銀行系金融商品一覧表

 消費者金融の金融商品一覧表

 クレジットカード・信販会社系・信用金庫・信用組合・労働金庫の金融商品一覧表


銀行系の金融商品一覧表

《ア行》

《カ行》

《サ行》

《タ行》

《ナ行》

《ハ行》

《マ行》

《ヤ行》

《ラ行》

《ワ行》

[掲載終了]

《ア行》

《カ行》

《サ行》

《タ行》

《ナ行》

《ハ行》

《マ行》

《ヤ行》

《ラ行》

《ワ行》

【銀行系カードローンの特徴について】

銀行系カードローンというのは、文字通り「銀行が運営しているカードローン」となっています。

厳密に言えば、アコムやプロミスなども大手の銀行が親会社となっていて、子会社が運営しているカードローンとなっているために、銀行系のカードローンということが出来なくもありませんが、一般的には、「銀行が直接運営しているカードローン」のことを指しているために、銀行系カードローンとは異なるとみなされています。

そしてこちらでは、そんな銀行系カードローンが、どのようなカードローンなのかということについて、詳しく紹介していきます。

銀行系カードローンは利用するのが難しいと言われていますが、他のカードローンと比べても利点が多くなっていることが特徴的です。

【カードローンの中では貸付金利が最も低い】

銀行系カードローンの特徴として真っ先に挙げられるのは、他のカードローンに比べると圧倒的に貸付金利が低いということです。

一般的にカードローンを利用する際には下限金利ではなく上限金利を基準にして契約されるケースが多いです。

上限金利や下限金利の説明については、例えば、貸付金利が4.0%~18.0%となっているカードローン商品があった場合に、4.0%が下限金利(その商品の最低貸付金利)となっていて、18.0%が上限金利(その商品の最高貸付金利)となります。

カードローンのCMや宣伝などを見ていて、利息計算などで「最低○○円の返済でOK」というような告知を目にすることが多いですが、この計算というのは下限金利を参考にしているために、実際に利用する際には、それ以上の利息を支払わなければならないケースが多いです。

そのため、実際にカードローンを利用する場合には、上限金利を基準に比較をする方が良いとされていますが、銀行系カードローンというのは、上限金利についても消費者金融系や信販系と比べても低くなっているために、利用者のメリットが高いということに繋がります。

肝心の銀行系カードローンの貸付金利についてですが、こちらは提供しているカードローン商品によって大きく変動する傾向にありますので、明確な数字を紹介することが出来ません。

しかし、消費者金融系と比べると、おおよそ3%~5%、信販系と比べても1~2%ほど金利が安くなっていることが挙げられますので、貸付金利だけを比較すると銀行系カードローンが最も優れているということになります。

 【利用開始までに時間が掛かるケースが多い】

カードローンを利用しなければならないという状況は、「今すぐに現金が必要」というケースが非常に多いです。

前もって、「あと何日にいくらの現金が必要」という場合には、他の手段を考える人が多くなっていますが、カードローンを利用する状況というのは、切羽詰まっている状況が多いために、出来る限り早く利用したい人が多いでしょう。

消費者金融系カードローンを利用する場合は、原則として申し込みをした即日に利用を開始することが出来るケースが多くなっていますが、銀行系カードローンの場合は、即日に利用することの出来るケースが少なくなっています。

また、条件を満たしている場合は即日に利用することが出来るケースも多いですが、その際の条件というのが、「必要書類を前もって準備している」ということや「既に銀行口座を開設している」というような条件が設けられているケースも多いために、スピード性で比較すると、銀行系カードローンは消費者金融系のカードローンに劣るということが挙げられます。

もちろん、銀行系のカードローンの場合でも、即日に利用することが出来るケースも存在していますが、銀行系カードローンの全体から比較すると申し込みから利用開始までに数日~1週間程度の時間がかかってしまうことになります。

