/ベティーローン/ベティーローンのフリーローン/ベティーローンの結婚ローン/ベティーローンの出産ローン/ベティーローンの教育ローン/ベティーローンの旅行ローン/ほのぼのレイクの瞬時50/本田ちよ/本田ちよのネットローン/本田ちよのデリバリー500/本田ちよのビジネスサクセスローン/本田ちよのキャンパスローン/本田ちよのレディースローン

《マ行》
ミキクレジット/
メールローン/

《ヤ行》
ユアーズ(アイラブユアーズ)/ユアーズ(ガクセイキャッシュ)/ユアーズ(ユーレディース)/ユニティーのぷちキャッシング100/ユニ・ティーのすいんぐ500/ユニバーサルコーポレーションの振込みローン/ユニバーサルコーポレーションのビジネスローン/ユニバーサルコーポレーションのおまとめローン/ユニマットレディースのテンフリーキャッシング/ユニマットレディースのスーパー300/ユニマットレディースの目的別ローン50

《ラ行》
ライオンズクレジット/
ライブドアクレジット/
楽天MONEYカード/
リアラ/
リニューアルローン/
Ladys Bank(フタバ)/フリコムドットネット(平野商事株式会社)

《ワ行》
ワールド

※闇金融/プライムファイナンス

大手消費者金融一覧でおすすめカードローン3社の特徴的なメリット

近年、数多くの消費者金融がカードローンを販売しています。
当サイトでは消費者金融一覧で各金融業者をご紹介しています。
ぜひご自分に最適な業者を消費者金融一覧を参考にお選びください。

当サイトでご首魁している消費者金融一覧の中でも代表ともいえるのが「アコム」、「プロミス」、「アイフル」の3社です。
現在ではアコムは東京三菱UFJフィナンシャルグループ、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は三井住友フィナンシャルグループに属していますが、アイフルは未だに独立系企業として事業を展開しています。
サービスの内容は3社で異なる面がありますが、貸出金利に関しては各社とも貸金業法における上限金利で設定しているため、大した違いはありません。
各社のサービスや金利は消費者金融一覧で比較してご紹介しています。

アコム

消費者金融一覧の各業者の中でもトップクラスに位置しているのがアコムです。
アコムだけが持つ唯一の特徴はキャッシングだけではなく、ショッピングにも兼用できる「ACマスターカード」というカードを発行していることです。

消費者金融のカードをレジで店員に提示するのは気が引けますが、ACマスターカードは提携している国際ブランドの「マスターカード」と同じデザインになっており、アコムの名前は裏面に小さく書いてあるだけなので、アコムのカードとは誰にも分かりません。

また、スペックに関しても三菱UFJフィナンシャルグループを親会社に持っているため、他のクレジットカードと比べても遜色がありません。
さらに、通常クレジットカードは自宅に郵送されてくるのに1~2週間は掛かりますが、アコムの場合は自動契約機の「むじんくん」から申し込めば、その場でカードが受け取れます。
そして、カードの利用状況をネット上で確認する手続きを取れば取引明細書が自宅に送られないため、家族に内緒で利用することもできます。

ところで、消費者金融のカードローンでは契約を申し込んだその日に借入のできる即日融資が消費者金融一覧にある業者でも常識となっていますが、利用者の保有する銀行口座に借入金を振り込んでもらう場合は銀行の営業時間である15時までに契約手続きを終えていないと振込が翌日にずれ込みます。

しかし、アコムでは振込先が楽天銀行の口座であると24時間いつでも即時に入金してもらえるため、15時という時間的制約を受けません。
また、アコムは振込先一覧の中から三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行の3行を振込先に指定すると、初回契約時に限り、即日振込の受付を18時まで延長してもらえます。

返済においても、インターネット振込システムである「ペイジー」を利用できるため、端末さえあれば自宅や出先からインターネットを通じて24時間いつでも保有する銀行口座から借入金を振込返済することができます。
手数料も掛かりません。

プロミス

一方消費者金融一覧で、アコムと双璧をなすのがプロミスです。
現在は社名が「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」に変わっています。
プロミスもアコム同様自動契約機を設置していますが、プロミスの場合は親会社である三井住友銀行カードローンの自動契約機を利用できます。
消費者金融の自動契約機は個室に置かれているため、周りからは見られないようになっていますが、やはり、入退室時に知人に見られないかと気後れしがちです。
その点、三井住友銀行の自動契約機なら誰に見られても消費者金融からの借金とは思われません。

プロミスの最大のメリットは「ポイントサービス」です。
プロミスではインターネットサービスを利用するごとにポイントが貯まるようになっており、貯まったポイントはATM手数料の1ヶ月間無料サービス、または7日間・15日間・30日間の無利息期間の各サービスに交換できます。ポイントの付与されるカードローンは他にもありますが、自社のカードローンのサービスに利用できるのは消費者金融一覧の中でもプロミスだけの独自のサービスになっています。

そして、プロミスのセールスポイントが「瞬フリ」です。
借入金の振込先がグループの三井住友銀行かジャパンネット銀行であると、休日や夜中に関わらず、借入の申込後瞬時に借入金を口座に振り込んでもらえます。
従って、初めて契約を申し込む時でも振込先一覧の中から上記2行であれば、審査の締切時間である21時頃までに申し込めばその日に借入金が入金されます。

アイフル

最後に、消費者金融一覧で人気なのがアイフルです。
アイフルの特徴は自動契約コーナーにあります。
一般的に、自動契約というのは機械のタッチパネルを使用して審査に必要な項目を入力するようになっています。

ところが、アイフルの自動契約コーナー「てまいらず」は他社の自動契約機コーナーと同じように無人になっていますが、そこにあるのは自動契約機ではなく電話が置いてあり、オペレーターに直接話をしながら申し込むようになっています。
オペレーターの案内を受けながら手続きを進めていけるため、機械に不慣れな人でも安心できます。手続きの流れは他社の自動契約と変わらず、その場でカードが受け取れます。

そして、もう一つのアイフル独自のサービスが「配達時間えらべーる」です。
カードローンの契約処理をインターネットで完了させると後日、カードが簡易書留などで郵送されてきますが、アイフルでは郵送ではなく、宅配業者による受取人・時間指定の配達にできるようになっています。
仕事の帰りが遅い人や、家族に消費者金融の利用を知られたくない人にとっては便利なサービスです。
当サイトでは消費者金融一覧でわかりやすく各おすすめ業者をご紹介していますので、ぜひご参考にされまして、ご活用いただければ幸いです。
今後も消費者金融一覧のリストを随時更新して最新情報をお届けいたします。

【消費者金融系カードローンの特徴について】

消費者金融系のカードローンというのは、利用する人の割合が最も高いジャンルのカードローンとなっています。

申し込みをしてから即日に利用することが出来るというのも魅力の一つですが、営業時間に関しても朝早くから夜遅くまで営業をしているということもあり、無人契約機やインターネットからの申し込みなど、申し込み方法についても充実しているために、いざという時に頼りになるカードローンです。

消費者金融系のカードローンは、銀行系カードローンや信販系カードローンに比べるとメリットも多いですが、その代わりにデメリットも多くなっているのが特徴的です。

簡単に利用することが出来る消費者金融系のカードローンだからこそ、キチンとした知識を持って対策を講じる必要があるということを知っておいて下さい。

こちらでは、消費者金融系カードローンがどのような特徴を持っているのかということについて詳しく紹介していきます。

 【審査が早く、原則として即日に利用することが出来る】

消費者金融系のカードローンというのは、審査に掛かる時間が非常に早くなっていて、原則として申し込みをした即日に利用を開始することが可能です。

申し込みから利用開始までに、どれくらいの時間が掛かるのかということについては、利用する消費者金融や申し込み者のステータスなどによっても大きく変動することになりますが、早ければ申し込みをしてから30分程度で利用を開始することが出来て、遅くても2~3時間もあれば利用を開始出来るので、急に現金が必要になった場合でも安心して利用することが出来ます。

注意しなければならないポイントとしては、即日に利用することが可能な消費者金融というのは、基本的に大手の消費者金融に限られていますので、テレビCMや雑誌などでも宣伝されていて、誰でも知っているような消費者金融については即日の利用が可能ですが、消費者金融というのは日本に100社以上存在していると言われていますので、中小の消費者金融の場合は、申し込みをしてから利用開始までに数日ほどの時間がかかってしまうことも珍しくありません。

消費者金融系のカードローンを即日で利用するために必要なのは、本人確認書類のみとなっていて、基本的には運転免許証が使用されるケースが多くなっていますが、運転免許証の他にも、健康保険証やパスポート、マイナンバーカードなど日常的に身分証明書として持ち歩いているものなら、何でも使用することが出来るために、いつでも申し込みができるということになります。