銀行系カードローンを利用する場合には、突発的に利用をするのではなく、すぐに利用するためには何が必要なのかということを前もって調べて、そのための準備をしてから申し込みをするようにしたほうが良いでしょう。

実際にカードローンの契約をするかどうかということについては置いといて、何かが起こってすぐに現金が必要になってしまう状況というのは、どのような人にも存在していることになりますので、そのための準備を怠らないことが重要です。

【銀行だから借りられる金額が多い】

銀行系カードローンを利用する際のメリットとして挙げられるのが、「 個人に対して法律によって制限されている貸付金額の上限以上の借り入れができる」ということです。

これは、簡単に言えば「年収の3分の1以上を貸してはいけない」という制約を会社側に課す法律となっていて、利用者の信用や実績に関わらず、年収の3分の1以上の借り入れをすることが出来ないという法律になっています。

そのため、例えば年収が600万円の人が対象となっているカードローンを利用する場合には200万円までの借り入れしか出来ないということになります。

テレビCMなどで頻繁に流されている宣伝では、「最大利用額300万円~500万円」というような内容を見かけることも多いですが、これが消費者金融系のカードローンだった場合は、年収が最低でも900万円~1,500万円ほど必要ということになりますので、一般人には難しいということが良く分かります。

しかし、銀行系のカードローンの場合は、年収の3分の1を超えても貸付をすることが出来るために、利用者の視点から見てもメリットが大きいということになります。

もちろん、多額の借金をしてしまうと返済に苦しめられることになりますので、そのあたりに関しては各銀行のさじ加減一つということになりますが、消費者金融系と比べても実績と信用があれば利用限度額が高くなるということが特徴的です。

また、年収の3分の1を超えても借り入れが可能となっているために、借金の1本化などで利用することも可能になっていて、貸付金利が低いことからも、銀行系カードローンを利用するメリットは多いです。

【銀行系カードローンを利用するために必要なものとは】

銀行系のカードローンを利用する際に必要なものというのは、消費者金融系のカードローンに申し込みをする際に必要なものと変わりませんが、銀行系カードローンの特徴として、その銀行の口座を開設する必要がある場合もあります。

これは、その銀行で開設されている口座を介して自動引き落としで返済をするなどの手続きがあるためとなっていて、口座を開設していない場合はカードローンの申し込みをした際に、同時に口座開設の手続きをするケースが多いです。

銀行系のカードローンで申し込みから利用開始までに時間がかかってしまう理由の大半が口座開設に掛かる時間となっているために、予め口座を開設しておくことによって余計な時間を削減することが出来ます。

銀行系カードローンに申し込みをする際に用意しなければならない書類や使用することが出来る書類については銀行によって大きく異なるために、確実なことを紹介することが出来ませんが、必ず提出が求められる書類については、本人確認書類となっています。

本人確認書類として確実に使用することが出来るのは、運転免許証やパスポートなどの顔写真が掲載されている書類となっていて、各種保険証の提出が可能な銀行も多いですが、中には本人確認書類として認められないケースもありますので注意して下さい。

本人確認書類の他に提出が求められる可能性もある書類としては、所得証明書類となっていて、こちらについては、源泉徴収票や確定申告書などの提出が求められるケースが多いですが、銀行によっては直近2~3ヶ月分の給与明細書でも可能というケースがありますので、銀行系カードローンを利用する前に、どのような書類が必要なのかということをチェックするようにして下さい。

また、銀行系カードローンを利用する際に用意しなければならないものに関しては、個人として申し込みをするのか、事業主として申し込みをするのかという状況で用意しなければならないものが異なるケースもありますので、この点についても注意が必要です。

【消費者金融系では使えない、銀行系カードローンだからこそ使える裏ワザ】

消費者金融系というのは、上記でも紹介したように年収の3分の1以上は借り入れできないために、年収の額が利用限度額の算定や審査の基準として用いられるケースが多いです。