また、近年ではスマートフォンの所持率が高くなっているとされていて、消費者金融を利用する可能性が高い20代~40代の方の所持率は100%に近いということもあり、スマートフォンから申し込みをすることも可能になっています。

その場合には、カードローンを利用する際に使用するローンカードを受け取ることが出来ないということになりますが、無人契約機で受け取ったり、窓口や郵送で受け取ったりすることもなく、インターネットバンキングによって指定した金融機関の口座に入金してもらうことによって借り入れをすることも可能です。

そのため、外出中に現金が急に必要になった場合でも、その場で消費者金融系カードローンに申し込みをして借り入れをすることによって、その場を凌ぐことが出来るということに繋がります。

 【提携ATMも多く、日本全国のどこでも利用できる】

消費者金融系カードローンを利用する際のメリットの一つに、「全国のどこでも利用することが出来る」ということが挙げられます。

大手の消費者金融系カードローンでは、銀行系カードローンとは比べ物にならないほどに提携ATMが多くなっていて、基本的にコンビニATMならどこでも利用することが出来ます。

そのため、都心部ではもちろんのこと、地方に出張や旅行などをしている際に現金が足りなくなった場合でも、コンビニがある場所ならすぐに利用することが出来るということになります。

日本のコンビニというのは、極端な地方を除いて原則として24時間営業となっているために、夜中に現金が必要になって、銀行が営業していないという場合でも、すぐに現金を用意することが出来るというのは、大きなメリットではないでしょうか。

また、消費者金融系カードローンでは、返済の方法としてローンカードを使って提携ATMから返済をするという方法が最もポピュラーな手段となっていますが、提携ATMがどこでも利用することが出来ることによって、返済の手間についても楽になるということが挙げられます。

ローンカードを使って提携ATMから返済をする方法以外の返済方法に関しては、申し込み者の指定する金融機関の口座から返済日に自動引き落としすることによって返済をするという方法もありますので、自分の状況に合わせて好きな手段を選択するといいでしょう。

そして、返済日に関しても、銀行系カードローンや信販系カードローンの場合は銀行や信販会社が指定しているケースも多いですが、消費者金融系カードローンの場合は、申し込み者が好きな返済日を選ぶことが出来る仕組みになっているケースが多いために、給与支給日が一定ではない場合でも安心して利用することが出来ます。

 【貸付金利が高く、利用限度額が低いケースが多い】

こちらでは、消費者金融系カードローンを利用した場合のデメリットについて紹介していきます。

消費者金融系カードローンを利用する際のデメリットについては、銀行系カードローンや信販系カードローンに比べると、貸付金利が高くなっているために完済までの時間が長くなると、多くの利息を支払わなければならないということになります。

これは、借りている金額や完済に至るまでの期間によっても大きく変動しますが、カードローンというのは、基本的に複利での計算となっているために、実際の利息よりも高額になってしまうケースが多いです。

例えば、100万円の借り入れをしている状態で完済までに3年間だった場合に、実質年率が18.0%の場合だと、利息だけで301,486円発生することになります。

そして、実質年率が14%だった場合は、230,395円となり、わずか4%の違いですが、利息だけで7万円近くも異なるということになるために、年間2万円以上も利息が多くなってしまうということに繋がります。

消費者金融系カードローンでは、基本的に利息制限法の上限に設定されているケースが多く、利用限度額に関しても、1社あたりの金額は100万円までに抑えられていることが多いです。

これは、100万円を超えると利息制限法によって年率15%までと定められているために、18%の利息を設定することが出来る100万円までの貸し付けにしているということです。

年収が1,000万円も2,000万円もあるというような状況の場合は100万円を超えて利用限度額が設定されるケースも多いですが、日本人の平均年収は300万円~350万円とされていて、年収が1,000万円を超えている人の割合についてもわずか4%程度となっています。

そのため、それほど気にする必要もないということになりますが、もう1点注意しなければならないポイントとしては、利用限度額の金額です。

消費者金融系カードローンというのは、総量規制の対象となっているローンなので、年収の3分の1を超えて貸し付けをすることが出来ないとされています。

そのため、消費者金融系カードローンで、利用限度額の上限が300万円~500万円に設定されている場合でも、年収が最低でも900万円~1,500万円必要ということになるために、多くの方は上限金額の利用限度額が設定されていないということになります。

これらのことから、消費者金融系カードローンというのは、銀行系カードローンや信販系カードローンに比べると利用限度額が低くなっていて、ある程度までの金額しか利用することが出来ないということです。

このように、消費者金融系カードローンには、様々なデメリットが存在していますので、メリットも非常に多くなっていますが、デメリット部分もキチンと理解した上で利用するようにして下さい。

 【様々な特典やキャンペーンを享受できるケースが多い】

消費者金融系のカードローンというのは、銀行系カードローンや信販系カードローンと比べても、消費者金融が展開している特典やキャンペーンが多くなっていることが特徴的です。

よくあるキャンペーンとしては、無利息期間というものを付与してくれるケースになっていて、契約をした日から30日間は利息が発生しないという内容になっています。

実質年率が18.0%の状態で、30万円の借り入れを30日間した場合に発生する利息は、おおよそ4,500円程度となっていますが、この利息が無料になるということです。

4,500円というと少額に感じるかもしれませんが、100万円の利用だった場合は、利息だけで15,000円程度となっていますので、30日間の無利息期間というのは、バカにすることが出来ない特典でもあります。

消費者金融によっては、契約をした日から利用することが出来る特典だけではなく、消費者金融が提供しているポイントサービスを利用して、ポイントを貯めることによって、ポイントを消費することで無利息期間が適用されるというものもありますので、特典やキャンペーンを狙って、上手く活用することによって、利息を払わずにカードローンを利用することも難しいことではありません。

そして、その他に行われているキャンペーンとしては、紹介キャンペーンというものがあります。

こちらは、現在利用している消費者金融のカードローンに友人や知人を紹介することによって、紹介者に特典が付与されるという仕組みになっていて、付与される特典については、クオカードや商品が多くなっていますが、中小の消費者金融が展開しているカードローン等の場合は、現金のプレゼントがもらえるというケースもあります。

中には何十人という友人や知人を紹介することによって、何十万円も特典をもらうということも可能になっていますので、消費者金融を利用するような友人や知人を見つけた場合には、自分の利用している消費者金融を紹介するというのもオススメの方法となっています。

 【審査の際に在籍確認をパスできるケースもある】

カードローンを利用する際には必ず審査が行われることになりますが、審査の内容については、どのキャッシング会社でも非公開となっているために、内容については知ることが出来ない仕組みになっています。

ただし、審査の内容ではなく、審査の流れについては、どのようなカードローンを利用する場合でも、おおよそ似通っていることが挙げられます。

こちらで紹介するのは、カードローンの審査の際に必ず行われるとされている在籍確認について紹介していきます。

在籍確認というのは、申し込み書類に記入された住所および勤務先に、本当に在籍しているのかということを確認するための審査となっていて、この際の審査方法としては「電話で確認される」ということになります。

しかし、申し込み者に関してもプライバシーというものがあり、職場に消費者金融の名前で申し込み者の在籍を確認すると、職場での評判に関わるということも挙げられますので、基本的には個人名で電話を掛けることになります。

勤務先には個人名で電話が掛けられるために、申し込み者が消費者金融を利用しているとは分からないということが挙げられますが、職場の中には外部からの電話が掛かってこないような職場も多いために、そのような職場の場合は、個人名で電話をしても消費者金融の審査だというようにバレてしまいます。

そのため、カードローンの審査で行われる在籍確認をパスしたいという方も多いと思われますが、銀行系カードローンや信販系カードローンの場合は、在籍確認をパスすることが出来るカードローンが少なくなっています。

しかし、消費者金融系のカードローンの場合は、在籍確認をパスすることが出来るカードローンも多くなっていて、その場合には社員証や社会保険証などの提出が求められることも多いですが、キチンとした書類を用意することによって在籍確認をパスすることも可能になっています。

注意点としては、在籍確認をパスしたり、所得証明書類を提出しなかったりする場合は利用限度額が低くなってしまう恐れもありますので、その辺りのリスクを考えた上で利用をするようにして下さい。

また、在籍確認をパスすることによって、提出しなければならない書類の種類も多くなってしまう傾向にありますので、早急にカードローンを利用したい場合には、どのような書類の提出が求められるのかということについて、キチンと調べておくと良いでしょう。