そして、銀行系に関しても同じようなカードローンとなっているために、もちろん年収の額というのは審査の対象となっているのですが、銀行系カードローンというのは上記でも紹介したように審査が厳しめとなっているために、年収以外にも様々な要素で判断されることになります。

例えば、職業や住居などで判断されることになりますが、その他にも結婚や子どもの有無、そして勤務歴なども審査の対象となります。

その他にも、銀行ならではの審査基準として、「口座情報」というものが挙げられます。

銀行口座というのは、日常的に使用している限りでは家賃や光熱費、クレジットカード支払いの引き落としや、給料の振り込みなどでしか使用していない人も多いですが、使用している人の人間性を的確に示すアイテムとなっています。

例えば、ここにAさんとBさんの2人がいるとして、Aさんは給料の振込があった日に全額引き出してしまい、自動引き落としに関しても延滞しがちというような口座情報となっていて、Bさんの場合は自動引き落としで引き落とされるであろう金額と、貯蓄分の金額を残して引き出すというようなスタイルだったとします。

この2人を審査した場合に、圧倒的に信用度が高いのはBさんとなっていて、お金の扱いに対して計画的に利用しているということから、実績があるとみなされるためです。

銀行系カードローンでは、特に社会的な信用と、実績によって利用限度額の金額や審査の判断が決まりますので、実績を積み重ねることによって、本来なら利用できなかった状況でも利用することが出来るようにすることも可能です。

注意点としては、このような手段を取る場合には、前もって準備をしておかなければならないということになりますので、突発的にカードローンを利用しなければならない状況になってしまったというケースでは使えないということになります。

しかし、前もって準備をしておくことによって、いざという時に役立つということを知っておいて下さい。

【上手く活用することでメリットが多いことが銀行系カードローンの特徴】

銀行系カードローンというのは、審査の難易度で判断をすると、消費者金融系カードローンや信販系カードローンよりも難しくなっていますが、利用することによって得られるメリットが多いことも特徴となっています。

そのため、同じような状況でカードローンを利用しなければならない状態になっているのならば、銀行系カードローンを利用したほうが良いということになりますので、利用することが出来るのなら、銀行系カードローンを選択したほうが良いでしょう。

銀行系カードローンを利用する場合は、上記でも紹介したように、利用開始までに時間がかかってしまうというケースもありますが、大手の銀行を利用している場合は申し込みから利用開始までに1日も掛からないケースも非常に多いです。

そのため、銀行系カードローンを利用する場合には、どの銀行のカードローンを利用するのかということをよく考えて選択するようにして下さい。

その銀行を今まで利用していなかった状態でカードローンの申し込みをする場合は審査が難しいということになりますが、既に利用している場合は審査の難易度を大幅に引き下げることも可能になっていて、さらに利用限度額についても、消費者金融系や信販系と比べても圧倒的に多いために、万が一の場合にも安心して利用することが出来ます。

カードローンを利用する場合に、気を付けなければならないのが、「他社借入件数」となっていますが、どこからも借り入れをしていない状態で、安定した収入を得ているという場合なら、銀行系のカードローンでも審査に通ることは、それほど難しいことでもありません。

行き詰まっている状態で、どこのカードローンも利用することが出来ない状態だと審査に通ることが難しくなってしまいますので、大切なのは、他社借入件数が少ないうちに銀行系カードローンを利用するということになります。

他社借入件数が多くなってしまった場合には、銀行系カードローンでも通常のフリーローンではなく、借金の1本化を専門としている銀行系カードローンを利用すると良いでしょう。


【実際に利用しました!だからわかる安心のキャッシング3選】
初めてなら金利0円!最短で即日融資可能! 利息は払いたくない!30日間無利息!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要) 土日祝日も!どうしても今すぐ借りたい!
  詳細はこちら   詳細はこちら   詳細はこちら
 今すぐお金が必要な方!もっとキャッシング会社を比較!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする